一脚に自由雲台 SLIK 『SBH-280 BK N』を取り付けてみた

SLIKの一脚 『ザ プロポッドスポーツ』に自由雲台 SLIK 『SBH-280 BK N』を取り付けてみました。一脚を使用する時に自由雲台があると撮影に便利です。

SLIK 雲台 SBH-280 BK N 自由雲台型 ブラック 200933

SLIK 『SBH-280』は2種類の色があります

購入したのはSLIKの自由雲台型『SBH-280 BK N』です。『SBH-280』は色が2種類発売されています。ブラックが『SBH-280 BK N』でシルバーが『SBH-280 GM』になります。

サイズと重量

SLIK 『SBH-280』は高さが93mm、重量250gです。ベース部分の直径が51mmなのでSLIKの一脚 『ザ プロポッドスポーツ』にちょうどいいサイズです。最大搭載荷重は5kgで一眼レフ+300mmズームまで使用できます。

また大ネジ(U3/8インチ)・小ネジ(U1/4インチ)両方の三脚に対応できるように「ダブルネジアダプター」が搭載されています。これはありがたいです。

ボール締め付けツマミ

ボール締め付けツマミを緩めるとボール部分とベース部分が回転し、締めることでしっかりと固定することができます。簡単にカメラを固定できるので便利ですし、一脚に取り付けて使用したときはかなり重宝します。

SLIK 一脚『ザ プロポッドスポーツ』を購入

SLIKの一脚 ザ プロポッドスポーツを購入しました。三脚が使えないような場所でも一脚ならば使えることもあるので便利です。また三脚よりも気軽に持ち歩けるのでかなり幅広く使えます。

SLIK 一脚 ザ プロポッドスポーツ 4段 204238

サイズと重量

『ザ プロポッドスポーツ』は縮めた状態で長さ540mm、パイプ径32mm、重さが780gになります。縮めた状態の長さは30リットルのバックパックとほぼ同じくらいです。4段ある脚をすべて伸ばすと1.600mmまで伸びるので、身長が高い人でない限りは立った状態でも普通に使用できます。

脚ロックナット

脚を伸ばす時には脚ロックナットを半回転すことでロックを解除できます。またスムーズにパイプを引き出すことができるので、素早く簡単にセットできます。

撮影スペースをとらない

混雑した場所や子供が走り回っている場所では、三脚を使用する行為は大変危険です。しかし、そのような場合でも周囲から邪魔にならないような場所を探し、一脚を使用することで、問題なく撮影できることがあります。撮影する時の感覚としては三脚を使用している感じではなく、普通に撮影している感覚に近いです。

自由雲台を付ける

『ザ プロポッドスポーツ』にSLIKの自由雲台型 SBH-280を取り付けて撮影しています。自由雲台を付けた方が撮影には便利です。また『ザ プロポッドスポーツ』のみで撮影しようとすると上下方向の撮影が難しいです。上下方向を撮影しようとすると一脚を前後に傾けて撮影しなくてはなりません。一脚を傾けることでカメラが不安定になりがちですし、混雑している場所では周囲の人にぶつかったりする可能性があります。一脚には自由雲台を付けた方が便利ですし、安全なのでおススメです。