ディズニー・アニメの制作方法が学べる『ディズニー・アート展』

東京、大阪、新潟、宮城を巡回する展示会『ディズニー・アート展 いのちを吹き込む魔法』が2017年4月8日から開催されています。

約500点もの作品が公開

ミッキーマウスからモアナと伝説の海までの原画、コンセプトアート、クレイモデルが展示された企画展です。なんと約500点もの作品が公開されているので、お気に入りのディスニー作品に出合えると思います。

制作方法を学べる展示

セル画に絵を描いていた時代から、最新のデジタル技術による制作方法を学ぶことができます。ぜひ親子で訪れてみてはいかがでしょうか。

日本科学未来館(東京・お台場)

会場:企画展示ゾーン
期間:2015年6月24日(水)~8月31日(月)
開館時間:10:00~17:00 7月以降の金曜日、土曜日、祝前日、お盆は21:00まで開催
入場券の購入および会場への入場は閉館時間の30分前まで
休館日:火曜日(5月2日、7月25日、8月1日、8日、15日、22日、29日は開館)

巡回予定の会場

大阪市立美術館

期間:2017年10月14日(土)~2018年1月21日(日)

新潟県立近代美術館

期間:2018年2月17日(土)~2018年5月13日(日)

宮城県美術館

期間:2018年6月16日(土)~2018年9月30日(日)

ディズニーのコンセプトアート画集

キャラクターや背景デザインなどを決定するために描かれるイメージ画がコンセプトアートです。下記の画集には企画でボツになってしまったアイディアやキャラクターなども掲載されているので、新たな発見があります。

ジ・アート・オブ ズートピア

ジ・アート・オブ・アナと雪の女王

ジ・アート・オブ・ベイマックス

ジ・アート・オブ モアナと伝説の海

夢中でやり続けることの大切さを学べる大河原 邦男さんの著書『メカニックデザイナーの仕事論』

ガンダムやヤッターマンなど日本を代表するロボットアニメのメカニックデザインを手掛けてきた大河原 邦男さんの著書『メカニックデザイナーの仕事論』を読みました。

大河原 邦男さんの著書『メカニックデザイナーの仕事論』

メカニックデザイナーとして大河原 邦男さんが作り出したロボットのデザインを紹介しながら、デザイン手法、当時のプロジェクトの状況などを解説している本が『メカニックデザイナーの仕事論』です。

中盤には仕事論についてまとめている章があるので、アーティストやデザイナーはもちろんのこと、ものつくりに関わるビジネスマンが読んでも為になると思います。

最終章には中村光毅さん、安彦良和さん、富野由悠季さん、手塚治虫さんについて書かれており、人との出会いの重要性を論じています。

メカニックデザイナーの仕事論 ヤッターマン、ガンダムを描いた職人 (光文社新書)

作品も豊富に掲載

昔のアニメに詳しくない人が読んでも大丈夫なように、大河原 邦男さんが描いた作品がたくさん掲載されています。また作品が掲載されているおかげで、大河原 邦男さんがどのように考えてデザインしているのかよくわかります。ただし文庫本なので画集のようにまとめられた本ではありません。

偶然メカニックデザイナーになった話

大河原 邦男さんの仕事論の前提として、偶然たどり着いた仕事がアニメであり、担当したプロジェクトがヒットを連発してメカニックデザイナーという仕事が生まれたという状況だったようです。また大河原 邦男さんはアニメファンではなく、メカ好きだったことがメカニックデザイナーとして独自の道を切り開いてこれたと、ご自身について分析しています。なのでアニメファンやメカニックデザイナーになりたいという人以外が読んでも楽しめます。

仕事論

基本的にはアニメーションやメカニックデザイナーの仕事論やアドバイスが書かれてありますが、営業マンとしての経験がある大河原 邦男さんなので、ものつくりに関わる人やビジネスマンが読んでも役に立つと思います。

特に「アーティストではなく職人として仕事に関わる姿勢」を持つことでチームプレイヤーとしてプロジェクトに関わることの重要性や、玩具メーカーとアニメーションスタジオの双方を納得させる営業論などは、自分の立場に置き換えて考えてみると改めて学べるところがあるのではないでしょうか?

