自己啓発やオカルトの本ではない・・・ちゃんとした美術の入門書『脳の右側で描け』(笑)

『右脳と左脳を使ったトレーニング』と書くと、かなり怪しいセミナーのトレーニングと勘違いされるかもしれません。しかし書籍『脳の右側で描け』はちゃんとした美術の入門書です(笑)。

なので急に予知能力が身についたり、透視能力が身につくことはありません。ましてや映画『超能力学園Z』のような事は起こせませんから、安心してトレーニングに挑戦できます(笑)。


決定版 脳の右側で描け

絵が描けない人たちのために開発された学習プログラム

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で教鞭をとっていたベティ・エドワーズさんが開発した学習プログラムを書籍にしたのが『脳の右側で描け』です。この学習プログラムは「絵が全く描けない人たち」が効率的に学習できるように作られました。

絵を描くことは誰でもできる

書籍『脳の右側で描け』が証明したことは「絵を描くこと」は教えることができるし、学習することができるということです。今まで絵を描いたり、モノを作ったりする芸術活動は「才能のある人の特権」のように思われていましたが、本当は日曜大工や裁縫のように誰でもマスターできる技術なのです。

トレーニングについて

実は掲載されているトレーニングはどれも特殊なものではありません(笑)。基本的に美術の古典的なトレーニングとテクニックばかりです。ただしこれらのトレーングやテクニックはベティ・エドワーズさんによって、効率的に学習できるように順序良く構成されています。

画期的な解説

『脳の右側で描け』の功績は他にもあります。美術の専門用語を使わずに、絵を描く時の脳や知覚の働きを解説したことで、今まで絵を描いたことがない人でも理解できるようになったことです。特に「なぜ絵が描けないのか?」という問題を解決したことは、多くの人に絵を描く楽しみを広げたと思います。


決定版 脳の右側で描け
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ

ワークブックについて

絵を描く理論よりも実践することに興味がある人はワークブックを試してみるといいでしょう。


決定版 脳の右側で描けワークブック[第2版]
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ


絵を右脳で描く―「描く能力」が劇的に向上 (朝日カルチャーセンター講座シリーズ)
出版社: 旬報社
著者: クリスティン ニュートン、古賀 良子

絶版で入手困難となってしまった絵の描き方の入門書『脳の右側で描け』が第四版となって発売予定

これから趣味として絵やイラストを描くことをはじめたい人に朗報です。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で教鞭をとっていたベティ・エドワーズさんの入門書『脳の右側で描け』の第四版が発売されます。


決定版 脳の右側で描け

絶版になっていた入門書『脳の右側で描け』

『脳の右側で描け』の第三版が絶版となってしまったので、書店での入手が困難な状況になっていました。しかもAmazon.co.jpでは、中古価格が上昇してしまったので、購入をためらってしまった人も多かったと思います。しかし、もう大丈夫です。ついに第四版が発売されることが発表されました。

誰でも絵が描けるようになる入門書『脳の右側で描け』

絵を描くことは誰でもできる技術であり、しかも数学や英語のように「学習でき、教えることができる技術」であることを証明した本が『脳の右側で描け』です。脳科学のようなタイトルがついているので「自己啓発本」のようなイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、内容はちゃんとした美術の入門書です(笑)。

美術の知識がゼロの人ほど重宝する入門書

「なぜ絵が描けないのか?」を脳の機能から解説することで、絵を描くための脳の使い方を学べます。またこの入門書は古典的な技法やトレーニング方法を効果的な学習順に組み立てたことでも有名です。他の入門書では切り捨てられてしまうような基礎的な技法やトレーニングが掲載されているので、美術の知識がゼロの人ほど重宝する入門書です。


決定版 脳の右側で描け
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ

全く絵が描けなくても大丈夫!これから絵を描きはじめたい人むけの入門書『脳の右側で描け』

「絵を描きたいけど自分には全く絵の才能がない」と思っている人にぜひ読んで頂きたい本が『脳の右側で描け』です。私はこの本と出合ったことで、やっと絵を描くことを趣味とすることができました。


決定版 脳の右側で描け

全く絵が描けないので、何度も挫折

私は何度も「絵を描けるようになりたい!」と思い立っては、絵を描くことにチャレンジしてきました。しかし・・・自分の下手な絵にショックを受け、そのつど挫折していました(笑)。

『デッサンの入門書』は専門書

またデッサンの入門書を購入してみたものの、最初の課題からついていけず、「才能がないんだ・・・」とショックを受けては挫折していました(笑)。しかし今思えば、その当時購入したデッサンの入門書は「全く絵を描いたことがない人」を対象読者としていなかったのです。デッサンの入門書と書いてあっても、それらの本は『専門書』だったのです・・・理解できなくて当然ですね(笑)。

書籍『脳の右側で描け』との出会い

「自分には絵を描く才能がないんだ」と思っていたときに、科学雑誌『ニュートン』の小さなコラムに書籍『脳の右側で描け』が紹介されていました。さっそく購入してみると「自分には絵を描く才能がないんだ」と思っていたことが、単純な「脳の処理の問題」だったということに気がつかされました(笑)。

絵が描けない原理を理解する

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で教鞭をとっていたベティ エドワーズさんによって書かれた『脳の右側で描け』は「なぜ絵が描けないのか?」という原理を理解することからスタートします。特に掲載されている最初の課題を実践すると「自分の脳をコントロールできなかったこと」に驚かされると思います(笑)。

「右脳と左脳のトレーニング」とは?

「右脳と左脳のトレーニング」と聞くとかなり怪しい感じがすると思います。しかしこのテキストで使用するトレーニングは決して怪しいモノではないので安心してください(笑)。掲載されているトレーニングは全て一般的なトレーニングとテクニックです。

この本の革新的なところ

著者であるベティ エドワーズさんの功績は、今までバラバラに存在していたトレーニングやテクニックを集め、効果的で包括的なトレーニング方法を作ったことです。さらに各トレーニングの意味するところを脳の仕組みから解説しているので、他の入門書とは違う『論理的な入門書』になっています。

あとはトレーニングするのみ!

絵を描く原理がわかってしまえば何も恐れることはありません!あとは掲載されているトレーニングを経験することで絵が描けるようになります。この本に出合ったおかげで私は絵を描いたり、ものを作ったりすることが趣味として定着しました。なので「自分には絵が描けない」と思っている人にぜひ読んで頂きたい本です。

ちなみにこのサイトでは書籍『脳の右側で描け』についての注意点や、その後の学習方法などについても書く予定です。こちらのリンクをクリックすることで他の記事も読めるようにしておきます。よろしくお願いいたします。


決定版 脳の右側で描け
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ

ワークブックもおすすめ!

トレーニングを実践し、本当に効果があるのか実感してみたい人には下記のワークブックがおすすめです。最後までやれば効果があるはずです。


決定版 脳の右側で描けワークブック[第2版]
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ


絵を右脳で描く―「描く能力」が劇的に向上 (朝日カルチャーセンター講座シリーズ)
出版社: 旬報社
著者: クリスティン ニュートン、古賀 良子