カテゴリー
アクリル画

アクリル画の制作方法を3つのポイントに絞り込んだ入門書『絵画の教科書・アクリル画編』

下地、明暗法、絵具・画材の3つのポイントに解説を絞り込んで書かれたアクリル画の入門書『絵画の教科書・アクリル画編』を読んでみました。これからアクリル画を使いはじめてみたいと思う人や、明暗法を理解したい人におすすめの書籍です。

3つのポイントに絞り込まれた内容

古山浩一さんの著書『絵画の教科書・アクリル画編』はページ数が87ページほどの入門書なのでサッと読むことができます。ページ数は少ない理由は下地、明暗法、絵具・画材の3つのポイントに焦点をあてて解説しているので、アクリル絵具の入門者であっても簡単に理解し、実際に使うことがでるように構成されているからです。「どのように使ったらいいのかわからないテクニック」などはあえて掲載していないので、独学で絵を学びはじめる人でも学習することができると思います。

絵画の教科書・アクリル画編

チャプター1:下地

8種類の下地の作り方を解説しています。下地が違えば絵の表現も大きく違ってきますので簡単なものから少しずつチャレンジするといいでしょう。

チャプター2:明暗法

明暗法の基礎をわかりやすく解説しています。特にコントラストを使ったテクニック(視覚的トリック)は重要なのでP31の立方体は実際に描いてみると理解が深まると思います。また明暗法を元にグリザイユ技法、カマイユ技法への応用も解説されているので色彩についても学べるように書かれています。

チャプター3:絵具・画材

筆、ペインティングナイフ、絵の具についての選び方から、使い方まで解説されています。これからアクリル画にチャレンジしたいと考えている人はこの書籍を持って画材屋さんに行き、店員さんに相談しながら購入するといいと思います。親切な店員さんならば必要な画材をすべてそろえてくれるでしょう。

その他のチャプター

人物画と静物画の描き方を解説したチャプターが掲載されています。どちらのチャプターも明暗法を使った描き方にポイントをしぼっているので、これからアクリル画にチャレンジしたい人が読んても理解しやすいと思います。

入門書を読んだら

入門書『絵画の教科書・アクリル画編』を読んだらすぐに画材屋さんに行って道具をそろえることをおすすめします。やる気になった時に行動しないとなかなか新しい趣味は始めることができません。また絵を描いたり、物を作ったりする趣味は頭で理解しただけでは全く役に立ちません。この本で学んだことを実際にチャレンジし、体験を通して習得することが一番重要です。

絵画の教科書・アクリル画編
出版社: 芸術新聞社
著者: 古山浩一

カテゴリー
テクニック&トレーニング

人体を立方図形に見立てて描く手法を解説した本『マイケル・ハンプトンの人体の描き方』

マイケル・ハンプトンさんの著書『Figure Drawing: Design and Invention 』がついに日本語に翻訳されました。日本語タイトルは『マイケル・ハンプトンの人体の描き方』です。上の写真は私の持っている古いバージョンの表紙です。

人体を立体図形に見立てて描く手法

人体デッサンを描く手法はいろいろありますが、そのうちの手法のひとつとして人体を立方体や球体などの立体図形に見立てて描く手法があります。例えば頭部を球体、胴体を円柱、腰を立方体などの立体図形として見立てることで、大まかな人体のボリュームを決めることができます。なので通常は下描きの段階で使われることが多い手法だと思います。

人体を3次元的にとらえる書籍『マイケル・ハンプトンの人体の描き方』

書籍『マイケル・ハンプトンの人体の描き方』ではジェスチャードローイングの段階から解説しているので初心者から学習できます。この本の特徴は身体の各パーツを頭の中で立体として認識してから描く手法なので、絵を描く人よりも彫刻、3D-CG、CADなどになじみがある人の思考方法に近いです。なので人体だけでなく3次元的に物をとらえる訓練にもなります。

