Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 IIを使ってみた

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 IIを購入してみました。ダブルズームキットを購入したばかりの一眼レフ入門者が次に購入するレンズとして最適です。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

Canon EF50mm F1.8 IIは値段が安い

Canon EF50mm F1.8 IIは値段が1万円を切る価格で販売されているので、最初に購入したい交換レンズです。

ボディーはプラスチック製

値段が安い理由のひとつとしてボディーがプラスチック製です。見ていただいても、触っていただいても安そうなボディーをしています(笑)。しかしφ68.2mm×41mmという小さいサイズ。重さは130gなのでコンパクトです。このサイズならば外での撮影でも気軽に持ち運びできます。

オートフォーカス機能も付き

あまりに値段が安いので「オートフォーカス機能がついてないのか?」と思ってしまいましたが、オートフォーカス機能もバッチリ付いています(笑)。ボディーの側面にオートフォーカス、もしくはマニュアルフォーカスを選択するスイッチがついています。

イメージスタビライザー機能は無い

ISレンズではないので手ぶれ補正はできません。正しい姿勢での撮影を心がける必要があります。

ズームはできません

単焦点レンズなのでズームはできません。しかし標準レンズなので普通の画角で撮影できます。ただし私のようにAPS-Cサイズのセンサーを使っている人(EOS kiss、7D、60D、70Dユーザー)は35mm判換算で80mm相当の画角になります。被写体に近づいたり、離れたりしながら撮影するしかないので、上達するトレーニングになると思います。

F1.8なので明るい

F1.8なので明るく、ボケをうまく活用することができます。

Matt GrangerさんがCanonの50mmレンズ(EF50mm F1.8 II、EF50mm F1.4 USM、EF50mm F1.2L USM)の比較を解説してくれています。イチバン性能がいいレンズはEF50mm F1.2L USMであることは明白ですが、EF50mm F1.8 IIもなかなかいいレンズだということがわかります。Mattさん Thank you!

まとめ:入門者のトレーニングには最適なレンズ

上記の記述を読まれた方は「EF50mm F1.8 IIは安いだけで使いにくいレンズなのでは?」と思われた方もいるかと思います。しかし、そのシンプルな機能だからこそ、このEF50mm F1.8 IIは入門者のトレーニングに最適なレンズになると思います。確かに入門者がEF50mm F1.8 IIを使いこなせるようになるには時間がかかるでしょう。でも、ここで悩んだ経験は必ず活きてきます。ある日とつぜん感覚的に絞りやシャッタースピードなどの基本機能を使いこなせるようになっていると思います。気長に遊ぶつもりでEF50mm F1.8 IIを使い続けてみてください。

52mmのレンズ保護フィルターも購入

HAKUBAのレンズ保護フィルター XC-PRO エクストリームレンズガード 52mmを購入し、装着しています。安いレンズなので保護フィルターの必要性は低いかもしれませんが、万が一にもレンズを壊してしまったら悲しいですからね。

HAKUBA フィルター XC-PRO 高透過率 撥水 レンズガード 52mm CF-XCPRLG52

追記:Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM 発売

新しいモデル Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STMが発売されています。ステッピングモーターが採用され、7枚羽根に変更されています。ちなみにフィルター径は49mmです。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

新品の一眼レフを使いはじめる前に、レンズ保護フィルター購入

一眼レフ購入と同時にレンズ保護フィルターを購入

私のようなカメラ初心者がウキウキ気分で新品の一眼レフをいじるのはかなり危険なので、Canon 70D ダブルズームキット購入と同時にレンズ保護フィルターを購入しました。私にはバカバカしい失敗でコンパクトデジカメを3台も破壊してきた実績がありますから、最低限の対策はすぐにしておこうと思いました。

レンズのサイズに合ったレンズ保護フィルターを選ぶ

レンズ保護フィルターは使用するレンズのサイズ(フィルター径)に合ったモノを選びます。まずは自分の使用しているレンズのサイズ(フィルター径)を確認します。例えばCanon 70D ダブルズームキットの場合はレンズの正面の縁にΦ58mmとレンズのサイズ(フィルター径)が書いてあります。(EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STMEF-S55-250mm F4-5.6 IS STM両方ともΦ58mmです。)レンズのサイズ(フィルター径)がどこに書いてあるのかわからない場合は使用しているレンズメーカーのWEBサイトで確認してください。

Marumiの2枚入りのレンズ保護フィルターを選んだ理由

今回は値段の安いMarumiの2枚入りのレンズ保護フィルター DHGレンズプロテクト Wパック58mmを購入しました。なんとAmazonの場合、2枚で4000円しないプライス!初心者なのでレンズ保護フィルターですら壊してしまうのではないか?という不安があったので、この商品に決定しました。もし気に入らなかったら買い直してもいい値段ですし・・・その時はレンズ保護フィルターの違いがわかる男としてレベルが上がったと自分をほめてあげようと思います。ホンネは痛い出費になってしまいますが。

MARUMI カメラ用フィルター 保護用フィルター 58 mm 無色透明 DHGレンズプロテクト 501033

レンズ保護フィルターをつけて撮影した感想

保護フィルターを装着して写真を撮ってみた感想ですが、初心者なので違いがわからない・・・これは問題は無いと言ってしまっていいのかなぁ?とりあえずレンズを保護しているという安心感で満足しているレベルです(レビューになってなくてスイマセン)。

チリやホコリがレンズ保護フィルターに付いた場合

レンズ保護フィルターを購入する時に衝撃からの保護についてばかり考えていて、チリやホコリからの保護については全く考えていませんでした。どんなにいいレンズを使っていてもフィルターがチリやホコリで汚れていたら写真が台無しですから・・・。

DHGレンズプロテクトでは通常のチリやホコリがフィルターについた場合はブロアーで簡単に取ることができました。ただし静電気を持ったゴミが付いた場合はブロアーでは取れず、クロスで拭き取ってもゴミが動くだけで取れませんでした。最終的にクロスでゴミはさむようにしてやっと取ることができました。チリやホコリからレンズを保護するならば帯電防止コーティングされたEXUS レンズプロテクトを使用したほうがいいでしょう。

MARUMI カメラ用 フィルター EXUSLPT58 58mm 91091
注意:リンクしている商品のサイズはΦ58mmです。Amazonで購入する場合はレンズのサイズ(フィルター径)の選択欄があるので、そこから購入するサイズを選択してください。

追記:UVカットフィルターをレンズ保護フィルターとして使用する方法もある

書籍『デジカメ撮り方便利帳―すばやく引ける!じょうずに撮れる!』では紫外線をカットするUVカットフィルターを保護フィルターとして使う方法もあると書いてありました。またLynda.comのチュートリアルでも同じように紹介されていました。

また書籍『デジタルフォト達人への道 1』によると、アメリカではUVカットフィルターを使用するケースが多いとのこと。しかし日本ではレンズ保護フィルターを使用する人が多く、UVカットフィルターは風景写真を撮るときのみ使用しているとのことです。