夢中でやり続けることの大切さを学べる大河原 邦男さんの著書『メカニックデザイナーの仕事論』

ガンダムやヤッターマンなど日本を代表するロボットアニメのメカニックデザインを手掛けてきた大河原 邦男さんの著書『メカニックデザイナーの仕事論』を読みました。

大河原 邦男さんの著書『メカニックデザイナーの仕事論』

メカニックデザイナーとして大河原 邦男さんが作り出したロボットのデザインを紹介しながら、デザイン手法、当時のプロジェクトの状況などを解説している本が『メカニックデザイナーの仕事論』です。

中盤には仕事論についてまとめている章があるので、アーティストやデザイナーはもちろんのこと、ものつくりに関わるビジネスマンが読んでも為になると思います。

最終章には中村光毅さん、安彦良和さん、富野由悠季さん、手塚治虫さんについて書かれており、人との出会いの重要性を論じています。

メカニックデザイナーの仕事論 ヤッターマン、ガンダムを描いた職人 (光文社新書)

作品も豊富に掲載

昔のアニメに詳しくない人が読んでも大丈夫なように、大河原 邦男さんが描いた作品がたくさん掲載されています。また作品が掲載されているおかげで、大河原 邦男さんがどのように考えてデザインしているのかよくわかります。ただし文庫本なので画集のようにまとめられた本ではありません。

偶然メカニックデザイナーになった話

大河原 邦男さんの仕事論の前提として、偶然たどり着いた仕事がアニメであり、担当したプロジェクトがヒットを連発してメカニックデザイナーという仕事が生まれたという状況だったようです。また大河原 邦男さんはアニメファンではなく、メカ好きだったことがメカニックデザイナーとして独自の道を切り開いてこれたと、ご自身について分析しています。なのでアニメファンやメカニックデザイナーになりたいという人以外が読んでも楽しめます。

仕事論

基本的にはアニメーションやメカニックデザイナーの仕事論やアドバイスが書かれてありますが、営業マンとしての経験がある大河原 邦男さんなので、ものつくりに関わる人やビジネスマンが読んでも役に立つと思います。

特に「アーティストではなく職人として仕事に関わる姿勢」を持つことでチームプレイヤーとしてプロジェクトに関わることの重要性や、玩具メーカーとアニメーションスタジオの双方を納得させる営業論などは、自分の立場に置き換えて考えてみると改めて学べるところがあるのではないでしょうか?

夢中でやり続けることの大切さ

「あとがき」には趣味のものつくりが高じて自宅を町工場のようにしてしまった話が書かれています。この話は「仕事のために」ではなく、自分の好きなことを夢中でやり続けることの大切さを教えてくれます。これから何か趣味をはじめたいと思っている人たちや、趣味でものつくりやアートを制作している人たちが読むと励まされると思います。

自己啓発やオカルトの本ではない・・・ちゃんとした美術の入門書『脳の右側で描け』(笑)

『右脳と左脳を使ったトレーニング』と書くと、かなり怪しいセミナーのトレーニングと勘違いされるかもしれません。しかし書籍『脳の右側で描け』はちゃんとした美術の入門書です(笑)。

なので急に予知能力が身についたり、透視能力が身につくことはありません。ましてや映画『超能力学園Z』のような事は起こせませんから、安心してトレーニングに挑戦できます(笑)。


決定版 脳の右側で描け

絵が描けない人たちのために開発された学習プログラム

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で教鞭をとっていたベティ・エドワーズさんが開発した学習プログラムを書籍にしたのが『脳の右側で描け』です。この学習プログラムは「絵が全く描けない人たち」が効率的に学習できるように作られました。

絵を描くことは誰でもできる

書籍『脳の右側で描け』が証明したことは「絵を描くこと」は教えることができるし、学習することができるということです。今まで絵を描いたり、モノを作ったりする芸術活動は「才能のある人の特権」のように思われていましたが、本当は日曜大工や裁縫のように誰でもマスターできる技術なのです。

