自分の描きたいスタイルに合わせたコピックを購入する

以前、Tooから販売されているアルコールマーカー、コピックについて紹介しましたが、種類が豊富なので何から購入したらよいのか悩むと思います。そこでコピックについて思いついたことを書いておこうと思います。

イラストを描くならばコピックスケッチ

普通にイラストを描くならばスーパーブラシが付いているコピックスケッチがいいと思います。スケッチブラシは彩色筆のような円錐形になっているので、筆を傾けたり、はらったりすることでさまざまな表現ができます。スケッチブラシのニブ(ペン先)はしっかりと固定されているので描いている最中に外れることはありません。(余談:以前購入した他のメーカーのマーカーではちょっと力が入った線を引くとニブが外れてしまうモノがありました・・・泣)

コピッククラシックにはスタンダードファインがついてきます。このニブ(ペン先)は一定の幅の細い線を引くのに向いています。スーパーブラシのようにさまざまな表現はできませんが、デザインに使用する時などには便利です。

36色セットもしくは24色+グレートーン

一般的な画材と同じように基本的な24色からスタートするといいのですが、しかしマーカーの場合は水彩絵の具のように簡単に色を薄めることはできませんから有彩色24色にグレートーン12色をプラスした36色セットからスタートするといいと思います。あとの色は自分のスタイルに必要に応じて買い足していくといいでしょう。ちなみに通常価格は36色セットで13,680円(税別)です。

ただしコピックスケッチ36色セットは人物のイラストを描きたい人には人肌に使える色が足りません。そのような明確な目的がある場合にはコピックスケッチ24色セットのような人肌に使える色を多く含んだセットとグレイトーンを購入したほうがいいかもしれません。またコミックに特化したコピックスケッチ コミックイラスト 24色セットも販売されています。24色セットの通常価格は9,120円(税別)です。


Too コピック スケッチ 36色セット


Too コピック スケッチ 24色セット


Too コピック スケッチ コミックイラスト 24色セット

グレイトーンについて

アイディアスケッチやアメリカのコンセプトアートの描き方をする人はグレイトーンのセットを購入すると便利です。薄い色から使いはじめ、イメージの固まったところからだんだんと濃い色を加えていきます(グリザイユ画法)。グレートーンでアイディアスケッチを仕上げた後はPhotoshopで彩色して作品にする方法もあります。

グレイトーンを1番から10番までそろえるのが大変は場合は、コピックスケッチ36色セットのようにCool GrayとWarm Grayの奇数番号、Black 100、Special Black 110だけをそろえてもいいと思います。


Too コピック スケッチ 12色 CGセット


Too コピック スケッチ 12色 WGセット

詰め替え用のインクを購入しておく

コピックの詰め替え用のインク(コピックバリオスインク)はコピック購入時に買っておくと便利です。ノリノリで描いているときにインクの出が悪くなってしまったり、インクが無くなったまま放置してしまうとせっかくコピックを買ったのにもったいないです。コピックは値段が高いように思えますが、詰め替え用インクを使うことで経済的には安くつきます。特に絵を描くことをはじめたばかりの初心者の人はちょっとしたことで面倒くさくなってしまうと思うので・・・なぜなら私がそうでしたから(笑)。

イラストやデザインの制作にコピックのアルコールマーカーを使用する理由

イラスト、インダストリアル・デザイン、コンセプトアートなどの制作に使用される定番のマーカーがコピックです。コピックはアルコールマーカーなので発色もよく、色も豊富なうえにコピーした紙にも色が塗れるので重宝しています。

コピックが必要とされた理由

デジタル制作が普及するひと昔前は、イラストやデザインの形を描いた後にコピー機で複製をつくり、マーカーで色を塗る作業手順が一般的でした。しかしコピー機で印刷した紙に普通のマーカーを使用するとトナーが溶け出し、汚くにじんでしまいました。そのような時はアルコールマーカーを使用するとトナーが溶けないのでキレイに塗ることができました。またアルコールを使用しているので早く乾き、紙にしわがよりにくいという利点もありました。


Too コピック 12色セット

品質の良さ

絵を描きはじめた頃、少し安い価格だからという理由から他社のアルコールマーカーを2セット(合計144本)購入したことがあります。しかし普通に描いているだけでニブが取れてしまうような構造のアルコールマーカーでした。コピックではこのようなことは起こりませんので安心して使えます。

色数が多い

発売されている色の数が多いこともコピックの魅力です。現在はコピックスケッチで358色、コピッククラシックで214色、コピックチャオで180色が発売されています。

例えばグレーの色だけでもクールグレイ、ニュートラルグレイ、トナーグレイ、ウォームグレイと4種類もあり、さらに10段階の濃淡が選択できるので色に不自由しません。またインクを混ぜ合わせることで自分のオリジナルカラーが作れます。


Too コピック スケッチ 36色セット

コピックの価格

コピックスケッチとクラシックの価格は380円+消費税なので410円、また入門者向けのコピックチャオは250円+消費税なので270円です。しかしデザインやイラストなどを制作する時はさまざまな色を必要するのである程度の本数が必要となります。

