伊藤若冲を見る前に読んでおくと、さらに若冲を楽しめる書籍『奇想の系譜』

2016年4月22日から『生誕300年記念 若冲展』が開催されています。この展示会を見る前にぜひ読んでおくといい本が『奇想の系譜』です。

忘れ去られていた若冲

現在は異常なブームと言っていいほど人気がある伊藤若冲ですが、辻惟雄さんが書いた『奇想の系譜』が出版されるまでは忘れ去られた画家でした。若冲の作品はあまりにもユニークだったために、いつしか日本の伝統美術として評価されない状況になってしまったようです。もちろん日本の伝統美術全般の人気が無くなる傾向にあったので仕方なかったことなのかもしれません。

奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)

若冲ブームを作った『奇想の系譜』

辻惟雄さんが書いた『奇想の系譜』は長年の歳月をかけて少しずつ反響を呼んできました。この本はもともと雑誌『美術手帖』に掲載されていた記事なので、伊藤若冲に関する記事は短いです。その短い記事が時間をかけてこのようなブームを作り上げたのですから、本当にすごいことです。『奇想の系譜』は日本文化の価値観を変えた記念すべき書籍と言っても過言ではありません。

海外のコレクターの活躍

幸か不幸か若冲の作品は『奇想の系譜』に紹介されている他の画家の作品と同じように海外に買い取られた作品が多くあります。ボストン美術館に引き取られた作品もあれば、海外のコレクターに引き取られた作品もありました。特に有名なコレクターがエツコ&ジョー・プライス夫妻です。著者の辻惟雄さんとプライス夫妻がいなかったら現在のような若冲ブームは起きなかったでしょうし、美術史のなかで単なる脇役としての評価しかされなかったでしょう。

ちなみに今回の展示会にあたって辻惟雄さんとプライス夫妻の鼎談が開催されました。

待ち時間に読むのに丁度いい

現在開催されている『生誕300年記念 若冲展』では入場するまでに数時間待つような状態です。なのでまだ『奇想の系譜』を読んだことが無い人はこの待ち時間を使って読んでおくことをおすすめします。最低、若冲の記事、辻惟雄さんのあとがき、服部幸雄さんの解説は読んでおきましょう。ただし待ち時間が長いので絵を見る前に疲れないようにしてくださいね(笑)。

辻惟雄さんの本

辻惟雄さんの本はたくさん出版されています。そこで『奇想の系譜』に関係がある書籍をリストしておきます。

奇想の図譜 (ちくま学芸文庫)

奇想の発見: ある美術史家の回想

ギョッとする江戸の絵画

若冲 (講談社学術文庫)

奇想の画家 伊藤若冲の展覧会『生誕300年記念 若冲展』

伊藤若冲の生誕300年を記念して『生誕300年記念 若冲展』が2016年4月22日から開催されています。

『生誕300年記念 若冲展』

東京都美術館にて伊藤若冲の作品を集めた展示会『生誕300年記念 若冲展』が開催されています。宮内庁三の丸尚蔵館が所蔵する「動植綵絵」30幅、相国寺の所蔵する「釈迦三尊像」3幅、MIHO MUSEUMの所蔵する『象と鯨図屏風』など、伊藤若冲の作品が国内外から集められています。

PDF形式の作品リストはこちらのリンクから参照できます。

場所 東京都美術館
開催期間 2016年4月22日(金)~5月24日(火)
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
夜間開室 毎週金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)

奇想の画家 伊藤若冲

美術史の脇役的な存在でしかなかった伊藤若冲を取り上げたのが美術史家の辻惟雄さんです。書籍『奇想の系譜』にて取り上げた若冲に関する短い記事が、時間をかけながらも、このようなムーブメントを作り出したのだからすごい功績です。日本文化の価値観を変えた記念すべき書籍と言っても過言ではないと思います。なので『若冲展』を見にいく前に、若冲の章だけでもいいので読んでおくことをおすすめします。若冲の作品だけでなく、奇跡のようなストーリーを持ったこの展覧会そのものを楽しむことができると思います。

書籍『ギョッとする江戸の絵画』はNHKの番組「知るを楽しむ この人この世界」のテキストとして刊行された冊子をベースに加筆された書籍です。書籍『奇想の系譜』の拡張版と言った感じです。

奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)

奇想の発見: ある美術史家の回想

ギョッとする江戸の絵画

伊藤若冲の書籍

今や人気の画家・伊藤若冲なので、さまざまな書籍が出版されています。辻惟雄さんの書籍をいくつかピックアップしてみました。

若冲ワンダフルワールド (とんぼの本)

若冲 (講談社学術文庫)

若冲原寸美術館 100%Jakuchu! (100% ART MUSEUM)

京都画壇の美人画を集めた画集『京の美人画 100年の系譜 -京都市美術館名品集』

江戸時代から昭和までの美人画を集めた画集が『京の美人画 100年の系譜 -京都市美術館名品集』です。掲載作品はすべて京都市美術館に収蔵してある作品なので、京都画壇の画家を集めた画集としても鑑賞できます。

京都画壇の美人画を集めた画集

画集『京の美人画 100年の系譜 -京都市美術館名品集』は京都市美術館に所蔵してある作品の中から71作家、139作品を集めた画集になっています。美人画というジャンルに絞っていますが、掲載されている作品数と作家数が多いので多様性があり、見ごたえがあります。