トレーニングについて

実は掲載されているトレーニングはどれも特殊なものではありません(笑)。基本的に美術の古典的なトレーニングとテクニックばかりです。ただしこれらのトレーングやテクニックはベティ・エドワーズさんによって、効率的に学習できるように順序良く構成されています。

画期的な解説

『脳の右側で描け』の功績は他にもあります。美術の専門用語を使わずに、絵を描く時の脳や知覚の働きを解説したことで、今まで絵を描いたことがない人でも理解できるようになったことです。特に「なぜ絵が描けないのか?」という問題を解決したことは、多くの人に絵を描く楽しみを広げたと思います。


決定版 脳の右側で描け
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ

ワークブックについて

絵を描く理論よりも実践することに興味がある人はワークブックを試してみるといいでしょう。


決定版 脳の右側で描けワークブック[第2版]
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ


絵を右脳で描く―「描く能力」が劇的に向上 (朝日カルチャーセンター講座シリーズ)
出版社: 旬報社
著者: クリスティン ニュートン、古賀 良子

「作品を他人に見せること」は過酷な試練???

絵を趣味としてはじめたいと思っている人におススメしている本が、永沢まことさんの著作です。絵の描き方だけでなく、作品を他人に見せることについてのアドバイスも掲載しています。

作品を他人に見せること

永沢まことさんの本(例えば永沢まことのとっておきスケッチ上達術)がよくできている理由は絵を描くことだけでなく、作品を作った後のことについてもアドバイスしていることです。その中でも特に重要なことが「他人に絵を見せること」です。他人(絵を描いてない人)に見てもらうことにより、自分の絵を知ることができることは重要なことです。しかしこれが意外と過酷な試練なのです(笑)。

ショックを受ける前に知っておくべきこと?

「自分の描いた絵を他人に見てもらうことは絵を描くことと同様に楽しいこと」・・・と思ったら大間違い(笑)!永沢まことさんは他人からの反応について「お世辞もあるし、無視や無反応(実際にはこれが一番多い)もあります」と書いています。私の経験でも90%くらいは無反応です。最初のうちはショックだと思いますが、この反応は普通のコトなのでいずれ慣れると思います(笑)。

なぜこのような過酷な試練を受けるのか?

永沢まことさんは著書のなかで「他人を信頼し、その反応の全てを素直な心で受け止めた上、自分一人で考え、そして立て直すのです。すると次に描く絵は少し違った感じになっていくはずです」と書いています。またその結果として「よく言われる個性とは、こういうプロセスのなかからのみ生まれる」とも書いています。

私の経験でも他人からの指摘や一瞬の反応から、さまざまな発見をすることが多いです。特に無反応しか引き出せない作品の場合は大幅な見直しが必要になることが多いです。なので「他人に絵を見せること」は過酷な試練でもありますが、それよりも大きな収穫があることは間違いないです。

また修行を積んだプロのアーティストに自分の描いた絵を見てもらうことも重要です。ダメな箇所については論理的に解説してもらえますし、自分が気がついていない良い所も指摘してもらえるでしょう。

名作だって他人からの無反応に耐えている

それでも他人の無反応がつらいと思うなら、このように考えてはいかがでしょうか?美術館に収蔵されている名作だって他人からの無反応に耐えているのです。美術館に行くとよく観覧に来た人たちが「よくわからなかった」とつぶやいていますよね。この「よくわからなかった」という言葉は無反応と大差ありませんから・・・そのように考えると名作こそが人々からの無反応に耐えているのかもしれません(笑)。

永沢まことさんの本

残念なことに永沢まことさんの著作はたくさんあるのですが絶版になっている本も多いです。しかし定期的に新しい本が出版されています。今までの傾向だと内容がグレードアップされているので新しく出版された本でも問題ないと思います。どうやら初心者むけの趣味の本(特に絵や写真など)は次々に出版されていきますが、再販されることはなかなかないようです。

永沢まことの街歩きスケッチ入門 (玄光社ムック)

