松本零士がマンガの描き方を教える書籍『零次元マンガの描き方 (プロのマンガテクニック)』

『プロのマンガテクニック』シリーズに松本零士さんの書籍が加わります(2017年7月31日)。今まで勝手に『プロのマンガテクニック』シリーズは劇画専門の指南書だと思っていましたが、どうやらそのような垣根はないようです(笑)。


松本零士 零次元マンガの描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 松本零士

『プロのマンガテクニック』シリーズについて

『プロのマンガテクニック』シリーズでは絵の描き方、ストーリー、演出方法など、漫画を描くうえで必要なテクニックを学べます。しかしゼロから手取り足取り教えるようなスタイルではありませんので、必要なところをつまみ食いしながら勉強していくといいでしょう。その代わり、テクニックを教えてくださる漫画家の得意とする表現をテーマとしてまとめられている、各巻とも違うことが学べます。

  • 第1巻:池上遼一さん – 男と女の描き方
  • 第2巻:平田弘史さん – 侍の描き方
  • 第3巻:平田弘史さん – アクションとエロスの描き方

SFマンガの描き方

『松本零士 零次元マンガの描き方 (プロのマンガテクニック)』の内容紹介を見ると、どうやらSFマンガの描き方がメインテーマになるようです。『新・セクサロイド』の第1話を完全収録するとともに描き方を解説します。また松本零士さんがかつて連載していた漫画の描き方講座『松本零士のまんがテクノロジー』も収録される予定です。

メーテルの描き方

『プロのマンガテクニック』シリーズでは絵が完成するまでのステップごとに解説したコーナーが掲載されています。今回はなんとメーテルの描き方だそうです!ちょっと胸がときめきますね・・・(笑)。

ファンも楽しめる書籍

『プロのマンガテクニック』シリーズでは漫画を描かない人でも楽しめるように、たくさんの作品が掲載されています。今回は『銀河鉄道999』、『宇宙海賊キャプテンハーロック』、『クイーンエメラルダス』、『新竹取物語 1000年女王』などのカラー画が掲載されているようです。

子供の頃から憧れてきた松本零士さんの世界が堪能できる日を楽しみに待っています。発売日は2017年7月31日です。


松本零士 零次元マンガの描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 松本零士

『プロのマンガテクニック』シリーズ

『プロのマンガテクニック』シリーズでは池上遼一さん、平田弘史さん、望月三起也さんのテキストが出版されています。


池上遼一 ワイルド&ビューティーの描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 池上遼一


平田弘史 超絶サムライ画の描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 平田弘史


望月三起也 ハードアクション&エロスの描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 望月三起也

劇画漫画家のテクニックが学べる書籍『プロのマンガテクニック』シリーズ

玄光社から池上遼一さんと平田弘史さんのテクニックが学べる『プロのマンガテクニック』シリーズが出版されています。劇画は映像表現から大きな影響を受けているので、漫画を描いている人だけでなく、絵画やイラストを描く人たちが読んでも学べることがたくさんあると思います。

マンガ家からテクニックを学ぶシリーズ

イラスト、写真、映像などの制作に関する書籍を数多く出版している玄光社から、プロの漫画家から制作テクニックを学べる『プロのマンガテクニック』シリーズが出版されています。第1巻が池上遼一さん、第2巻が平田弘史さんと現在のところ劇画漫画家のお2人が出版されています。


池上遼一 ワイルド&ビューティーの描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 池上遼一


平田弘史 超絶サムライ画の描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 平田弘史

さまざまなテクニックが詰め込まれた内容

絵の描き方、演出術、ストーリーなどさまざまなテクニックが詰め込まれているので、漫画を描く人には役にたつ専門書だと思います。文章による解説だけでなく、参考資料として作品や下絵がたくさん掲載されているので、専門的な知識がない人でも理解しやすく読むことができます。

下絵から完成までの解説

一枚の絵が完成されるまで、ステップごとに解説したコーナーがあります。池上遼一さんと平田弘史さんの描き方がわかると共に、道具の解説なども書いてあるので読んだ後にチャレンジすることができます・・・ただしお2人とも何十年も描き続けたプロですから、このコーナーを読んだだけでそのレベルに到達するものではありません(笑)。じっくり年月をかけてチャレンジし続けましょう(笑)。

ファンが読んでも楽しい

『プロのマンガテクニック』シリーズは基本的に漫画を描いている人のための専門書ですが、ファンが読んでも楽しめるようになっています。各漫画家の制作方法が理解できることはもちろん、下絵や作品がたくさん掲載されているので画集を見るつもりで楽しめます。池上遼一さんの描く「魅力的な女性の絵」や、平田弘史さんの描く「迫力ある侍」の絵は、飽きることなく見続けることができます。


池上遼一 ワイルド&ビューティーの描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 池上遼一


平田弘史 超絶サムライ画の描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 平田弘史

追記:新たに出版された『プロのマンガテクニック』シリーズ

第3巻は『ワイルド7』で有名な望月三起也さん、第4巻は『銀河鉄道999』で有名な松本零士さんと、伝説的な漫画家たちがシリーズに登場しています。今後このシリーズに「誰が登場するのか?」楽しみに待ちたいと思います。


望月三起也 ハードアクション&エロスの描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 望月三起也


松本零士 零次元マンガの描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 松本零士

国立新美術館にて『ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展』が開催されます

国立新美術館で素敵なチラシを見つけたので手に取ってみると、国立新美術館で開催される予定の『ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展』のチラシでした。どうやら2015年6月24日(水)~8月31日(月) まで開催されるそうです。この企画展のようにマンガやアニメ、ゲームなどのカルチャーが美術として評価されるようになったことは、今後の日本にとって意義あることだと思います。

手塚治虫さんが亡くなった1989年以降に焦点をあてた展示

手塚治虫さんが亡くなった1989年以降の25年間に焦点をあて、日本のマンガ、アニメ、ゲームを概観する展示となるそうです。今回の展示会のように現在進行形のテーマを扱うことは来場者に影響を与えるだけでなく、現在頑張って制作している作家さんたちにもいい影響を与えるのではないでしょうか?

8つの章に分けた展示構成

展示は8つ章(テーマ)に分けて構成されます。マンガ、アニメ、ゲームだけの視点でなく、テクノロジーやインターネット、コミュニケーションなどの視点も踏まえて企画されるようなので、25年間の変遷を考えさせられるものになりそうです。

  • 第1章:現代のヒーロー&ヒロイン
  • 第2章:テクノロジーが描く「リアリティー」―作品世界と視覚表現
  • 第3章:ネット社会が生み出したもの
  • 第4章:出会う、集まる―「場」としてのゲーム
  • 第5章:キャラクターが生きる=「世界」
  • 第6章:交差する「日常」と「非日常」
  • 第7章:現実とのリンク
  • 第8章:作り手の「手業」

ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展の情報

会場:国立新美術館 企画展示室1E
期間:2015年6月24日(水)~8月31日(月)
開館時間:10:00~18:00 金曜日は20:00まで入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週火曜日休館
展覧会公式書籍を発売予定