また京都市美術館が監修をしている画集なので、作品や作家の解説も詳しく書かれています。近代の日本美術に詳しくなくても楽しく読むことができると思います。

京の美人画 100年の系譜 -京都市美術館名品集

舞妓さんからモダンガールまで

京都画壇の作家が描いた美人画を集めた画集なので、舞妓さんのようなきらびやかなイメージが見どころとなっています。しかしそれらの作品とは対象的に日常生活やモダン・ガールなどを描いた作品なども掲載されているので、多様性のある京都の美人画が楽しめます。

どの美人画も懐かしさや幻想的な雰囲気を伝えてくれるので、この画集を見ると京都に行きたくなってしまうこと間違いなしです(笑)。

収録作家のリスト

京都市美術館に行ったときに気に入った作品を見忘れることが無いように、収録されている画家のリストを下記にメモしておきます。

  1. 秋野不矩(あきのふく) 1908-2001
  2. 石川晴彦(いしかわはるひこ) 1901-1980
  3. 石島良則(いしじまよしのり) 1903-1939
  4. 板倉星光(いたくらせいこう) 1895-1964
  5. 伊藤小坡(いとうしょうは) 1877-1968
  6. 井上通世(いのうえつうせい) 1903-?
  7. 上島鳳山(うえしまほうざん) 1875-1920
  8. 植中直斎(うえなかちょくさい) 1885-1977
  9. 上村松園(うえむらしょうえん) 1875-1949
  10. 宇田荻邨(うだてきそん) 1896-1980
  11. 海老名正夫(えびなまさお) 1913-1980
  12. 大日躬世子(おおくさみよこ) 1905-1996
  13. 太田聴雨(おおたちょうう) 1896-1956
  14. 岡村宇太郎(おかむらうたろう) 1899-1971
  15. 岡本大更(おかもとたいこう) 1879-1945
  16. 落合朗風(おちあいろうふう) 1896-1937
  17. 甲斐庄楠音(かいのしょうただおと) 1894-1978
  18. 梶喜一(かじきいち) 1904-1980
  19. 梶原緋佐子(かじわらひさこ) 1896-1988
  20. 勝田哲(かつだてつ) 1896-1980
  21. 金島桂華(かなしまけいか) 1892-1974
  22. 神坂雪佳(かみさかせっか) 1866-1942
  23. 菊池契月(きくちけいげつ) 1879-1955
  24. 菊池隆志(きくちたかし) 1911-1982
  25. 喜多川玲明(きたがわれいめい) 1900-1940
  26. 北沢映月(きたざわえいげつ) 1907-1989
  27. 北野恒富(きたのつねとみ) 1880-1947
  28. 木村斯光(きむらしこう) 1895-1976
  29. 幸野楳嶺(こうのばいれい) 1844-1895
  30. 木島桜谷(このしまおうこく) 1877-1938
  31. 小林柯白(こばやしかはく) 1896-1943
  32. 小松均(こまつひとし) 1902-1989
  33. 近藤浩一路(こんどうこういちろう) 1884-1962
  34. 佐藤光華(さとうこうか) 1897-1944
  35. 竹内栖鳳(たけうちせいほう) 1864-1942
  36. 田代正子(たしろまさこ) 1913-1995
  37. 谷口香きょう(たにぐちこうきょう) 1864-1915
  38. 玉城末一(たまきすえかず) 1897-1943
  39. 千種掃雲(もぐさそううん) 1873-1944
  40. 土田麦僊(つちだばくせん) 1887-1936
  41. 寺島紫明(てらしましめい) 1892-1975
  42. 堂本印象(どうもといんしょう) 1891-1975
  43. 中川伊作(なかがわいさく) 1899-2000
  44. 中瀬昴(なかせたかし) 1910-1962
  45. 中村大三郎(なかむらだいざぶろう) 1898-1947
  46. 西綾女(にしあやめ) 1903-1989
  47. 西垣籌一(にしがきちゅういち) 1912-2000
  48. 西山翠嶂(にしやますいしょう) 1879-1958
  49. 丹羽阿樹子(にわあきこ) 1900-1988
  50. 野長瀬晩花(のながせばんか) 1889-1964
  51. 橋本関雪(ほしもとかんせつ) 1883-1945
  52. 橋本明治(はしもとめいじ) 1904-1991
  53. 秦テルヲ(はだてるを) 1887-1945
  54. 林司馬(はやししめ) 1906-1985
  55. 樋口富麻呂(ひぐちとみまろ) 1898-1981
  56. 広田多津(ひろたたつ) 1904-1990
  57. 不二木阿古(ふじきあこ) 1896-1943
  58. 堀井香坡(ほりいこうは) 1897-1990
  59. 前田青邨(まえだせいそん) 1885-1977
  60. まつ本一洋(まつもといちよう) 1893-1952
  61. まつ本武雄(まつもとたけお) 1901-1996
  62. 三谷十糸子(みたにとしこ) 1904-1992
  63. 三畠上龍(みはたじょうりゅう) 不明
  64. 三宅鳳白(みやけこうはく) 1893-1957
  65. 三輪晁勢(みわちょうせい) 1901-1983
  66. 三輪良平(みわりょうへい) 1929-2011
  67. 向井久万(むかいくま) 1908-1987
  68. 森守明(もりしゅめい) 1892-1951
  69. 由里本景子(ゆりもとけいこ) 1906-2000
  70. 吉原真龍(よしわらしんりゅう) 1804-1856
  71. 若松緑(わかまつみどり) 1905-1933

京の美人画 100年の系譜 -京都市美術館名品集

監修: 京都市美術館
出版社: 青幻舎