永沢まことの絵の描き方7日間

永沢まことの自分発見スケッチ術

「他人に絵を見せること」について書かれた書籍『SHOW YOUR WORK!』

「他人に絵を見せること」についてはオースティン・クレオンさんの著書『クリエイティブを共有! SHOW YOUR WORK! “君がつくり上げるもの”を世界に知ってもらうために』もおすすめです。タイトルが示しているように「他人に絵を見せること」について書かれた書籍です。見せ方だけでなく、アーティストとしてどのように活動していくのか考えさせられる書籍です。なので漫画、イラスト、写真など、あらゆるクリエイティブな活動をしている人が読んで役にたつ本だと思います。

ちなみにオースティン・クレオンさんの著書『クリエイティブの授業 STEAL LIKE AN ARTIST “君がつくるべきもの”をつくれるようになるために』もおすすめです。

クリエイティブを共有! SHOW YOUR WORK! “君がつくり上げるもの”を世界に知ってもらうために

クリエイティブの授業 STEAL LIKE AN ARTIST “君がつくるべきもの”をつくれるようになるために

劇画漫画家のテクニックが学べる書籍『プロのマンガテクニック』シリーズ

玄光社から池上遼一さんと平田弘史さんのテクニックが学べる『プロのマンガテクニック』シリーズが出版されています。劇画は映像表現から大きな影響を受けているので、漫画を描いている人だけでなく、絵画やイラストを描く人たちが読んでも学べることがたくさんあると思います。

マンガ家からテクニックを学ぶシリーズ

イラスト、写真、映像などの制作に関する書籍を数多く出版している玄光社から、プロの漫画家から制作テクニックを学べる『プロのマンガテクニック』シリーズが出版されています。第1巻が池上遼一さん、第2巻が平田弘史さんと現在のところ劇画漫画家のお2人が出版されています。


池上遼一 ワイルド&ビューティーの描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 池上遼一


平田弘史 超絶サムライ画の描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 平田弘史

さまざまなテクニックが詰め込まれた内容

絵の描き方、演出術、ストーリーなどさまざまなテクニックが詰め込まれているので、漫画を描く人には役にたつ専門書だと思います。文章による解説だけでなく、参考資料として作品や下絵がたくさん掲載されているので、専門的な知識がない人でも理解しやすく読むことができます。

下絵から完成までの解説

一枚の絵が完成されるまで、ステップごとに解説したコーナーがあります。池上遼一さんと平田弘史さんの描き方がわかると共に、道具の解説なども書いてあるので読んだ後にチャレンジすることができます・・・ただしお2人とも何十年も描き続けたプロですから、このコーナーを読んだだけでそのレベルに到達するものではありません(笑)。じっくり年月をかけてチャレンジし続けましょう(笑)。

ファンが読んでも楽しい

『プロのマンガテクニック』シリーズは基本的に漫画を描いている人のための専門書ですが、ファンが読んでも楽しめるようになっています。各漫画家の制作方法が理解できることはもちろん、下絵や作品がたくさん掲載されているので画集を見るつもりで楽しめます。池上遼一さんの描く「魅力的な女性の絵」や、平田弘史さんの描く「迫力ある侍」の絵は、飽きることなく見続けることができます。


池上遼一 ワイルド&ビューティーの描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 池上遼一


平田弘史 超絶サムライ画の描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 平田弘史

追記:新たに出版された『プロのマンガテクニック』シリーズ

第3巻は『ワイルド7』で有名な望月三起也さん、第4巻は『銀河鉄道999』で有名な松本零士さんと、伝説的な漫画家たちがシリーズに登場しています。今後このシリーズに「誰が登場するのか?」楽しみに待ちたいと思います。


望月三起也 ハードアクション&エロスの描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 望月三起也


松本零士 零次元マンガの描き方 (プロのマンガテクニック)
出版社: 玄光社
著者: 松本零士

伊藤若冲を見る前に読んでおくと、さらに若冲を楽しめる書籍『奇想の系譜』

2016年4月22日から『生誕300年記念 若冲展』が開催されています。この展示会を見る前にぜひ読んでおくといい本が『奇想の系譜』です。

忘れ去られていた若冲

現在は異常なブームと言っていいほど人気がある伊藤若冲ですが、辻惟雄さんが書いた『奇想の系譜』が出版されるまでは忘れ去られた画家でした。若冲の作品はあまりにもユニークだったために、いつしか日本の伝統美術として評価されない状況になってしまったようです。もちろん日本の伝統美術全般の人気が無くなる傾向にあったので仕方なかったことなのかもしれません。