例えば12色セット4,560円+消費税、24色セット9,120円+消費税、36色セット13,680円+消費税、72色セット27,360円+消費税ですから結構なお値段になってしまいます。


Too コピック スケッチ 72色 Aセット

継続的に使用するならコストは極端に安くなる

一見するとお値段が高いように思えますが、長い目で考えるとコピックは経済的です。コピックは詰め替え用のインクや付け替え用のニブが発売されているのでマーカーをそろえた後はそれほどお金がかかりません。

例えばコピック バリオスインク(詰め替え用のインク)は25mlのインクが入って380円です。一本当たりに入るインクの量はコピッククラシックで4ml、コピックスケッチで3ml、コピックチャオで2.5mlですから、6本から10本分の補充が可能です。

なので世界中のイラストレーターやデザイナーがコピックのアルコールマーカーを使用する決定的な理由は、高品質でありながらコスト的に安いという点にあると言っていいと思います。

取扱い店

Tooから販売されているコピックは専門的なマーカーなので通常の文房具屋ではなかなか入手できません。コピックのWebサイトに取扱い店のリストが掲載されているのでそちらを参考にするといいでしょう。

はさみ:フィットカットカーブを使ってみた

プラスから発売されている『はさみ フィットカットカーブ』を購入しました。ベルヌーイ曲線を使用した刃により、根本から刃先まで軽く切ることができます。しかも値段が安く、300円くらいから購入できます。

ベルヌーイ曲線を使用したはさみ

フィットカットカーブは刃の形をベルヌーイ曲線にすることで、はさみの根本から刃先までの角度を30°に保ちながら切ることができます。この設計により刃先の部分でも軽く切ることができるので使いやすいです。カラー、グリップ、コーティングなど様々なタイプが発売されているので用途によって使い分けてもいいかもしれません。


プラス はさみ フィットカットカーブ フッ素 ホワイト/グレー


プラス はさみ フィットカットカーブ ジャストフッ素 ホワイト/グレー

さらに進化したプレミアムチタン

フィットカットカーブをさらに進化させた商品がフィットカットカーブ プレミアムチタンです。このはさみはチタンコーティングすることにより切れ味を長持ちさせています。さらに刃を曲面加工することにより刃同士が接する面積を小さくし、切るときの抵抗を少なくさせています。うれしいことにこれだけグレードアップしているにも関わらず、お値段は600円くらいです。


プラス はさみ フィットカットカーブ プレミアムチタン プレミアムブラウン 34-552

台所でも使えるフィットカットカーブ

チタンコーティングされた洗えるフィットカットカーブも発売されています。肉や野菜などを切ることができるように刃先にギザギザがついています。


プラス ハサミ フィットカットカーブ 洗える チタン アップルグリーン 34-555

子供用のはさみ フィットカットカーブジュニア

フィットカットカーブジュニアは子供用のはさみです。色は4種類発売されていますが、黄色は左手用です。購入の際は注意してください。


プラス はさみ フィットカットカーブジュニア 左手用

ハローキティのフィットカットカーブジュニア

世界中の子供たちに人気のあるハローキティのキャラクターが印刷されたフィットカットカーブジュニアも発売されています。この他にマイメロディぼんぼんりぼんジュエルペットしんかんせんなどのキャラクターも販売されています。思い入れがあるキャラクターのはさみを持つことで子供たちは工作に使いたくなりますね。


ハローキティ はさみ【フィットカットカーブ ジュニア】

絵を描いたり、パソコンで作業する制作用の机はダイニングテーブルを活用すると便利

制作用の机はダイニングテーブルを使用しています。現在使用しているテーブルのサイズは幅1800mm 奥行き900mmあるので、テーブルの半分をPC用の作業スペース、残りの半分をお絵かき用の作業スペースに使っています。私の希望としては水彩画など水を使用することがあるので、ダイニングテーブル2台使って、デジタル作業スペースとアナログ作業スペースを分けたいところです。

現在使用しているテーブルの構造は良いですが、作業スペースとしてはもっと大きい方がいいと思っています。デザインがダサいですが、所詮作業台なので気にしていません。机がどんどん汚れても構わないくらいの気持ちでないと作業がすすまないので、ダサいくらいがちょうどいいのかもしれませんねw。テーブルの左側にのっているのはカッティングマットです。カッティングマットは常に敷いたままにして、いつでも作業できるようにしています。

以前使用していたダイニングテーブルでよかったのが、IKEAのダイニングテーブル BJURSTA。幅2600mm 奥行き950mmとかなり広いので作業がしやすいです。お値段の方も3万くらいなので激安です。ただしIKEAの商品は構造がボロイので気になる人は購入をやめておきましょう。どのくらいの荷重に耐えることができるのか不明ですが、普通に絵を描いたり、PCとプリンターをのせるくらいなら問題は無かったです。

BJURSTAの組み立て作業は簡単です。しかし天板が重いので組み立てる時はケガなどしないように十分注意してください。組み立て作業中は子供やペットは近づけない方がいいでしょう。