夢中でやり続けることの大切さ

「あとがき」には趣味のものつくりが高じて自宅を町工場のようにしてしまった話が書かれています。この話は「仕事のために」ではなく、自分の好きなことを夢中でやり続けることの大切さを教えてくれます。これから何か趣味をはじめたいと思っている人たちや、趣味でものつくりやアートを制作している人たちが読むと励まされると思います。

映画監督ギレルモ・デル・トロの不思議な世界観を体験できる企画展がLACMAにて開催

映画『パシフィック・リム』、『パンズ・ラビリンス』、『ヘルボーイ』などの監督として知られるギレルモ・デル・トロさんの企画展がロスアンゼルスにあるロサンゼルス・カウンティ美術館(LACMA)にて2016年8月1日から開催されています。

映画監督ギレルモ・デル・トロのモンスター・コレクションが美術館へ

今回開催されている映画監督ギレルモ・デル・トロさんの展示会は『Guillermo del Toro: At Home with Monsters)』とタイトルがつけられています。ギレルモ・デル・トロさんの自宅『Bleak House』から、モンスターやホラーに関する膨大なコレクションを美術館へ運び込むそうです。

フランケンシュタイン

ギレルモ・デル・トロさんの自宅『Bleak House』のトレードマークがフランケンシュタインなので、フランケンシュタインに特化したコーナーがあるようです。『フランケンシュタインの特殊メイクをしている最中のボリス・カーロフ』の等身大人形が展示されているようです。

等身大の人形

他にも『エドガー・アラン・ポー』、『ハワード・フィリップス・ラヴクラフト』などの等身大人形が展示されています。ラヴクラフトの人形はリアルにするために、髭を埋め込んでから剃っているそうです。展示会に行ったら髭を確認できるかな?(笑)。ギレルモ監督の所有する『レイ・ハリーハウゼン』や『映画エクソシストのリンダ・ブレア』の等身大人形が展示されているのかについては、現在のところ不明です。

ギレルモ・デル・トロの作品も展示

ギレルモ・デル・トロさんが映画監督として関わった『ヘルボーイ』、『パンズ・ラビリンス』、『パシフィック・リム』などのモンスターやさまざまなアートワークも展示されています。会場の入り口に展示された『ヘルボーイ2のエンジェル・オブ・デス』、『パンズ・ラビリンスのパン』などの等身大の人形はかなりリアルです。また『パシフィックリム』からは菊地凛子さんが着ていたパイロットのスーツと芦田愛菜ちゃんが着ていた服が展示されています。

開催期間とその後のスケジュール

LACMAでの開催期間は2016年8月1日から11月27日まで、その後はカナダのオンタリオ州トロントにあるアートギャラリー・オブ・オンタリオ(AGO)ミネアポリス美術館(MIA)にて開催される予定です。

ギレルモ・デル・トロさんのファンは日本にもたくさんいると思うので、映画監督ティム・バートンさんの企画展と同じように、いずれ日本でも開催されるのではないでしょうか?

企画展にあわせて画集も出版

今回の企画展『Guillermo del Toro: At Home with Monsters』に合わせてギレルモ・デル・トロさんの新しい画集『Guillermo del Toro: At Home with Monsters: Inside His Films, Notebooks, and Collections(英語)』が出版されます。(発売予定は2016年8月30日)

日本では美術館の展示会に合わせて目録をかねた画集が発売されますが、アメリカの美術館では展示会に合わせて画集が出版されることは滅多にありません。


Guillermo del Toro: At Home with Monsters: Inside His Films, Notebooks, and Collections(英語)
出版社: Titan Books Ltd
著者: Guillermo del Toro

追記:日本語が出版されました


ギレルモ・デル・トロの怪物の館 映画・創作ノート・コレクションの内なる世界
出版社: DU BOOKS
著者: ブリット・サルヴェセン、ジム・シェデン

ギレルモ・デル・トロさんに関する本


ギレルモ・デル・トロ 創作ノート 驚異の部屋
出版社: DU BOOKS
著者: ギレルモ・デル・トロ


パシフィック・リム ビジュアルガイド [普及版] (ShoPro Books)
出版社: 小学館集英社プロダクション
著者: ギレルモ・デル・トロ、デイヴィッド・S・コーエン


ギレルモ・デル・トロ クリムゾン・ピーク アート・オブ・ダークネス
出版社: DU BOOKS
著者: マーク・ソールズベリー

「トイ・ストーリー」から「アーロと少年」までのアートを一挙公開 『スタジオ設立30周年記念 ピクサー展』

ピクサー・アニメーション・スタジオのコンセプトアートやフィギュアなどが展示された展示会が開催されています。

スタジオ設立30周年記念 ピクサー展

2016年3月5日から2016年5月29日まで、東京都現代美術館にて『スタジオ設立30周年記念 ピクサー展』が開催されています。子供から大人まで楽しめる企画展なので、親子で楽しんでみてはいかがでしょうか?

