自己啓発やオカルトの本ではない・・・ちゃんとした美術の入門書『脳の右側で描け』(笑)

『右脳と左脳を使ったトレーニング』と書くと、かなり怪しいセミナーのトレーニングと勘違いされるかもしれません。しかし書籍『脳の右側で描け』はちゃんとした美術の入門書です(笑)。

なので急に予知能力が身についたり、透視能力が身につくことはありません。ましてや映画『超能力学園Z』のような事は起こせませんから、安心してトレーニングに挑戦できます(笑)。


決定版 脳の右側で描け

絵が描けない人たちのために開発された学習プログラム

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で教鞭をとっていたベティ・エドワーズさんが開発した学習プログラムを書籍にしたのが『脳の右側で描け』です。この学習プログラムは「絵が全く描けない人たち」が効率的に学習できるように作られました。

絵を描くことは誰でもできる

書籍『脳の右側で描け』が証明したことは「絵を描くこと」は教えることができるし、学習することができるということです。今まで絵を描いたり、モノを作ったりする芸術活動は「才能のある人の特権」のように思われていましたが、本当は日曜大工や裁縫のように誰でもマスターできる技術なのです。

トレーニングについて

実は掲載されているトレーニングはどれも特殊なものではありません(笑)。基本的に美術の古典的なトレーニングとテクニックばかりです。ただしこれらのトレーングやテクニックはベティ・エドワーズさんによって、効率的に学習できるように順序良く構成されています。

画期的な解説

『脳の右側で描け』の功績は他にもあります。美術の専門用語を使わずに、絵を描く時の脳や知覚の働きを解説したことで、今まで絵を描いたことがない人でも理解できるようになったことです。特に「なぜ絵が描けないのか?」という問題を解決したことは、多くの人に絵を描く楽しみを広げたと思います。


決定版 脳の右側で描け
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ

ワークブックについて

絵を描く理論よりも実践することに興味がある人はワークブックを試してみるといいでしょう。


決定版 脳の右側で描けワークブック[第2版]
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ


絵を右脳で描く―「描く能力」が劇的に向上 (朝日カルチャーセンター講座シリーズ)
出版社: 旬報社
著者: クリスティン ニュートン、古賀 良子

絶版で入手困難となってしまった絵の描き方の入門書『脳の右側で描け』が第四版となって発売予定

これから趣味として絵やイラストを描くことをはじめたい人に朗報です。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で教鞭をとっていたベティ・エドワーズさんの入門書『脳の右側で描け』の第四版が発売されます。


決定版 脳の右側で描け

絶版になっていた入門書『脳の右側で描け』

『脳の右側で描け』の第三版が絶版となってしまったので、書店での入手が困難な状況になっていました。しかもAmazon.co.jpでは、中古価格が上昇してしまったので、購入をためらってしまった人も多かったと思います。しかし、もう大丈夫です。ついに第四版が発売されることが発表されました。

誰でも絵が描けるようになる入門書『脳の右側で描け』

絵を描くことは誰でもできる技術であり、しかも数学や英語のように「学習でき、教えることができる技術」であることを証明した本が『脳の右側で描け』です。脳科学のようなタイトルがついているので「自己啓発本」のようなイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、内容はちゃんとした美術の入門書です(笑)。

美術の知識がゼロの人ほど重宝する入門書

「なぜ絵が描けないのか?」を脳の機能から解説することで、絵を描くための脳の使い方を学べます。またこの入門書は古典的な技法やトレーニング方法を効果的な学習順に組み立てたことでも有名です。他の入門書では切り捨てられてしまうような基礎的な技法やトレーニングが掲載されているので、美術の知識がゼロの人ほど重宝する入門書です。


決定版 脳の右側で描け
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ

「モノの形をとらえて描けるレベル」を「絵が描ける」とは言わない

私は絵を趣味としてはじめたのが大人になってからだったので、子供のころから絵を描いている人たちはどのような学習方法で腕を磨いてきたのか気になっていました。

どうやって絵が描けるようになったのか?

