昭和の思い出が詰まった実相寺監督の画集『ウルトラ怪獣幻画館』

ウルトラマンの監督を務めた実相寺昭雄さんの画集が出版されています。ペンと水彩を使って描かれたウルトラマンや怪獣たちは懐かしい昭和の雰囲気を伝えています。

画集『ウルトラ怪獣幻画館』

著者の実相寺昭雄さんは2006年に他界されましたが、実相寺監督と仕事をした仲間たちによってこの画集が作られました。掲載されているほとんどの作品はウルトラマンに関する絵ですが、最後にゴジラとシルバー仮面の絵が1枚づつ掲載されています。単行本のサイズですが非常にいい画集です。


ウルトラ怪獣幻画館 (ちくま文庫)

実相寺昭雄さんの水彩画

ウルトラマンや怪獣をテーマに集められた画集ですが、コンセプトアートのようにカッコイイ絵ではありません(笑)。実相寺昭雄さんの絵は、まるで絵日記のようにペンと水彩でサラッと描かれています。

ウルトラマンと怪獣のフィギュア

実相寺昭雄さんはウルトラマンや怪獣たちのフィギュアも好きだったので、フィギュアをモチーフに描いている絵があります。特に俯瞰から描かれた怪獣たちはテレビに出てきた雰囲気とは違い可愛らしいです(笑)。

懐かしの風景

人間の目線から描かれた怪獣の絵は背景が絵描かれており、昭和の懐かしい雰囲気を伝えています。画集の最初に掲載されているメトロン星人やペロリンガ星人の絵はとてもロマンチックで、子供心に戻れると思います。

独学で学んだ絵

実相寺昭雄さんは『ウルトラマン』、『帝都物語』などのようにビジュアルにインパクトのある映画を監督しましたが、美術教育をうけたことはありません。早稲田大学在学中に公務員試験に合格たことにより外務省に勤務。その後はテレビ演出家として活躍しました。絵は独学で趣味として描いていたそうです。たしかに実相寺昭雄さんの作品を見ると絵を楽しく描いていることがうかがえます。


ウルトラ怪獣幻画館 (ちくま文庫)
出版社: 筑摩書房
著者: 実相寺昭雄

書籍 『永沢まことの花のスケッチレッスン』 を読む

永沢まことさんの書籍『永沢まことの花のスケッチレッスン』を読みました。この書籍は以前紹介した『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』と同様、これから絵を描きはじめたい人向けのテキストです。

永沢まことの花スケッチレッスン―ペンと水彩で描く (さぁ、始めよう!)

今回は花の絵を描くことをテーマにしながら、永沢まことさんの描き方を学習できます。基本的な絵の描き方は『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』と変わりませんが、花特有の描き方や制作方法など、永沢まことさんの書籍を読んだことがある人でも楽しめる内容となっています。

また花の開花情報、永沢まことさんが使用している画材、全国の主な画材店情報、など初心者にとってはすぐに役立つ情報も書かれています。特に画材の紹介はメーカー名まで載せてあるので、これから画材を買い集めなくてはならない初心者にはありがたい情報だと思います。

以前の書籍と読み比べて気になったポイントと、改めて感じたことをメモしておきます。

直線、曲線、円を描くトレーニング

絵を描いたり、インダストリアルデザインなどにとっては基礎的なトレーニングです。直線を引くなんてわざわざトレーニングする必要ないと思われがちですが、いざ紙の上に描いてみると意外に難しいものです。このトレーニングをするときは大きく描くので、古新聞もしくは、安いニュースプリント・パッドに描くといいでしょう。

ノートや不要な紙で試し書きをする

以前はよく観察してから、いきなり描きはじめる方法でしたが、この書籍では小さい紙に試し描きをすることが進められています。永沢まことさんは試し描きはスポーツ選手が試合前にする準備体操と同じようなモノと書いています。試し描きをすることで、さらに観察できるでしょうし、ノリにのったところで本番の制作に移れるのでおすすめです。

人物スケッチをストックしておいて花の絵の背景として活用する

以前の書籍では現場で制作しているイメージでしたが、今回はもっと自由に制作していい雰囲気が出ています。また人物スケッチを後で活用することを考えれば、手帳サイズの人物スケッチにも真剣に取り組めそうです。

一点突破で描く方法

構図を決めないで、一点突破でどんどん書き進めて制作する方法は以前と同じです。直感によってひらめいたところから描き進めていくこの方法はスリリングで楽しみながらスケッチできると思うのでおすすめです。しかし構図ってなんだ?と思ったら村上隆さんの著書、芸術闘争論に詳しくでているので読んでみると参考になると思います。