奇想の系譜 (ちくま学芸文庫)

若冲ブームを作った『奇想の系譜』

辻惟雄さんが書いた『奇想の系譜』は長年の歳月をかけて少しずつ反響を呼んできました。この本はもともと雑誌『美術手帖』に掲載されていた記事なので、伊藤若冲に関する記事は短いです。その短い記事が時間をかけてこのようなブームを作り上げたのですから、本当にすごいことです。『奇想の系譜』は日本文化の価値観を変えた記念すべき書籍と言っても過言ではありません。

海外のコレクターの活躍

幸か不幸か若冲の作品は『奇想の系譜』に紹介されている他の画家の作品と同じように海外に買い取られた作品が多くあります。ボストン美術館に引き取られた作品もあれば、海外のコレクターに引き取られた作品もありました。特に有名なコレクターがエツコ&ジョー・プライス夫妻です。著者の辻惟雄さんとプライス夫妻がいなかったら現在のような若冲ブームは起きなかったでしょうし、美術史のなかで単なる脇役としての評価しかされなかったでしょう。

ちなみに今回の展示会にあたって辻惟雄さんとプライス夫妻の鼎談が開催されました。

待ち時間に読むのに丁度いい

現在開催されている『生誕300年記念 若冲展』では入場するまでに数時間待つような状態です。なのでまだ『奇想の系譜』を読んだことが無い人はこの待ち時間を使って読んでおくことをおすすめします。最低、若冲の記事、辻惟雄さんのあとがき、服部幸雄さんの解説は読んでおきましょう。ただし待ち時間が長いので絵を見る前に疲れないようにしてくださいね(笑)。

辻惟雄さんの本

辻惟雄さんの本はたくさん出版されています。そこで『奇想の系譜』に関係がある書籍をリストしておきます。

奇想の図譜 (ちくま学芸文庫)

奇想の発見: ある美術史家の回想

ギョッとする江戸の絵画

若冲 (講談社学術文庫)

名門美術大学の教授スコット・ロバートソンさんによる透視図法とレンダリング法のテキスト

名門美術大学アート・センター・カレッジ・オブ・デザインで教授をしていたスコット・ロバートソンさんによる透視図法のテキストとレンダリング法のテキストが日本語訳されて出版されました。

今までの透視図法のテキストの弱点

透視図法は決まりきった手順で描く技法なので、今まで出版されたテキストはどれも似たような内容になりがちでした。たくさんの線が交差するので複雑な形を解説すつには難しく、サンプルとして複雑な形をしたオブジェクトを掲載したとしても、描き方の詳細は抜け落ちてしまうのが普通でした。

なので今までのテキストでは基礎は簡単に理解できるのですが、複雑な形へ応用しようとするとなかなか難しく感じることが多かったと思います。

スコット・ロバートソンさんの透視図法とレンダリング法のテキスト

スコット・ロバートソンさんのテキストでは基礎的なテクニックをしっかりとおさえた上で、少しずつ複雑な形にチャレンジしていきます。なので基礎的なテクニックを組み合わせ、どのように複雑な形を作りだせるのかよく理解できるようになります。

また動画による解説も公開されているので複雑になりがちな解説も理解しやすく、車や飛行機のような複雑な形であっても各ステップを理解しながら完成させることができます。

透視図法のテキスト


スコット・ロバートソンのHow to Draw -オブジェクトに構造を与え、実現可能なモデルとして描く方法-

レンダリング法のテキスト


スコット・ロバートソンのHow to Render : 光と影、反射によってオブジェクトに質感を与える方法

対象となる読者

このテキストでは透視図法を学びたい初心者からカーデザイン、インダストリアルデザイン、または映画やゲームなどのコンセプトアートなどを学びたい人の入門書として大変役に立つと思われます。建築パースを学びたい人がこのテキストを使って学習しても問題ないのですが、普通の建築パースならばここまで複雑な形を描けるようになる必要は無いかもしれません。