そこで子供のころから絵を描いている人たちに「どうやって絵が描けるようになったのか?」と学習方法について尋ねてみました。しかしその答えの多くが「どうしてだろう?いつの間にか描けるようになった」と無自覚な人が多く、私の疑問は長いこと謎のままでした。

「無自覚 = 神童」では無い

「無自覚で絵が描けるようになってしまった」と答えられると神秘的な感じに聞こえますが、事実は「子供だったので記憶にない」もしくは「子供のころの学習過程について振り返って考えたことは無い」というのが答えでした。決して「生まれ持った才能が必要」とか「神童だった」というわけではないようです(笑)。

自然と絵が描けるようになった経緯

なかなか子供のころの学習過程を語ることができる人にめぐり合えなかったのですが、あるデザイナーさんが自然と絵が描けるようになった経緯を説明してくれました。

自然と絵を描けるようになった人は、たいてい子供の頃に漫画やアニメを描くのが好きで、 模写をしているうちにモノの形を写すことができるようになるそうです。また子供にとって漫画やアニメを模写は遊びの一種であり、特別なトレーニングをしているという意識がないので無自覚なケースが多いとのことでした。

「モノの形をとらえて描けるレベル」を「絵が描ける」とは言わない

しかし子供の頃に絵が描けるようになった言っても、あくまで「モノの形をとらえて描けるレベル」であり、それは「絵が描ける」レベルではないとのことです。冷静に考えてみれば「モノの形をとらえて描く」ことは基本中の基本でしかなく、絵やイラストを制作するにあたってはさまざまなテクニックや理論を駆使しなくてはなりません。

「自然と絵が描けるようになる」ことは無い

上記のような理由から子供が美術教育を受けずに「自然と絵が描けるようになる」ことはあり得ないそうです。また子供に「モノの形をとらえて描く力」があったとしても、美術教育を受けずに描いているだけならば、そこそこのレベルにしか到達していないだろうとのことでした。

確かにピカソだって徹底的に教育されたから絵が描けるようになったのであって、自然と絵が描けるようになったわけではないですから。(ただしピカソの場合は親が美術教師なので9歳から14歳くらいの間で技法を完全マスターしています)

通常は教育機関で美術を学ぶ

子供のための美術教室などもあるのでピカソのように英才教育を受けている子供もいるのかもしれませんが、通常は高校生になって「美大受験のための予備校」で基本的なテクニックを学び、トレーニングを重ねるケースが多いそうです。ちなみに早い子供は中学生から予備校に通っているそうです・・・普通の受験と同じですね。

学習することの大切さ

通常の学習過程でさえ「美大受験のための予備校」で徹底的に学習するわけですから、独学で絵を描いている私などは、改めて基礎から学習する必要があることを実感させられました。ちなみにいろいろ教えてくれたデザイナーさんは私の友人なので本当はもっと厳しくアドバイスされました。「独学でチンタラ勉強してないで、予備校で基礎をすべて学んでこい!」と・・・(T_T)

趣味として絵やイラストをはじめるために、毎日描くことからはじめる

新しい趣味をはじめた時は、少しでもいいから毎日携わることで習慣にすることが大切です。休日にゆっくりと楽しもうとしても急に忙しくなってしまったり、なかなか気分がのらなかったりしがちです。

習慣をつける

趣味を継続させるためには毎日絵を描いて習慣にするとが大切です。毎日絵を描くと言っても、美術大学を受験する学生のようにスパルタ方式でデッサンをする必要はありません(笑)。

落書きレベルでOK

短い時間でもいいので毎日スケッチブックに向き合うことが重要です。なので落書きをするような気分で楽しむこといいでしょう。もちろん描き終わった後に自己評価などする必要はありません。制作した日付を書いたらスケッチブックをさっさと閉じてしまいましょう(笑)。とにかく継続させることだけでも十分な価値があります。

