人体を立方図形に見立てて描く手法を解説した本『マイケル・ハンプトンの人体の描き方』

マイケル・ハンプトンさんの著書『Figure Drawing: Design and Invention 』がついに日本語に翻訳されました。日本語タイトルは『マイケル・ハンプトンの人体の描き方』です。上の写真は私の持っている古いバージョンの表紙です。

人体を立体図形に見立てて描く手法

人体デッサンを描く手法はいろいろありますが、そのうちの手法のひとつとして人体を立方体や球体などの立体図形に見立てて描く手法があります。例えば頭部を球体、胴体を円柱、腰を立方体などの立体図形として見立てることで、大まかな人体のボリュームを決めることができます。なので通常は下描きの段階で使われることが多い手法だと思います。

人体を3次元的にとらえる書籍『マイケル・ハンプトンの人体の描き方』

書籍『マイケル・ハンプトンの人体の描き方』ではジェスチャードローイングの段階から解説しているので初心者から学習できます。この本の特徴は身体の各パーツを頭の中で立体として認識してから描く手法なので、絵を描く人よりも彫刻、3D-CG、CADなどになじみがある人の思考方法に近いです。なので人体だけでなく3次元的に物をとらえる訓練にもなります。

また解剖学を勉強してもすぐに応用するのは難しいので、解剖学を応用した書き方の最初のステップとしても効果的な本だと思います。


マイケル・ハンプトンの人体の描き方: 躍動感をとらえるアナトミーとデザイン

筋肉のグループごとに分解して立体図形化

人体の立体図形化と各立体図形を滑らかに結合する方法を学んだあとは、頭部、胴体、腕などの各部位ごとに学習をします。この段階に入ると人体を筋肉の塊ごとに分解して立体図形化するので、筋肉の構造や身体の動きを表現することができるよになります。

この手法は筋肉をグループごとに分割し、積み木のように組み立て直している感覚に近いので、人体を2次元的考えるのではなく3次元的に考えて描く訓練になると思われます。なので粘土や3D-CGでモデリングしている人にはなじみやすく、制作に活用しやすいかもしれません。

イメージだけで人体を描く時に重宝する手法

ポーズ集などの資料を見ながら描く場合や、何も見ないでイメージだけで人体を描く場合にマイケル・ハンプトンさんの手法は重宝すると思います。人体の構造を3次元的に考えながら描くことで、アクションシーンのような動きのある人体表現を正確に描くことができ、筋肉や関節の表現も自分のイメージに合わせて強調することができます。

またジャック・ハムさんの書籍『人体のデッサン技法』に書いてある比率を使った描き方やアドバイスを3次元的に応用することで、さらに人体の構造をとらえやすくなるでしょう。


人体のデッサン技法

解剖学の知識を制作への応用するための最初のステップとして

書籍『マイケル・ハンプトンの人体の描き方』は書籍『アーティストのための美術解剖学』と共に学習すると理解しやすいかもしれません。純粋に解剖学の知識を活用しようとすると人体の構造があまりにも複雑すぎるて制作に応用することが難しいです。しかしマイケル・ハンプトンさんの手法を使えば複雑に重なった筋肉をグループにまとめ、簡略化するので制作に応用しやすいと思われます。

アーティストのための美術解剖学―デッサン・漫画・アニメーション・彫刻など、人体表現、生体観察をするすべての人に

モデルさんを目のまえにしてデッサンする時にはあまり使わないかも?

目の前でモデルさんをデッサンする時はマイケル・ハンプトンさんの手法を使う人は少ないと思われます。なぜなら目のまえにいるモデルさんを観察して描けば問題なく描けるからです。また人体デッサンは時間が限られているので、わざわざ筋肉の構造はから立体図形で考えている時間はなかなかとれません。あえてこの技法を使うとするならば、部分的に筋肉や関節などを誇張して描かなくてはならない時などに有効かもしれません。

さまざまな手法のひとつとして活用する

マイケル・ハンプトンさんの書籍『マイケル・ハンプトンの人体の描き方』はあくまで人体を描くための手法のひとつです。なのでこの手法を「活用するか?活用しないか?」は各自の制作過程によって大きく異なると思います。実際にモデルさんを前にしてデッサンする時はほとんど必要性はありませんが、ポーズを参考にしたり、何も見ないで描く時などは重宝する手法だと思います。また被写体を3次元的にとらえる訓練や、解剖学を応用する最初のステップとしてもこの書籍は役立つと思われます。