会場:東京都現代美術館
住所:東京都江東区三好4-1-1
期間:2016年3月5日(土) ~ 2016年5月29日(日)
開館時間:10:00 ~ 18:00
※入館は閉館の30分前まで、4/29~5/28までの金・土・祝は20:00まで
休館日:月曜日、3月22日(火)(2016年3月21日、5月2日、23日は開館)
入場料:一般1,500円、高校・大学・専門学校生1,000円、小・中学生500円、未就学児無料

コンセプトアートとは

アニメーションや映画を撮影する前に、登場人物や背景などのイメージを決定しなければなりません。そこでコンセプトアートと呼ばれるイラストを描きながら、最終的なイメージを決定していきます。1つのアニメや映画を作成するためには、さまざまなイラストが描かれなくてはなりません。

コンセプトアートの画集

今まで、映画が制作された後のコンセプトアートはあまり人目にふれる機会がありませんでしたが、最近ではコンセプトアートの画集として出版されることが多くなってきました。特にピクサーの『The Art of シリーズ』は人気の画集です。

ジ・アート・オブ・モンスターズ・インク

ジ・アート・オブ・ファインディング・ニモ

ジ・アート・オブ カーズ

ジ・アート・オブ ウォーリー

ジ・アート・オブ・カールじいさんの空飛ぶ家

ジ・アート・オブ・トイ・ストーリー3

上記に掲載した画集の他にもたくさんの画集が出版されています。

ゴールデンウィーク中に開催している『POWER OF PRINCESS ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』

松屋銀座にて『POWER OF PRINCESS ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』が開催されています。ゴールデンウィークがラストチャンスです。

ディズニープリンセスに焦点をあてた展覧会

ゴールデンウィークが終了する2016年5月8日(日)まで開催されている展示会が『POWER OF PRINCESS ディズニープリンセスとアナと雪の女王展』です。ディズニープリンセスのキャラクター造形や制作過程がわかる資料の他に、テーマパークの衣装やさまざまなアートワークが展示されています。

展覧会の情報

企画展:POWER OF PRINCESS ディズニープリンセスとアナと雪の女王展
会場:松屋銀座
期間:2016年4月13日(水)~2016年5月8日(日)
<入館は閉館の30分前まで、最終日17:00閉場>
入場料:一般1,500円、高大生1,200円、中学生から3歳まで800円、3歳未満無料

ディズニーのキャラクターや小道具などの制作過程がわかる画集

ディズニーのキャラクターや小道具などの制作過程がわかる画集が『ジ・アート・オブ』シリーズです。さらに『アナと雪の女王』の世界観を知りたい人や、ディズニー作品の制作過程を知りたい人におススメです。このシリーズは長編アニメーション『ボルト』から継続的に英語で出版されているのですが、残念ながら下記の作品以外は日本語で出版されていません。

ジ・アート・オブ・アナと雪の女王

ジ・アート・オブ・塔の上のラプンツェル

ジ・アート・オブ・ベイマックス

ディズニーの映画『ズートピア』も公開中

ウォルト・ディズニー・アニメーション・スタジオ制作による新作の長編アニメーション『ズートピア』が2016年4月23日から劇場公開されています。キャラクターや背景の造形も素晴らしいですが、大人でも楽しめるストーリーになっているので、ぜひこのゴールデンウィークに家族で見るのにちょうど良い作品です。

コンセプトアートの画集『The Art of Zootopia (英語)』

『ズートピア』のメイキングがわかるコンセプトアート画集が英語版で出版されています。だだし、現在のところ日本語版での出版予定は不明です。

The Art of Zootopia (英語)

名門美術大学の教授スコット・ロバートソンさんによる透視図法とレンダリング法のテキスト

名門美術大学アート・センター・カレッジ・オブ・デザインで教授をしていたスコット・ロバートソンさんによる透視図法のテキストとレンダリング法のテキストが日本語訳されて出版されました。

