吸収性に優れたクリーニングクロスを購入

雨の日や水しぶきが付きやすい場所での撮影のために、HAKUBAから販売されている厚手のクリーニングクロス、トレシーニューソフト L ライトグリーンを購入しました。

HAKUBA トレシーニューソフト L ライトグリーン KTR-G24

汚れを取る

パッケージに書いてあった説明によると2ミクロンのマイクロファイバーがミクロのゴミや油膜汚れも取り除くとのことですが、さすがにそこまでは感覚としてわからないです。通常のクリーニングクロスと同じようにキレイに汚れを落としてくれます。ただしクロスを触ってみると他のクリーニングクロスよりもちょっとだけザラザラした感覚があります。これがマイクロファイバーの特徴なのでしょうか?

吸収性

吸水性がいいのでレンズについた水滴を取るのに最適ですね。またLサイズは30cm X 30cmと大きいのでちょっとした雨の日の撮影でも使えそうです。さすがにドシャ降りの雨や滝のような場所ではこのクロスが何枚あっても足りないでしょう。

厚手

厚手と書いてありますが、タオル生地のように厚いのではなく、通常のクリーニングクロスよりも多少厚い程度です。私の印象としては通常のクリーニングクロスを2、3枚くらい重ねた感じの厚さです。なので他の用途には適さないでしょう。

洗濯して繰り返し使える

洗濯すれば拭き取り効果が回復するというので、カメラレンズ以外のモノにも使用しています。パソコンのモニターを掃除するとかなり汚れてしまうと思うので、クロスを洗濯できるのはありがたいです。

ブロアーの購入を失敗・・・再度買い直す

ゴム製ブロアーの悪臭に悩まされる

最近ゴム製のブロアーを購入しました。使い勝手や機能に問題はなかったのですが、ゴムの臭いが強すぎて使用することをあきらめました。
ブロアーを放置しているだけでもゴムの臭いが伝わってくるし、ブローなどしたらもう大変、部屋中にゴムの臭いがまき散らされてしまいます。気分が悪くなるほどの悪臭なので、買い直すことにしました。

シリコン製ブロアーを発見

新しいブロアーを買いにカメラ店に行くと、「ゴム臭さを大幅軽減」と書かれたシリコン製ブロアーを発見しました。やはりブロアーのゴム臭さに悩む人は多いのでしょう。

私が購入したのはHAKUBAから発売されているシリコンブロアー CP。オシャレなことにオレンジ、パープル、オリーブなど色が選べます。私はカバンの中に入れた時に見つけやすいようにオレンジ色を選択しました(2015年03月18日現在 Amazon.co.jpではオレンジが販売されてないようです)。私のカメラカバンの中には常にぐちゃぐちゃですし、カメラ製品は黒いモノばかりですから、目立つ色の製品を購入してみました。

HAKUBA シリコン ブロアー CP オリーブ KMC-42CP-OV

またAmazon.co.jpで製品の情報を確認したところ、ノズルの先が短いタイプも販売されているようです。外寸法 : L93×直径42mmと書かれていますから、私が購入したブロアーよりも圧縮するシリコンの部分が小さいようです。

臭いの問題解決

シリコン製なのでシリコン部分に鼻を近づけて臭いを嗅いでも臭いはしないし、ブローした空気も臭いがしないので快適に使えるようになりました。

使用した感想

シリコンブロアーを握った感じは最初に購入したゴム製ブロアーよりも柔らかいです。風量はゴム製ブロアーよりも若干弱めです。調べてみると、私の持っているゴム製ブロアーの吹き出し口が直径1mmなのに対して、シリコンブロアーCPの吹き出し口は直径3mmでした。私としては問題がない風量だと思っています。

少し気になった点

シリコン製の部分にゴミが付きやすいです。購入して数時間後にはいろいろなものが吸着していました。定期的に汚れをとってあげる必要がありそうです。

保存の注意点

プラスチックに長時間接触させると溶着する恐れがあるとパッケージに書かれてます。保存する時は気をつけたほうがいいでしょう。

まとめ

ゴム製よりも風量が少し弱くなるかもしれませんが、臭いがしないので室内で使えますし、テーブルの上に置いても臭いが伝わってこないので実用的だと思います。ただしシリコンにゴミが付きやすいので使用後はゴミがつかないような場所で保存したり、定期的に汚れを落としてあげる必要がありますが、私としては満足できる商品だと思っています。

ブロワーブラシのブラシ部分は取り外し可能でした

女性のためのカメラレッスン―すてきな写真が撮れる!というタイトルの本を読んでいると、カメラの手入れと保管の仕方のコラムに、ブロアーブラシの使い方が書いてありました。

なんとブラシ部分が取り外し可能たっだのですね。全く気が付きませんでしたw。このコラムを見たおかげで、やっとブラシ部分が青色で強調されている意味が分かりました。また、Kenko 手入れ 保管 管理用品 レンズクリーニング8点セットの箱に描いてあったイラストのブラシ部分がへこんでいる理由もわかりました。ブラシがちょっとだけ外れていることを表現しているのですねwww。

これでブラシ部分を取り外し、ホコリに近い位置から風を送ることができるようになりました。初心者はこんな簡単なことでも意外と気が付かないものですwww。

取り外したブラシ部分を元の位置にはめるには、かなり固いので、ねじりながら押し込むといいようです

Kenko カメラクリーニング8点セット 購入

Kenko カメラクリーニング8点セット 購入

カメラのレンズを取り換えたり、保護用フィルターを取り付けたりしてるうちにウッカリレンズを触ってしまいました。それだけでなくカメラの中にもホコリが入ったのでKenko カメラクリーニング8点セットを購入しました。

Kenko 手入れ 保管 管理用品 レンズクリーニング8点セット

どのようにカメラのクリーニングをしたらよいのかわからなかったので、道具の多い8点セットを選びました。

8点セットの内容
ブロワーブラシ
レンズクリーナー液
ハイテククロス
ハイテククリーニングペーパー
綿棒
精密ドライバー
ブラシ
ピンセット

綿棒、ピンセット、精密ドライバーはすでに持っていたので、正直4点セットでよかったかもしれません。ブラシは縦一列に毛が並べられたやわらかめ歯ブラシといった感じでした。

Kenko 手入れ 保管 管理用品 レンズクリーニング4点セット

4点セットの内容
ブロワーブラシ
レンズクリーナー液
ハイテククロス
ハイテククリーニングペーパー

セットについていたブロワーブラシでも問題はないと思いました。ちゃんと風が出ています。しかし、押した感じが柔らかく、フガフガした音が心地よいとは言えません。そんなつまらないことにこだわる必要は無いのですが、ホコリをガンガン飛ばしている感覚を味わいたいので、後でもっと大きいブロワーも購入しようと考えています。どう考えてもお金の無駄遣いでしかないことはわかってますけどね・・・。