夢中でやり続けることの大切さを学べる大河原 邦男さんの著書『メカニックデザイナーの仕事論』

ガンダムやヤッターマンなど日本を代表するロボットアニメのメカニックデザインを手掛けてきた大河原 邦男さんの著書『メカニックデザイナーの仕事論』を読みました。

大河原 邦男さんの著書『メカニックデザイナーの仕事論』

メカニックデザイナーとして大河原 邦男さんが作り出したロボットのデザインを紹介しながら、デザイン手法、当時のプロジェクトの状況などを解説している本が『メカニックデザイナーの仕事論』です。

中盤には仕事論についてまとめている章があるので、アーティストやデザイナーはもちろんのこと、ものつくりに関わるビジネスマンが読んでも為になると思います。

最終章には中村光毅さん、安彦良和さん、富野由悠季さん、手塚治虫さんについて書かれており、人との出会いの重要性を論じています。

メカニックデザイナーの仕事論 ヤッターマン、ガンダムを描いた職人 (光文社新書)

作品も豊富に掲載

昔のアニメに詳しくない人が読んでも大丈夫なように、大河原 邦男さんが描いた作品がたくさん掲載されています。また作品が掲載されているおかげで、大河原 邦男さんがどのように考えてデザインしているのかよくわかります。ただし文庫本なので画集のようにまとめられた本ではありません。

偶然メカニックデザイナーになった話

大河原 邦男さんの仕事論の前提として、偶然たどり着いた仕事がアニメであり、担当したプロジェクトがヒットを連発してメカニックデザイナーという仕事が生まれたという状況だったようです。また大河原 邦男さんはアニメファンではなく、メカ好きだったことがメカニックデザイナーとして独自の道を切り開いてこれたと、ご自身について分析しています。なのでアニメファンやメカニックデザイナーになりたいという人以外が読んでも楽しめます。

仕事論

基本的にはアニメーションやメカニックデザイナーの仕事論やアドバイスが書かれてありますが、営業マンとしての経験がある大河原 邦男さんなので、ものつくりに関わる人やビジネスマンが読んでも役に立つと思います。

特に「アーティストではなく職人として仕事に関わる姿勢」を持つことでチームプレイヤーとしてプロジェクトに関わることの重要性や、玩具メーカーとアニメーションスタジオの双方を納得させる営業論などは、自分の立場に置き換えて考えてみると改めて学べるところがあるのではないでしょうか?

夢中でやり続けることの大切さ

「あとがき」には趣味のものつくりが高じて自宅を町工場のようにしてしまった話が書かれています。この話は「仕事のために」ではなく、自分の好きなことを夢中でやり続けることの大切さを教えてくれます。これから何か趣味をはじめたいと思っている人たちや、趣味でものつくりやアートを制作している人たちが読むと励まされると思います。

「トイ・ストーリー」から「アーロと少年」までのアートを一挙公開 『スタジオ設立30周年記念 ピクサー展』

ピクサー・アニメーション・スタジオのコンセプトアートやフィギュアなどが展示された展示会が開催されています。

スタジオ設立30周年記念 ピクサー展

2016年3月5日から2016年5月29日まで、東京都現代美術館にて『スタジオ設立30周年記念 ピクサー展』が開催されています。子供から大人まで楽しめる企画展なので、親子で楽しんでみてはいかがでしょうか?

会場:東京都現代美術館
住所:東京都江東区三好4-1-1
期間:2016年3月5日(土) ~ 2016年5月29日(日)
開館時間:10:00 ~ 18:00
※入館は閉館の30分前まで、4/29~5/28までの金・土・祝は20:00まで
休館日:月曜日、3月22日(火)(2016年3月21日、5月2日、23日は開館)
入場料:一般1,500円、高校・大学・専門学校生1,000円、小・中学生500円、未就学児無料

コンセプトアートとは

アニメーションや映画を撮影する前に、登場人物や背景などのイメージを決定しなければなりません。そこでコンセプトアートと呼ばれるイラストを描きながら、最終的なイメージを決定していきます。1つのアニメや映画を作成するためには、さまざまなイラストが描かれなくてはなりません。

コンセプトアートの画集

今まで、映画が制作された後のコンセプトアートはあまり人目にふれる機会がありませんでしたが、最近ではコンセプトアートの画集として出版されることが多くなってきました。特にピクサーの『The Art of シリーズ』は人気の画集です。

ジ・アート・オブ・モンスターズ・インク

ジ・アート・オブ・ファインディング・ニモ

ジ・アート・オブ カーズ

ジ・アート・オブ ウォーリー

ジ・アート・オブ・カールじいさんの空飛ぶ家

ジ・アート・オブ・トイ・ストーリー3

上記に掲載した画集の他にもたくさんの画集が出版されています。

ゴールデンウィーク中に開催している『POWER OF PRINCESS ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』

松屋銀座にて『POWER OF PRINCESS ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』が開催されています。ゴールデンウィークがラストチャンスです。

ディズニープリンセスに焦点をあてた展覧会

ゴールデンウィークが終了する2016年5月8日(日)まで開催されている展示会が『POWER OF PRINCESS ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』です。ディズニープリンセスのキャラクター造形や制作過程がわかる資料の他に、テーマパークの衣装やさまざまなアートワークが展示されています。