今までの透視図法のテキストの弱点

透視図法は決まりきった手順で描く技法なので、今まで出版されたテキストはどれも似たような内容になりがちでした。たくさんの線が交差するので複雑な形を解説すつには難しく、サンプルとして複雑な形をしたオブジェクトを掲載したとしても、描き方の詳細は抜け落ちてしまうのが普通でした。

なので今までのテキストでは基礎は簡単に理解できるのですが、複雑な形へ応用しようとするとなかなか難しく感じることが多かったと思います。

スコット・ロバートソンさんの透視図法とレンダリング法のテキスト

スコット・ロバートソンさんのテキストでは基礎的なテクニックをしっかりとおさえた上で、少しずつ複雑な形にチャレンジしていきます。なので基礎的なテクニックを組み合わせ、どのように複雑な形を作りだせるのかよく理解できるようになります。

また動画による解説も公開されているので複雑になりがちな解説も理解しやすく、車や飛行機のような複雑な形であっても各ステップを理解しながら完成させることができます。

透視図法のテキスト


スコット・ロバートソンのHow to Draw -オブジェクトに構造を与え、実現可能なモデルとして描く方法-

レンダリング法のテキスト


スコット・ロバートソンのHow to Render : 光と影、反射によってオブジェクトに質感を与える方法

対象となる読者

このテキストでは透視図法を学びたい初心者からカーデザイン、インダストリアルデザイン、または映画やゲームなどのコンセプトアートなどを学びたい人の入門書として大変役に立つと思われます。建築パースを学びたい人がこのテキストを使って学習しても問題ないのですが、普通の建築パースならばここまで複雑な形を描けるようになる必要は無いかもしれません。

書籍と動画で学習

透視図法は補助線をたくさん引いてから最終的な線を導き出すので、作業手順を理解することがなかなか難しいです。また作業プロセスが進むと補助線だらけになり、どの補助線が何の役割をしていたのか混乱することがよくあります。しかしこの書籍は丁寧な解説と豊富な図が掲載されている上にインターネットにアップされている動画を見ることで複雑な手順を簡単に理解することができます。

またスコット・ロバートソンさんが以前発売したThe Gnomon WorkshopのDVDでは、部分的に調べたいことがあった場合、巻き戻しと早送りをして探す必要があったので大変でした。今回発売された書籍では掲載されているテクニックに対応して動画が作られているので参照しやすくなっています。

基礎的な立体から複雑な立体まで描けるようになる

透視図法とレンダリング法のどちらのテキストも基礎的な立体から学習をスタートし、徐々に複雑な立体を学習する構成になっています。なので最初に基礎的なテクニックを学び、それらのテクニックを組み合わせてどのような形にでも対応できるようになります。最終的には飛行機や自動車といった複雑な立体にチャレンジすることになりますが、テクニックの組み合わせ方を理解していれば問題なく制作することができるようになります。

描き方を理解したら練習あるのみ!

この書籍を読んで描き方を理解しても絵を描くスキルがアップするわけではありません(笑)。描き方を理解したら練習をする必要があります。スコット・ロバートソンさんの教えていたアート・センター・カレッジ・オブ・デザインでは教授陣の指導が良いだけでなく、徹底的に練習をさせるそうです。たしかアートセンターの卒業生である奥山清行さんがどこかのインタビューで「アートセンターは軍隊教育みたいだった」と言っていた記憶があります(笑)。アートセンターの学生を見習って真剣に練習しないといけませんね・・・頑張りましょう!

アート・センター・カレッジ・オブ・デザインについて

アート・センター・カレッジ・オブ・デザインはカーデザインの教育で世界的に有名ですが、映画業界やゲーム業界のコンセプト・アーティストとして働く人を多く卒業させています。『ブレードランナー』のデザインを担当したシド・ミードさんや『スター・ウォーズ』のデザインを担当したラルフ・マッカリーさんが有名です。

そこでアート・センターでは近年になってエンターテイメント・デザイン学科を設置しました。以前アート・センター・カレッジ・オブ・デザインのアドミッションズ・オフィスの人に話をきいたところカーデザインの学科とエンターテイメント・デザインの学科は人気なので入学するのは難しいと言ってましたから、このような書籍で基礎が学べるのはありがたいことです。

