カテゴリー
美術館&博物館

奇想の画家 伊藤若冲の展覧会『生誕300年記念 若冲展』

伊藤若冲の生誕300年を記念して『生誕300年記念 若冲展』が2016年4月22日から開催されています。

『生誕300年記念 若冲展』

東京都美術館にて伊藤若冲の作品を集めた展示会『生誕300年記念 若冲展』が開催されています。宮内庁三の丸尚蔵館が所蔵する「動植綵絵」30幅、相国寺の所蔵する「釈迦三尊像」3幅、MIHO MUSEUMの所蔵する『象と鯨図屏風』など、伊藤若冲の作品が国内外から集められています。

PDF形式の作品リストはこちらのリンクから参照できます。

場所 東京都美術館
開催期間 2016年4月22日(金)~5月24日(火)
開室時間 9:30~17:30(入室は閉室の30分前まで)
夜間開室 毎週金曜日は9:30~20:00(入室は閉室の30分前まで)

奇想の画家 伊藤若冲

美術史の脇役的な存在でしかなかった伊藤若冲を取り上げたのが美術史家の辻惟雄さんです。書籍『奇想の系譜』にて取り上げた若冲に関する短い記事が、時間をかけながらも、このようなムーブメントを作り出したのだからすごい功績です。日本文化の価値観を変えた記念すべき書籍と言っても過言ではないと思います。なので『若冲展』を見にいく前に、若冲の章だけでもいいので読んでおくことをおすすめします。若冲の作品だけでなく、奇跡のようなストーリーを持ったこの展覧会そのものを楽しむことができると思います。

書籍『ギョッとする江戸の絵画』はNHKの番組「知るを楽しむ この人この世界」のテキストとして刊行された冊子をベースに加筆された書籍です。書籍『奇想の系譜』の拡張版と言った感じです。

奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)

奇想の発見: ある美術史家の回想

ギョッとする江戸の絵画

伊藤若冲の書籍

今や人気の画家・伊藤若冲なので、さまざまな書籍が出版されています。辻惟雄さんの書籍をいくつかピックアップしてみました。

若冲ワンダフルワールド (とんぼの本)

若冲 (講談社学術文庫)

若冲原寸美術館 100%Jakuchu! (100% ART MUSEUM)

カテゴリー
美術館&博物館

世界のミュージアム・ランキング Top 20

AECOMのWebサイトにTEA and AECOMによる『2014年のテーマパークとミュージアムのインデックスレポート(PDF)』がアップロードされました。このレポートは3つのジャンル(テーマパーク、ウォーターパーク、ミュージアム)についてランキングをしています。また地域別ランキングやレポートも掲載されていますので、興味のある方はぜひ読まれるといいでしょう。

2014年の入場者数ランキング

このレポートは入場者数でランキングしています。よって美術館の価値を決めるものではありません。また入場料が無料の美術館もあるので単純に入場者数が多いからと言って収益がある美術館だとは言えません。

ミュージアムのランキング Top20

Top20にランクインした国を見るとアメリカ、イギリス、フランス、バチカン、中国、台湾、韓国(順不同)のミュージアムで占められています。ランクインしている大半のミュージアムが入場料無料であるにも関わらず、不動の1位はルーブル美術館が獲得しています。入場料が有料であるにも関わらず、すごい人気です。

  1. ルーヴル美術館 (フランス/パリ) 有料
  2. 中国国家博物館 (中国/北京) 無料
  3. 国立自然史博物館 (アメリカ/ワシントンD.C.) 無料
  4. 国立航空宇宙博物館 (アメリカ/ワシントンD.C.) 無料
  5. 大英博物館 (イギリス/ロンドン) 無料
  6. ナショナル・ギャラリー (イギリス/ロンドン) 無料
  7. メトロポリタン美術館 (アメリカ/ニューヨーク) 有料
  8. バチカン美術館 (バチカン/バチカン) 有料
  9. テート・モダン (イギリス/ロンドン) 無料
  10. 故宮博物院 (台湾/台北) 有料
  11. ロンドン自然史博物館 (イギリス/ロンドン) 無料
  12. アメリカ自然史博物館 (アメリカ/ニューヨーク) 有料
  13. 上海科学技術館 (中国/上海) 有料
  14. 国立アメリカ歴史博物館 (アメリカ/ワシントンD.C.) 無料
  15. ナショナル・ギャラリー・オブ・アート (アメリカ/ワシントンD.C.) 無料
  16. 韓国国立中央博物館 (韓国/ソウル) 無料
  17. オルセー美術館 (フランス/パリ) 有料
  18. ポンピドゥー・センター (フランス/パリ) 有料
  19. サイエンス・ミュージアム (イギリス/ロンドン) 無料
  20. 韓国国立民俗博物館 (韓国/ソウル) 無料