書籍と動画で学習

透視図法は補助線をたくさん引いてから最終的な線を導き出すので、作業手順を理解することがなかなか難しいです。また作業プロセスが進むと補助線だらけになり、どの補助線が何の役割をしていたのか混乱することがよくあります。しかしこの書籍は丁寧な解説と豊富な図が掲載されている上にインターネットにアップされている動画を見ることで複雑な手順を簡単に理解することができます。

またスコット・ロバートソンさんが以前発売したThe Gnomon WorkshopのDVDでは、部分的に調べたいことがあった場合、巻き戻しと早送りをして探す必要があったので大変でした。今回発売された書籍では掲載されているテクニックに対応して動画が作られているので参照しやすくなっています。

基礎的な立体から複雑な立体まで描けるようになる

透視図法とレンダリング法のどちらのテキストも基礎的な立体から学習をスタートし、徐々に複雑な立体を学習する構成になっています。なので最初に基礎的なテクニックを学び、それらのテクニックを組み合わせてどのような形にでも対応できるようになります。最終的には飛行機や自動車といった複雑な立体にチャレンジすることになりますが、テクニックの組み合わせ方を理解していれば問題なく制作することができるようになります。

描き方を理解したら練習あるのみ!

この書籍を読んで描き方を理解しても絵を描くスキルがアップするわけではありません(笑)。描き方を理解したら練習をする必要があります。スコット・ロバートソンさんの教えていたアート・センター・カレッジ・オブ・デザインでは教授陣の指導が良いだけでなく、徹底的に練習をさせるそうです。たしかアートセンターの卒業生である奥山清行さんがどこかのインタビューで「アートセンターは軍隊教育みたいだった」と言っていた記憶があります(笑)。アートセンターの学生を見習って真剣に練習しないといけませんね・・・頑張りましょう!

アート・センター・カレッジ・オブ・デザインについて

アート・センター・カレッジ・オブ・デザインはカーデザインの教育で世界的に有名ですが、映画業界やゲーム業界のコンセプト・アーティストとして働く人を多く卒業させています。『ブレードランナー』のデザインを担当したシド・ミードさんや『スター・ウォーズ』のデザインを担当したラルフ・マッカリーさんが有名です。

そこでアート・センターでは近年になってエンターテイメント・デザイン学科を設置しました。以前アート・センター・カレッジ・オブ・デザインのアドミッションズ・オフィスの人に話をきいたところカーデザインの学科とエンターテイメント・デザインの学科は人気なので入学するのは難しいと言ってましたから、このような書籍で基礎が学べるのはありがたいことです。

エンターテイメント・デザイン学科の授業

下記の書籍はスコット・ロバートソンさんがエンターテイメント・デザイン学科の授業をまとめた内容になっています。学生に出した課題と生徒たちの作品と解説などから授業の雰囲気が伝わってきます。特に「どのようにアイディアを作り、コンセプトアートとして作り上げあるのか」という点についてよく理解できます。アメリカの私立大学は学費が2千万円以上するのでおいそれと体験することはできませんから貴重な書籍です(笑)。

THE SKILLFUL HUNTSMAN / うでききの狩人

3人の学生がグリム童話の「うでききの狩人」をモチーフにコンセプトアートをつくるプロジェクトです。学生たちの作ったコンセプトアートと解説に対してスコット・ロバートソンさんがコメントを書いています。コンセプトアートとはどのようなモノなのかを知るのには良い本です。

THE SKILLFUL HUNTSMAN / うでききの狩人

エンターテインメントの未来/in the future…

エンターテイメント・デザイン学科の教授陣から出題されたさまざまなプロジェクトにたいする学生たちの作品が掲載されています。テクニックや制作方法だけでなく、学習に必要となるカリキュラムの作り方なども参考になります。

エンターテインメントの未来/in the future…