芸術闘争論

色の塗り方

以前の書籍と全く違うのが第3章です。グリーン、イエロー、ピンク、ブルー、レッド、オレンジと色ごとに塗り方が説明がされています。永沢まことさんのサンプル画がたくさん使われているので、見ているだけでも楽しいです。

「スケッチ」「線」「色」についてのQ&A

本書の最後の方にあるQ&Aです。学習を進めていく上での重要なことが描かれています。特に最後の質問『線のスケッチとは違った絵を描きたくなったら?』は重要なので、永沢まことさんの学習方法で絵を描くことの楽しさを覚えたら読み返したほうがいいでしょう。永沢まことさんの書いているように、絵の世界はさまざまな絵のスタイル、さまざまな画材があります。どんどん試してみて自分の世界を広げていると、いつの間にか次のステップに進めると思います。お互い楽しみながら頑張りましょう。

「30枚きっちり描くこと」で自分の絵が上達したことがわかる

やみくもに絵を描いても「自分が上達したのか」わかりません。特に絵を描いたり、モノを作ったりするような趣味では、上手くできることもあれば、下手になっていることもあります。また上達したことにより、制作作業が楽になってしまうと、『十分な達成感』を感じなくなります。そのような時にこそ注意が必要で、根拠なく「自分は下手だぁー」と落ち込んでしまうことがあります(笑)。

上達度を客観的に計測することの重要性

絵を描いたり、モノを作ったりする趣味は上達したことを実感できなくなると、挫折する確率が高くなりがちです。なので自分の上達度を客観的に計測できる方法を身に着けておく必要があります。

30枚きっちり描く事のすすめ

カルチャースクールの人気講師でもあり、画家の永沢まことさんは著書『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』の中で「30枚きっちり描くこと」をアドバイスしています。


永沢まことのとっておきスケッチ上達術
出版社: 草思社
著者: 永沢 まこと

悩むのは30枚描いてから

永沢まことさんは「30枚もの枚数を描くとハッキリと『上達している』、もしくは『何かが変わった』と言える」とアドバイスしています。なので初心者のうちは「なかなか上達しないなぁ」と考えるより、割り切って「30枚きっちり描く」ことだけを考える方が精神的に良いです。特に初心者のうちは30枚も描くと確実に実力がついているので、不安に思う必要はありません。

夢中で描いている時は客観的に分析できない

絵を描いている時や、描き終わった直後は、描くことに夢中になっているので、客観的に分析することは難しいです。描くのに行き詰まったり、これで完成と思った時点で描くのを止めておきましょう。無理に描こうとすると今まで描いた絵を壊してしまう可能性があります。

客観的に自分の絵を分析する

30枚描き上げてから自分の絵を見直すと、描いたときから時間が経っているので、客観的に絵を評価できるようになります。自分の好きな表現やテクニックが明確になったり、知らず知らずのうちに新しいことにチャレンジしていたことにも気がつくと思います。上達しているところは褒め、失敗しているところは次の課題としておきましょう。

気に入らなかった絵も保存しておく

描いたときには気に入らなかった絵でも、時間が経つと愛着がわくことがあり、今後の作品のテーマになることもあります。なので描いたときに「この絵は失敗」なんて思わず、きちんと保存しておくといいでしょう。

どうしても分析できない時

「この絵は何かがおかしい!だけどハッキリした答えがわからない・・・」このような時は、あまり頭を悩ませる必要はありません。部屋の片すみにでも放置しておいてください(笑)。そして時折その絵を眺めるといいでしょう。漠然と絵を見つめているうちに、何が論理的におかしいのか理解できる時が必ず来ます。それまでは他の作品に取り組みながら、気長に待ちましょう。

追記:他のテキストでも問題ありません

残念ながら上記におすすめした『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』は絶版となって入手が困難です。しかし永沢まことさんの書籍はたくさん出版されているので、入手しやすいモノから読んでみることをお薦めします。他のテキストでも基本的なアドバイスは同じです。


永沢まことの街歩きスケッチ入門 (玄光社ムック)
出版社: 玄光社
著者: 永沢 まこと


永沢まことの絵の描き方7日間
出版社: 草思社
著者: 永沢 まこと


永沢まことの花スケッチレッスン―ペンと水彩で描く (さぁ、始めよう!)
出版社: 小学館
著者: 永沢 まこと

絵を描きはじめたい人におすすめのテキスト『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』

絵を描いたことが無い人でも楽しみながら学習できるテキストが『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』です。テクニックの解説だけではなく、画材選びからモチベーションの維持まで、知っておくべき重要なことが書かれています。