展覧会の情報

企画展:POWER OF PRINCESS ディズニープリンセスとアナと雪の女王展
会場:松屋銀座
期間:2016年4月13日(水)~2016年5月8日(日)
<入館は閉館の30分前まで、最終日17:00閉場>
入場料:一般1,500円、高大生1,200円、中学生から3歳まで800円、3歳未満無料

ディズニーのキャラクターや小道具などの制作過程がわかる画集

ディズニーのキャラクターや小道具などの制作過程がわかる画集が『ジ・アート・オブ』シリーズです。さらに『アナと雪の女王』の世界観を知りたい人や、ディズニー作品の制作過程を知りたい人におススメです。このシリーズは長編アニメーション『ボルト』から継続的に英語で出版されているのですが、残念ながら下記の作品以外は日本語で出版されていません。

ジ・アート・オブ・アナと雪の女王

ジ・アート・オブ・塔の上のラプンツェル

ジ・アート・オブ・ベイマックス

ディズニーの映画『ズートピア』も公開中

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ制作による新作の長編アニメーション『ズートピア』が2016年4月23日から劇場公開されています。キャラクターや背景の造形も素晴らしいですが、大人でも楽しめるストーリーになっているので、ぜひこのゴールデンウィークに家族で見るのにちょうど良い作品です。

コンセプトアートの画集『The Art of Zootopia (英語)』

『ズートピア』のメイキングがわかるコンセプトアート画集が英語版で出版されています。だだし、現在のところ日本語版での出版予定は不明です。

The Art of Zootopia (英語)

国立新美術館にて『ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展』が開催されます

国立新美術館で素敵なチラシを見つけたので手に取ってみると、国立新美術館で開催される予定の『ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展』のチラシでした。どうやら2015年6月24日(水)~8月31日(月) まで開催されるそうです。この企画展のようにマンガやアニメ、ゲームなどのカルチャーが美術として評価されるようになったことは、今後の日本にとって意義あることだと思います。

手塚治虫さんが亡くなった1989年以降に焦点をあてた展示

手塚治虫さんが亡くなった1989年以降の25年間に焦点をあて、日本のマンガ、アニメ、ゲームを概観する展示となるそうです。今回の展示会のように現在進行形のテーマを扱うことは来場者に影響を与えるだけでなく、現在頑張って制作している作家さんたちにもいい影響を与えるのではないでしょうか?

8つの章に分けた展示構成

展示は8つ章(テーマ)に分けて構成されます。マンガ、アニメ、ゲームだけの視点でなく、テクノロジーやインターネット、コミュニケーションなどの視点も踏まえて企画されるようなので、25年間の変遷を考えさせられるものになりそうです。

  • 第1章:現代のヒーロー&ヒロイン
  • 第2章:テクノロジーが描く「リアリティー」―作品世界と視覚表現
  • 第3章:ネット社会が生み出したもの
  • 第4章:出会う、集まる―「場」としてのゲーム
  • 第5章:キャラクターが生きる=「世界」
  • 第6章:交差する「日常」と「非日常」
  • 第7章:現実とのリンク
  • 第8章:作り手の「手業」

ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展の情報

会場:国立新美術館 企画展示室1E
期間:2015年6月24日(水)~8月31日(月)
開館時間:10:00~18:00 金曜日は20:00まで入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週火曜日休館
展覧会公式書籍を発売予定

『大河原邦男展』と『蒼樹うめ展』@上野の森美術館

上野の森美術館ではアニメと漫画の展覧会を定期的に開催

上野の森美術館は幅広い美術の展覧会を開催するとともに、日本のアニメや漫画のような新しい表現も積極的に取り上げています。昨年末に開催された『進撃の巨人展』は長蛇の列ができるほどの人気がありました。壁面に大きく設置された『進撃の巨人』看板もカッコよかったです。このような展示会はアートになじみがない人でも「アートってなんだろう?」と考える機会になるので、アニメ業界のみならずアート業界にとっても良い効果があると思います。

大河原邦男展と蒼樹うめ展

今年の夏は『メカニックデザイナー 大河原邦男展』が開催されます。ガンダム、ダグラム、ボトムズなど数え上げたらきりがないほどロボットデザインを制作してきた大河原邦男さんの展覧会なので、たくさんの作品が公開されると思います。放映されなかったアニメのデザインも公開するそうなので楽しみですね。

『大河原邦男展』が終わったら、すぐに『蒼樹うめ展』が開催されます。開催期間が短いので注意してください。この展示会も未公開の設定資料や漫画原稿、描き下ろしの新作などが公開されるそうです。蒼樹うめさんの描くキャラクターは明るく楽しそうな雰囲気があるので、見ているだけで幸せな感じが伝わってきます。こちらの展示会の公開も待ち遠しいですね。

メカニックデザイナー大河原邦男展

上野の森美術館 メカニックデザイナー大河原邦男展の特設サイト
期間:2015年8月8日(土)から9月27日(日)
開館時間:午前10時から午後5時(入館は閉館の30分前まで)
展覧会限定オリジナルグッズ販売予定

メカニックデザイナー 大河原邦男展 記者発表映像

蒼樹うめ展

上野の森美術館 蒼樹うめ展のサイト
期間:2015年10月3日(土)から12日(月・祝)
開館時間:午前10時から午後5時(入館は閉館の30分前まで)
展覧会限定オリジナルグッズ販売予定