エンターテイメント・デザイン学科の授業

下記の書籍はスコット・ロバートソンさんがエンターテイメント・デザイン学科の授業をまとめた内容になっています。学生に出した課題と生徒たちの作品と解説などから授業の雰囲気が伝わってきます。特に「どのようにアイディアを作り、コンセプトアートとして作り上げあるのか」という点についてよく理解できます。アメリカの私立大学は学費が2千万円以上するのでおいそれと体験することはできませんから貴重な書籍です(笑)。

THE SKILLFUL HUNTSMAN / うでききの狩人

3人の学生がグリム童話の「うでききの狩人」をモチーフにコンセプトアートをつくるプロジェクトです。学生たちの作ったコンセプトアートと解説に対してスコット・ロバートソンさんがコメントを書いています。コンセプトアートとはどのようなモノなのかを知るのには良い本です。

THE SKILLFUL HUNTSMAN / うでききの狩人

エンターテインメントの未来/in the future…

エンターテイメント・デザイン学科の教授陣から出題されたさまざまなプロジェクトにたいする学生たちの作品が掲載されています。テクニックや制作方法だけでなく、学習に必要となるカリキュラムの作り方なども参考になります。

エンターテインメントの未来/in the future…

『大河原邦男展』と『蒼樹うめ展』@上野の森美術館

上野の森美術館ではアニメと漫画の展覧会を定期的に開催

上野の森美術館は幅広い美術の展覧会を開催するとともに、日本のアニメや漫画のような新しい表現も積極的に取り上げています。昨年末に開催された『進撃の巨人展』は長蛇の列ができるほどの人気がありました。壁面に大きく設置された『進撃の巨人』看板もカッコよかったです。このような展示会はアートになじみがない人でも「アートってなんだろう?」と考える機会になるので、アニメ業界のみならずアート業界にとっても良い効果があると思います。

大河原邦男展と蒼樹うめ展

今年の夏は『メカニックデザイナー 大河原邦男展』が開催されます。ガンダム、ダグラム、ボトムズなど数え上げたらきりがないほどロボットデザインを制作してきた大河原邦男さんの展覧会なので、たくさんの作品が公開されると思います。放映されなかったアニメのデザインも公開するそうなので楽しみですね。

『大河原邦男展』が終わったら、すぐに『蒼樹うめ展』が開催されます。開催期間が短いので注意してください。この展示会も未公開の設定資料や漫画原稿、描き下ろしの新作などが公開されるそうです。蒼樹うめさんの描くキャラクターは明るく楽しそうな雰囲気があるので、見ているだけで幸せな感じが伝わってきます。こちらの展示会の公開も待ち遠しいですね。

メカニックデザイナー大河原邦男展

上野の森美術館 メカニックデザイナー大河原邦男展の特設サイト
期間:2015年8月8日(土)から9月27日(日)
開館時間:午前10時から午後5時(入館は閉館の30分前まで)
展覧会限定オリジナルグッズ販売予定

メカニックデザイナー 大河原邦男展 記者発表映像

蒼樹うめ展

上野の森美術館 蒼樹うめ展のサイト
期間:2015年10月3日(土)から12日(月・祝)
開館時間:午前10時から午後5時(入館は閉館の30分前まで)
展覧会限定オリジナルグッズ販売予定

ティム・バートンの世界展が開催中

ティム・バートンの世界展が森アーツセンターギャラリーにて2014年11月1日から2015年1月4日まで開催されています。その後グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル イベントラボにて2015年2月27日から4月19日まで開催予定です。

このティム・バートンの展覧会はニューヨークのMoMAからスタートし、メルボルン、トロント、ロサンゼルス、パリ、ソウルで開催され、とうとう日本にやってきました。映画監督ティム・バートンのファンは必見の展覧会です。(この記事のアイキャッチ画像に使用しているのはロサンゼルスのLACMAにて開催されてた時の写真です)

ティム・バートンのスケッチや映画で使用された人形などを中心に展示されています。MoMAにて開催された時の出展リストを見てもらえればわかると思いますが、作品の数が多いです。(PDFで101ページあります)私が初めて見た時、展覧会の規模を知らなかったので最初から気合を入れてみてしまいました。その結果、最後の方は作品の数とパワーに圧倒され、疲れ切ってしまいましたwww。なので十分満足できる展覧会だと思います。

MoMAのティム・バートンのサイトも趣向を凝らしていますが、ティム・バートンのサイトも凝った作りになっているので、ぜひチェックしてみてください。家にいながらでもティム・バートンの世界が堪能できますよ。