日本のミュージアムのランキング

残念ながら日本のミュージアムは世界のTop20にランクインしていません。しかしアジア・パシフィック地域のランキング(PDFで35ページ)を見ると10位に国立新美術館、17位に東京国立博物館、18位に国立科学博物館がランクインしています。

アジア・パシフィック地域の有料ミュージアム・ランキングを作ってみた

ここでもやはり入場料無料のミュージアムが多くランキングしているので、アジア・パシフィック地域の有料ミュージアムだけのランキングを作ってみました。

  1. 故宮博物院 (台湾/台北)
  2. 上海科学技術館 (中国/上海)
  3. 中国科学技術館 (中国/北京)
  4. 国立自然科学博物館 (台湾/台中)
  5. 国立新美術館 (日本/東京)
  6. 香港科学館 (香港)
  7. 国立科学工藝博物館 (台湾/高雄市)
  8. 東京国立博物館 (日本/東京)
  9. 国立科学博物館 (日本/東京)

アジア・パシフィック地域の入場料が有料のミュージアムだけでランキングを作り直してみると、5位に国立新美術館、8位に東京国立博物館、9位に国立科学博物館となりました。これならば日本のミュージアムも頑張っていると言ってもいいのではないでしょうか?今後も日本文化を広めるために、ぜひ頑張ってほしいですね。

カテゴリー
美術館&博物館

国立新美術館にて『ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展』が開催されます

国立新美術館で素敵なチラシを見つけたので手に取ってみると、国立新美術館で開催される予定の『ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展』のチラシでした。どうやら2015年6月24日(水)~8月31日(月) まで開催されるそうです。この企画展のようにマンガやアニメ、ゲームなどのカルチャーが美術として評価されるようになったことは、今後の日本にとって意義あることだと思います。

手塚治虫さんが亡くなった1989年以降に焦点をあてた展示

手塚治虫さんが亡くなった1989年以降の25年間に焦点をあて、日本のマンガ、アニメ、ゲームを概観する展示となるそうです。今回の展示会のように現在進行形のテーマを扱うことは来場者に影響を与えるだけでなく、現在頑張って制作している作家さんたちにもいい影響を与えるのではないでしょうか?

8つの章に分けた展示構成

展示は8つ章(テーマ)に分けて構成されます。マンガ、アニメ、ゲームだけの視点でなく、テクノロジーやインターネット、コミュニケーションなどの視点も踏まえて企画されるようなので、25年間の変遷を考えさせられるものになりそうです。

  • 第1章:現代のヒーロー&ヒロイン
  • 第2章:テクノロジーが描く「リアリティー」―作品世界と視覚表現
  • 第3章:ネット社会が生み出したもの
  • 第4章:出会う、集まる―「場」としてのゲーム
  • 第5章:キャラクターが生きる=「世界」
  • 第6章:交差する「日常」と「非日常」
  • 第7章:現実とのリンク
  • 第8章:作り手の「手業」

ニッポンのマンガ*アニメ*ゲーム展の情報

会場:国立新美術館 企画展示室1E
期間:2015年6月24日(水)~8月31日(月)
開館時間:10:00~18:00 金曜日は20:00まで入館は閉館の30分前まで)
休館日:毎週火曜日休館
展覧会公式書籍を発売予定

カテゴリー
美術館&博物館

『大河原邦男展』と『蒼樹うめ展』@上野の森美術館

上野の森美術館ではアニメと漫画の展覧会を定期的に開催

上野の森美術館は幅広い美術の展覧会を開催するとともに、日本のアニメや漫画のような新しい表現も積極的に取り上げています。昨年末に開催された『進撃の巨人展』は長蛇の列ができるほどの人気がありました。壁面に大きく設置された『進撃の巨人』看板もカッコよかったです。このような展示会はアートになじみがない人でも「アートってなんだろう?」と考える機会になるので、アニメ業界のみならずアート業界にとっても良い効果があると思います。