永沢まことのとっておきスケッチ上達術
出版社: 草思社
著者: 永沢 まこと

レベルにあったテキストを選ぶ

本屋さんの美術書コーナーに行くとさまざまなテキストが販売されています。しかしこれから絵を描きはじめたい人は、どの本を購入したらいいのか悩んでしまうと思います。リンゴやレモンなど簡単そうなモチーフから説明しているテキストがありますが、それらのテキストは少し絵を描くことに慣れた人が本格的に勉強するための専門書です。はじめて絵を描く人がこのようなテキストを手に取ってしまうと、絵を描くことが修行のようになってしまい、挫折してしまうことがあります。

絵を描いたことが無いでも大丈夫!

そこで趣味として絵を描きはじめたい人におすすめするテキストが『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』です。永沢まことさんは画家であると同時にカルチャースクールの人気講師です。永沢まことさんの授業を元に作られたテキストなので、絵を描いたことがない人でもスムーズに学習できるように書かれています。

理解しやすい制作過程

このテキストでは制作過程のステップが分かるようにたくさん写真が掲載されています。また文章も簡潔に書かれているので理解しやすいです。テキストを読んだらすぐに画材を購入し、チャレンジしてみるといいでしょう。

ペンと水彩絵の具を使用

永沢まことさんの描き方は、ペンで輪郭線を描いてから水彩絵の具で色を塗る手法です。ペンを使用すると難しそうですが、手順通りに制作を進めれば初心者であっても問題なく完成させることができます。アドバイスとしてはペンを使うことを恐れずに、大胆に線を引いてみることです。

ちなみに鉛筆は頻繁に削る習慣を身に着け、適切な使用方法を知らないときれいに仕上げられません。なのでペンは初心者に丁度いい画材だと思います。

まずは成功体験をする!

永沢まことさんはカルチャースクールの講師としての経験があるので、初心者であっても失敗しないように制作手順が作られています。このことは初心者にとって非常に重要です。初心者が独学で絵を描こうとしてもなかなか上手くいきません。特に絵をはじめたばかりの時は、上手く描けないと絵を描くことをやめてしまうケースが多いです。なのでこのテキストを使って成功体験を積むことは、趣味を続けるうえで重要な体験となります。

重要なことはテクニックだけではない!

これから絵を描きたいと思っている人にとって、重要なことはテクニックだけではありません。永沢まことさんのテキストには絵を楽しんで描くことや、モチベーションを持続させて描くためのアドバイスが書いてあります。特に他人に自分の絵を見せた時には、つめたい反応が返ってきますので、永沢まことさんのアドバイスをぜひ頭の中に叩き込んでおいてください(笑)。事前に知っていれば大きなショックを受けずにすみます・・・残念ながら小さいショックは受けますよ(笑)。

画材をそろえる

初心者向けの入門書のなかには画材の解説がないことがあります・・・これでは画材がそろえられず挫折です(笑)。永沢まことさんのテキストでは、おすすめの画材が書いてあるので同じものを画材屋さんでそろえてください。掲載されている画材は絵を描く人にとっては一般的なものが多いので、ちゃんとした画材屋さんならば入手できると思います。

子供の画材は材質が違います

ちなみに「趣味として絵を描くための画材」と「子供が使う画材」は材質が違います。初心者のうちは掲載されている道具をそろえてからトレーニングにチャレンジしてください。なぜなら「子供が使う画材」や「質の悪い画材」は使いにくかったり、仕上がりに差がでたりします。ちゃんとした道具を使わないと失敗する確率が上がり、挫折する確率が上がります。まずは成功体験をすることが重要です。

追記:新しいテキストでも問題ありません

残念ながら上記におすすめした『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』は絶版となって入手しずらい状態になっています。どうやら趣味関係の入門書は再販されることが少ないようです。

幸運なことに永沢まことさんのテキストは新しいものが出版され続けています。新しい本でも掲載されているテクニックは同じなので、どの本を読んでも問題ありません。入手しやすい本から読んでみてはいかがでしょうか?


永沢まことの街歩きスケッチ入門 (玄光社ムック)
出版社: 玄光社
著者: 永沢 まこと


永沢まことの絵の描き方7日間
出版社: 草思社
著者: 永沢 まこと


永沢まことの自分発見スケッチ術
出版社: 草思社
著者: 永沢 まこと