また解剖学を勉強してもすぐに応用するのは難しいので、解剖学を応用した書き方の最初のステップとしても効果的な本だと思います。


マイケル・ハンプトンの人体の描き方: 躍動感をとらえるアナトミーとデザイン

筋肉のグループごとに分解して立体図形化

人体の立体図形化と各立体図形を滑らかに結合する方法を学んだあとは、頭部、胴体、腕などの各部位ごとに学習をします。この段階に入ると人体を筋肉の塊ごとに分解して立体図形化するので、筋肉の構造や身体の動きを表現することができるよになります。

この手法は筋肉をグループごとに分割し、積み木のように組み立て直している感覚に近いので、人体を2次元的考えるのではなく3次元的に考えて描く訓練になると思われます。なので粘土や3D-CGでモデリングしている人にはなじみやすく、制作に活用しやすいかもしれません。

イメージだけで人体を描く時に重宝する手法

ポーズ集などの資料を見ながら描く場合や、何も見ないでイメージだけで人体を描く場合にマイケル・ハンプトンさんの手法は重宝すると思います。人体の構造を3次元的に考えながら描くことで、アクションシーンのような動きのある人体表現を正確に描くことができ、筋肉や関節の表現も自分のイメージに合わせて強調することができます。

またジャック・ハムさんの書籍『人体のデッサン技法』に書いてある比率を使った描き方やアドバイスを3次元的に応用することで、さらに人体の構造をとらえやすくなるでしょう。


人体のデッサン技法

解剖学の知識を制作への応用するための最初のステップとして

書籍『マイケル・ハンプトンの人体の描き方』は書籍『アーティストのための美術解剖学』と共に学習すると理解しやすいかもしれません。純粋に解剖学の知識を活用しようとすると人体の構造があまりにも複雑すぎるて制作に応用することが難しいです。しかしマイケル・ハンプトンさんの手法を使えば複雑に重なった筋肉をグループにまとめ、簡略化するので制作に応用しやすいと思われます。

アーティストのための美術解剖学―デッサン・漫画・アニメーション・彫刻など、人体表現、生体観察をするすべての人に

モデルさんを目のまえにしてデッサンする時にはあまり使わないかも?

目の前でモデルさんをデッサンする時はマイケル・ハンプトンさんの手法を使う人は少ないと思われます。なぜなら目のまえにいるモデルさんを観察して描けば問題なく描けるからです。また人体デッサンは時間が限られているので、わざわざ筋肉の構造はから立体図形で考えている時間はなかなかとれません。あえてこの技法を使うとするならば、部分的に筋肉や関節などを誇張して描かなくてはならない時などに有効かもしれません。

さまざまな手法のひとつとして活用する

マイケル・ハンプトンさんの書籍『マイケル・ハンプトンの人体の描き方』はあくまで人体を描くための手法のひとつです。なのでこの手法を「活用するか?活用しないか?」は各自の制作過程によって大きく異なると思います。実際にモデルさんを前にしてデッサンする時はほとんど必要性はありませんが、ポーズを参考にしたり、何も見ないで描く時などは重宝する手法だと思います。また被写体を3次元的にとらえる訓練や、解剖学を応用する最初のステップとしてもこの書籍は役立つと思われます。

カテゴリー
テクニック&トレーニング

夢中でやり続けることの大切さを学べる大河原 邦男さんの著書『メカニックデザイナーの仕事論』

ガンダムやヤッターマンなど日本を代表するロボットアニメのメカニックデザインを手掛けてきた大河原 邦男さんの著書『メカニックデザイナーの仕事論』を読みました。

大河原 邦男さんの著書『メカニックデザイナーの仕事論』

メカニックデザイナーとして大河原 邦男さんが作り出したロボットのデザインを紹介しながら、デザイン手法、当時のプロジェクトの状況などを解説している本が『メカニックデザイナーの仕事論』です。

中盤には仕事論についてまとめている章があるので、アーティストやデザイナーはもちろんのこと、ものつくりに関わるビジネスマンが読んでも為になると思います。

最終章には中村光毅さん、安彦良和さん、富野由悠季さん、手塚治虫さんについて書かれており、人との出会いの重要性を論じています。

メカニックデザイナーの仕事論 ヤッターマン、ガンダムを描いた職人 (光文社新書)