絵を描かなくてもOK

「毎日絵を描かなくては・・・」と思っても、どうしても絵が描けない日もあります。例えば深夜に酔っぱらって帰ってきた日などは絵を描こうと思っても、落書きですらできない時があります(笑)。そのような時にはスケッチブックに線を引くだけでもいいですし、水彩絵具をスケッチブックに垂らすだけでもいいです。

ちなみにアメリカのカレッジで絵のクラスを教えている知人の画家は「絵が描けない日はスケッチブックを破るだけでも良い」と生徒たちにアドバイスしてました。絵が描けない日は現代アートを制作するつもりで開き直ると、新たな発見があるかもしれません(笑)。

時間が経ってから見返す

正直に言うと絵の学習は思うように進みません。突然上手くなったり突然下手になったりするので、気楽に描き続けることが重要です。毎日少しずつでもスケッチブックに絵を描いていくと、いつの間にか描き終えたスケッチブックが増えていきます。スケッチブックの山を見れば、どれだけ実践してきたのか一目瞭然です。ちょっとくじけそうになった時は、最初に描いた作品と最後に描いた作品を見比べると、明らかに自分の絵が上達していることに気が付くと思います。

また初心者の時に描いた絵は独特な特徴が出ることがあるのでちゃんと保管しておくといいです。上達してから同じように描こうと思ってもなかなかできるものではありません。

追記:これから絵を描きたい人向けのテキスト

永沢まことさんのテキストはこれから絵を初めたい人向けに書かれています。落書きすらしたことが無い人、どのような画材を購入したらよいのかわからない人でも大丈夫です。水彩画の知識ゼロではじめられます。残念ながら絶版となっているテキストもありますが、どのテキストもよく書けているので絶版本を中古で購入してもいいでしょう。

永沢まことの街歩きスケッチ入門 (玄光社ムック)

永沢まことの絵の描き方7日間

永沢まことの自分発見スケッチ術

誰でも絵が描けるようになる入門書『脳の右側で描け』の対象読者について

趣味として絵を描いたり、イラストを描いたりしたいと思っているけど・・・実は「絵が全く描けない!」という人におすすめの入門書が『脳の右側で描け』です。特に一番最初に読むテキストとして最適です。


決定版 脳の右側で描け

テキスト『脳の右側で描け』の対象者

このテキストは「まったく絵が描けないレベル」の読者を対象にしています。「まったく絵が描けないレベル」とは、幼稚園生や小学校低学年の子供たちの描く絵に近い状態のことを指します。

例えば子供が描いた富士山、家、家族の似顔絵を思い浮かべてください。これらの絵は子供たちが目で見たものを描いていません。実は子供たちの頭の中にあるイメージを描いているのです。

なのでこの子供の状態に近い人は『脳の右側で描け』の対象読者です・・・と言ってもショックを受けないでください(笑)。現在の義務教育では絵の描き方をまったく教えていませんし、美術の授業では頓珍漢なことを教えているので・・・(笑)。

注意:本来は絵を描くのに写実的に絵が描けなくても問題ありません。ただ世間一般的に「絵がうまい人」と呼ばれる人が写実的に絵が描ける人のことを言うことが多いので、今は便宜的に「絵がまったく描けない人 = 写実的に絵が描けない人」としています。

対象読者ではない人

少しでも写実的に描くことができる人や、漫画のキャラクターなどを見てある程度模写できる人には、『脳の右側で描け』をおすすめしていません。そのような人たちはこの本で紹介されているトレーニングを自然とマスターしている可能性が高いからです。なのでこのテキストに書いているような「右脳と左脳の切り替え」を強く感じることはできないかもしれません。

ただし「なぜ世の中には絵が描けない人がいるのか?」ということを論理的に知りたいと思っている人や、初歩的なトレーニングとテクニックを知りたい人にはおすすめです。十分に役に立つテキストになると思います。

脳トレに使う?