大河原邦男展と蒼樹うめ展

今年の夏は『メカニックデザイナー 大河原邦男展』が開催されます。ガンダム、ダグラム、ボトムズなど数え上げたらきりがないほどロボットデザインを制作してきた大河原邦男さんの展覧会なので、たくさんの作品が公開されると思います。放映されなかったアニメのデザインも公開するそうなので楽しみですね。

『大河原邦男展』が終わったら、すぐに『蒼樹うめ展』が開催されます。開催期間が短いので注意してください。この展示会も未公開の設定資料や漫画原稿、描き下ろしの新作などが公開されるそうです。蒼樹うめさんの描くキャラクターは明るく楽しそうな雰囲気があるので、見ているだけで幸せな感じが伝わってきます。こちらの展示会の公開も待ち遠しいですね。

メカニックデザイナー大河原邦男展

上野の森美術館 メカニックデザイナー大河原邦男展の特設サイト
期間:2015年8月8日(土)から9月27日(日)
開館時間:午前10時から午後5時(入館は閉館の30分前まで)
展覧会限定オリジナルグッズ販売予定

メカニックデザイナー 大河原邦男展 記者発表映像

蒼樹うめ展

上野の森美術館 蒼樹うめ展のサイト
期間:2015年10月3日(土)から12日(月・祝)
開館時間:午前10時から午後5時(入館は閉館の30分前まで)
展覧会限定オリジナルグッズ販売予定

カテゴリー
美術館&博物館

ティム・バートンの世界展が開催中

ティム・バートンの世界展が森アーツセンターギャラリーにて2014年11月1日から2015年1月4日まで開催されています。その後グランフロント大阪北館 ナレッジキャピタル イベントラボにて2015年2月27日から4月19日まで開催予定です。

このティム・バートンの展覧会はニューヨークのMoMAからスタートし、メルボルン、トロント、ロサンゼルス、パリ、ソウルで開催され、とうとう日本にやってきました。映画監督ティム・バートンのファンは必見の展覧会です。(この記事のアイキャッチ画像に使用しているのはロサンゼルスのLACMAにて開催されてた時の写真です)

ティム・バートンのスケッチや映画で使用された人形などを中心に展示されています。MoMAにて開催された時の出展リストを見てもらえればわかると思いますが、作品の数が多いです。(PDFで101ページあります)私が初めて見た時、展覧会の規模を知らなかったので最初から気合を入れてみてしまいました。その結果、最後の方は作品の数とパワーに圧倒され、疲れ切ってしまいましたwww。なので十分満足できる展覧会だと思います。

MoMAのティム・バートンのサイトも趣向を凝らしていますが、ティム・バートンのサイトも凝った作りになっているので、ぜひチェックしてみてください。家にいながらでもティム・バートンの世界が堪能できますよ。

カテゴリー
美術館&博物館

ホドラー展を見に行ってきました

19世紀末のスイスで活躍した画家フェルディナント・ホドラーの展覧会を見に行ってきました。この聯覧回は国立西洋美術館にて2014年10月7~2015年1月12日まで開催され、そのあと2015年1月24日~4月5日まで兵庫県立美術館にて開催される予定です。

国立西洋美術館 フェルディナント・ホドラー展
2014年10月7~2015年1月12日まで

兵庫県立美術館
2015年1月24日~4月5日まで

この展覧会は生涯をかけて制作したホドラーの作品105点で構成されています。初期の写実主義で描かれた風景画や人物画からホドラー独自の表現が確立されるまでの過程がわかるとともに、下絵なども展示してあるのでホドラーの制作意図がより一層わかると思います。また多くの作品には19世紀末美術の要素がふんだんに織り込まれているので、その当時の雰囲気が伝わってきます。

ホドラーが追及した身体運動の描写力は、スイスの紙幣となった『木を伐る人』を見てもらえば一目瞭然だと思います。「感情Ⅲ」、「悦ばしき女」、「恍惚とした女」などの他の人物画も固定されたイメージであるはずなのに、前後の動きを感じてしまうから不思議です。

詳しくはフェルディナント・ホドラー展の特設サイトにて解説されてますので、ホドラーのことを知りたい人はぜひ読まれてから展覧会に足を運んでみるといいと思います。