作品も豊富に掲載

昔のアニメに詳しくない人が読んでも大丈夫なように、大河原 邦男さんが描いた作品がたくさん掲載されています。また作品が掲載されているおかげで、大河原 邦男さんがどのように考えてデザインしているのかよくわかります。ただし文庫本なので画集のようにまとめられた本ではありません。

偶然メカニックデザイナーになった話

大河原 邦男さんの仕事論の前提として、偶然たどり着いた仕事がアニメであり、担当したプロジェクトがヒットを連発してメカニックデザイナーという仕事が生まれたという状況だったようです。また大河原 邦男さんはアニメファンではなく、メカ好きだったことがメカニックデザイナーとして独自の道を切り開いてこれたと、ご自身について分析しています。なのでアニメファンやメカニックデザイナーになりたいという人以外が読んでも楽しめます。

仕事論

基本的にはアニメーションやメカニックデザイナーの仕事論やアドバイスが書かれてありますが、営業マンとしての経験がある大河原 邦男さんなので、ものつくりに関わる人やビジネスマンが読んでも役に立つと思います。

特に「アーティストではなく職人として仕事に関わる姿勢」を持つことでチームプレイヤーとしてプロジェクトに関わることの重要性や、玩具メーカーとアニメーションスタジオの双方を納得させる営業論などは、自分の立場に置き換えて考えてみると改めて学べるところがあるのではないでしょうか?

夢中でやり続けることの大切さ

「あとがき」には趣味のものつくりが高じて自宅を町工場のようにしてしまった話が書かれています。この話は「仕事のために」ではなく、自分の好きなことを夢中でやり続けることの大切さを教えてくれます。これから何か趣味をはじめたいと思っている人たちや、趣味でものつくりやアートを制作している人たちが読むと励まされると思います。

カテゴリー
テクニック&トレーニング

自己啓発やオカルトの本ではない・・・ちゃんとした美術の入門書『脳の右側で描け』(笑)

『右脳と左脳を使ったトレーニング』と書くと、かなり怪しいセミナーのトレーニングと勘違いされるかもしれません。しかし書籍『脳の右側で描け』はちゃんとした美術の入門書です(笑)。

なので急に予知能力が身についたり、透視能力が身につくことはありません。ましてや映画『超能力学園Z』のような事は起こせませんから、安心してトレーニングに挑戦できます(笑)。


決定版 脳の右側で描け

絵が描けない人たちのために開発された学習プログラム

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で教鞭をとっていたベティ・エドワーズさんが開発した学習プログラムを書籍にしたのが『脳の右側で描け』です。この学習プログラムは「絵が全く描けない人たち」が効率的に学習できるように作られました。

絵を描くことは誰でもできる

書籍『脳の右側で描け』が証明したことは「絵を描くこと」は教えることができるし、学習することができるということです。今まで絵を描いたり、モノを作ったりする芸術活動は「才能のある人の特権」のように思われていましたが、本当は日曜大工や裁縫のように誰でもマスターできる技術なのです。

トレーニングについて

実は掲載されているトレーニングはどれも特殊なものではありません(笑)。基本的に美術の古典的なトレーニングとテクニックばかりです。ただしこれらのトレーングやテクニックはベティ・エドワーズさんによって、効率的に学習できるように順序良く構成されています。

画期的な解説

『脳の右側で描け』の功績は他にもあります。美術の専門用語を使わずに、絵を描く時の脳や知覚の働きを解説したことで、今まで絵を描いたことがない人でも理解できるようになったことです。特に「なぜ絵が描けないのか?」という問題を解決したことは、多くの人に絵を描く楽しみを広げたと思います。