絵には興味が無いけど、脳トレに使いたい人にもおすすめです。絵を描くことで、今まで日常生活で使われていなかった脳の機能が活性化されると思います・・・ただし何に役立つのかわかりませんけど(笑)。

個人的な思いこみレベルに過ぎませんが、空間認識にいい影響がでると思っています。特に日常生活で図形や絵に関わる機会がなかった人にはいい刺激になるでしょう。


決定版 脳の右側で描け
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ

ワークブックもおすすめ!


決定版 脳の右側で描けワークブック[第2版]
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ


絵を右脳で描く―「描く能力」が劇的に向上 (朝日カルチャーセンター講座シリーズ)
出版社: 旬報社
著者: クリスティン ニュートン、古賀 良子

全く絵が描けなくても大丈夫!これから絵を描きはじめたい人むけの入門書『脳の右側で描け』

「絵を描きたいけど自分には全く絵の才能がない」と思っている人にぜひ読んで頂きたい本が『脳の右側で描け』です。私はこの本と出合ったことで、やっと絵を描くことを趣味とすることができました。


決定版 脳の右側で描け

全く絵が描けないので、何度も挫折

私は何度も「絵を描けるようになりたい!」と思い立っては、絵を描くことにチャレンジしてきました。しかし・・・自分の下手な絵にショックを受け、そのつど挫折していました(笑)。

『デッサンの入門書』は専門書

またデッサンの入門書を購入してみたものの、最初の課題からついていけず、「才能がないんだ・・・」とショックを受けては挫折していました(笑)。しかし今思えば、その当時購入したデッサンの入門書は「全く絵を描いたことがない人」を対象読者としていなかったのです。デッサンの入門書と書いてあっても、それらの本は『専門書』だったのです・・・理解できなくて当然ですね(笑)。

書籍『脳の右側で描け』との出会い

「自分には絵を描く才能がないんだ」と思っていたときに、科学雑誌『ニュートン』の小さなコラムに書籍『脳の右側で描け』が紹介されていました。さっそく購入してみると「自分には絵を描く才能がないんだ」と思っていたことが、単純な「脳の処理の問題」だったということに気がつかされました(笑)。

絵が描けない原理を理解する

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で教鞭をとっていたベティ エドワーズさんによって書かれた『脳の右側で描け』は「なぜ絵が描けないのか?」という原理を理解することからスタートします。特に掲載されている最初の課題を実践すると「自分の脳をコントロールできなかったこと」に驚かされると思います(笑)。

「右脳と左脳のトレーニング」とは?

「右脳と左脳のトレーニング」と聞くとかなり怪しい感じがすると思います。しかしこのテキストで使用するトレーニングは決して怪しいモノではないので安心してください(笑)。掲載されているトレーニングは全て一般的なトレーニングとテクニックです。

この本の革新的なところ

著者であるベティ エドワーズさんの功績は、今までバラバラに存在していたトレーニングやテクニックを集め、効果的で包括的なトレーニング方法を作ったことです。さらに各トレーニングの意味するところを脳の仕組みから解説しているので、他の入門書とは違う『論理的な入門書』になっています。

あとはトレーニングするのみ!

絵を描く原理がわかってしまえば何も恐れることはありません!あとは掲載されているトレーニングを経験することで絵が描けるようになります。この本に出合ったおかげで私は絵を描いたり、ものを作ったりすることが趣味として定着しました。なので「自分には絵が描けない」と思っている人にぜひ読んで頂きたい本です。

ちなみにこのサイトでは書籍『脳の右側で描け』についての注意点や、その後の学習方法などについても書く予定です。こちらのリンクをクリックすることで他の記事も読めるようにしておきます。よろしくお願いいたします。


決定版 脳の右側で描け
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ

ワークブックもおすすめ!

トレーニングを実践し、本当に効果があるのか実感してみたい人には下記のワークブックがおすすめです。最後までやれば効果があるはずです。


決定版 脳の右側で描けワークブック[第2版]
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ


絵を右脳で描く―「描く能力」が劇的に向上 (朝日カルチャーセンター講座シリーズ)
出版社: 旬報社
著者: クリスティン ニュートン、古賀 良子