決定版 脳の右側で描け
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ

ワークブックについて

絵を描く理論よりも実践することに興味がある人はワークブックを試してみるといいでしょう。


決定版 脳の右側で描けワークブック[第2版]
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ


絵を右脳で描く―「描く能力」が劇的に向上 (朝日カルチャーセンター講座シリーズ)
出版社: 旬報社
著者: クリスティン ニュートン、古賀 良子

カテゴリー
美術館&博物館

映画監督ギレルモ・デル・トロの不思議な世界観を体験できる企画展がLACMAにて開催

映画『パシフィック・リム』、『パンズ・ラビリンス』、『ヘルボーイ』などの監督として知られるギレルモ・デル・トロさんの企画展がロスアンゼルスにあるロサンゼルス・カウンティ美術館(LACMA)にて2016年8月1日から開催されています。

映画監督ギレルモ・デル・トロのモンスター・コレクションが美術館へ

今回開催されている映画監督ギレルモ・デル・トロさんの展示会は『Guillermo del Toro: At Home with Monsters)』とタイトルがつけられています。ギレルモ・デル・トロさんの自宅『Bleak House』から、モンスターやホラーに関する膨大なコレクションを美術館へ運び込むそうです。

フランケンシュタイン

ギレルモ・デル・トロさんの自宅『Bleak House』のトレードマークがフランケンシュタインなので、フランケンシュタインに特化したコーナーがあるようです。『フランケンシュタインの特殊メイクをしている最中のボリス・カーロフ』の等身大人形が展示されているようです。

等身大の人形

他にも『エドガー・アラン・ポー』、『ハワード・フィリップス・ラヴクラフト』などの等身大人形が展示されています。ラヴクラフトの人形はリアルにするために、髭を埋め込んでから剃っているそうです。展示会に行ったら髭を確認できるかな?(笑)。ギレルモ監督の所有する『レイ・ハリーハウゼン』や『映画エクソシストのリンダ・ブレア』の等身大人形が展示されているのかについては、現在のところ不明です。

ギレルモ・デル・トロの作品も展示

ギレルモ・デル・トロさんが映画監督として関わった『ヘルボーイ』、『パンズ・ラビリンス』、『パシフィック・リム』などのモンスターやさまざまなアートワークも展示されています。会場の入り口に展示された『ヘルボーイ2のエンジェル・オブ・デス』、『パンズ・ラビリンスのパン』などの等身大の人形はかなりリアルです。また『パシフィックリム』からは菊地凛子さんが着ていたパイロットのスーツと芦田愛菜ちゃんが着ていた服が展示されています。

開催期間とその後のスケジュール

LACMAでの開催期間は2016年8月1日から11月27日まで、その後はカナダのオンタリオ州トロントにあるアートギャラリー・オブ・オンタリオ(AGO)ミネアポリス美術館(MIA)にて開催される予定です。

ギレルモ・デル・トロさんのファンは日本にもたくさんいると思うので、映画監督ティム・バートンさんの企画展と同じように、いずれ日本でも開催されるのではないでしょうか?

企画展にあわせて画集も出版

今回の企画展『Guillermo del Toro: At Home with Monsters』に合わせてギレルモ・デル・トロさんの新しい画集『Guillermo del Toro: At Home with Monsters: Inside His Films, Notebooks, and Collections(英語)』が出版されます。(発売予定は2016年8月30日)

日本では美術館の展示会に合わせて目録をかねた画集が発売されますが、アメリカの美術館では展示会に合わせて画集が出版されることは滅多にありません。


Guillermo del Toro: At Home with Monsters: Inside His Films, Notebooks, and Collections(英語)
出版社: Titan Books Ltd
著者: Guillermo del Toro

追記:日本語が出版されました


ギレルモ・デル・トロの怪物の館 映画・創作ノート・コレクションの内なる世界
出版社: DU BOOKS
著者: ブリット・サルヴェセン、ジム・シェデン

ギレルモ・デル・トロさんに関する本


ギレルモ・デル・トロ 創作ノート 驚異の部屋
出版社: DU BOOKS
著者: ギレルモ・デル・トロ


パシフィック・リム ビジュアルガイド [普及版] (ShoPro Books)
出版社: 小学館集英社プロダクション
著者: ギレルモ・デル・トロ、デイヴィッド・S・コーエン


ギレルモ・デル・トロ クリムゾン・ピーク アート・オブ・ダークネス
出版社: DU BOOKS
著者: マーク・ソールズベリー

カテゴリー
テクニック&トレーニング 水彩画

「作品を他人に見せること」は過酷な試練???

絵を趣味としてはじめたいと思っている人におススメしている本が、永沢まことさんの著作です。絵の描き方だけでなく、作品を他人に見せることについてのアドバイスも掲載しています。

作品を他人に見せること

永沢まことさんの本(例えば永沢まことのとっておきスケッチ上達術)がよくできている理由は絵を描くことだけでなく、作品を作った後のことについてもアドバイスしていることです。その中でも特に重要なことが「他人に絵を見せること」です。他人(絵を描いてない人)に見てもらうことにより、自分の絵を知ることができることは重要なことです。しかしこれが意外と過酷な試練なのです(笑)。

ショックを受ける前に知っておくべきこと?

「自分の描いた絵を他人に見てもらうことは絵を描くことと同様に楽しいこと」・・・と思ったら大間違い(笑)!永沢まことさんは他人からの反応について「お世辞もあるし、無視や無反応(実際にはこれが一番多い)もあります」と書いています。私の経験でも90%くらいは無反応です。最初のうちはショックだと思いますが、この反応は普通のコトなのでいずれ慣れると思います(笑)。

なぜこのような過酷な試練を受けるのか?

永沢まことさんは著書のなかで「他人を信頼し、その反応の全てを素直な心で受け止めた上、自分一人で考え、そして立て直すのです。すると次に描く絵は少し違った感じになっていくはずです」と書いています。またその結果として「よく言われる個性とは、こういうプロセスのなかからのみ生まれる」とも書いています。

私の経験でも他人からの指摘や一瞬の反応から、さまざまな発見をすることが多いです。特に無反応しか引き出せない作品の場合は大幅な見直しが必要になることが多いです。なので「他人に絵を見せること」は過酷な試練でもありますが、それよりも大きな収穫があることは間違いないです。

また修行を積んだプロのアーティストに自分の描いた絵を見てもらうことも重要です。ダメな箇所については論理的に解説してもらえますし、自分が気がついていない良い所も指摘してもらえるでしょう。

名作だって他人からの無反応に耐えている

それでも他人の無反応がつらいと思うなら、このように考えてはいかがでしょうか?美術館に収蔵されている名作だって他人からの無反応に耐えているのです。美術館に行くとよく観覧に来た人たちが「よくわからなかった」とつぶやいていますよね。この「よくわからなかった」という言葉は無反応と大差ありませんから・・・そのように考えると名作こそが人々からの無反応に耐えているのかもしれません(笑)。

永沢まことさんの本

残念なことに永沢まことさんの著作はたくさんあるのですが絶版になっている本も多いです。しかし定期的に新しい本が出版されています。今までの傾向だと内容がグレードアップされているので新しく出版された本でも問題ないと思います。どうやら初心者むけの趣味の本(特に絵や写真など)は次々に出版されていきますが、再販されることはなかなかないようです。

永沢まことの街歩きスケッチ入門 (玄光社ムック)

永沢まことの絵の描き方7日間

永沢まことの自分発見スケッチ術

「他人に絵を見せること」について書かれた書籍『SHOW YOUR WORK!』

「他人に絵を見せること」についてはオースティン・クレオンさんの著書『クリエイティブを共有! SHOW YOUR WORK! “君がつくり上げるもの”を世界に知ってもらうために』もおすすめです。タイトルが示しているように「他人に絵を見せること」について書かれた書籍です。見せ方だけでなく、アーティストとしてどのように活動していくのか考えさせられる書籍です。なので漫画、イラスト、写真など、あらゆるクリエイティブな活動をしている人が読んで役にたつ本だと思います。

ちなみにオースティン・クレオンさんの著書『クリエイティブの授業 STEAL LIKE AN ARTIST “君がつくるべきもの”をつくれるようになるために』もおすすめです。

クリエイティブを共有! SHOW YOUR WORK! “君がつくり上げるもの”を世界に知ってもらうために

クリエイティブの授業 STEAL LIKE AN ARTIST “君がつくるべきもの”をつくれるようになるために