OEM版のPowerDVD 10からPowerDVD 16 ultraにアップグレード:問題無くインストール完了

PowerDVD 16 ultraの『乗換え・アップグレード版』を購入し、インストールしてみました。簡単にインストールでき、機能的にも満足しています。追記:現在はバージョン17が発売されています。

乗換え・アップグレード版の購入

PCを購入したときに付いてきた『OEM版のPowerDVD 10』ではブルーレイディスクを再生できなかったので、『PowerDVD 16 ultra 乗換え・アップグレード版』を購入しました。

アップグレード対応製品を持っている場合は『乗換え・アップグレード版』を購入すると『通常版』よりも安く入手できます。

追記:バージョン17が発売されました


サイバーリンク PowerDVD 17 Ultra 乗換え・アップグレード版

アップグレード対象製品

『PowerDVD 16 ultra 乗換え・アップグレード版』のパッケージに対象製品の詳細が下記のように書かれていました。追記:バージョン17も同じ説明の書かれたシールが貼り付けられています。

すべてのサイバーリンクパッケージ製品、もしくはOME製品付属のサイバーリンクソフト、またはソースネクスト PowerDVD Expert、および他社製の動画再生ソフトウエア(コーレルWinDVDシリーズなど)

*OS付属のMedia Playerやフリーソフトウエア、体験版は対象外です。

対象製品を持っていない場合

対象製品を持っていない場合は下記の『通常版』を購入することになります。『乗換え・アップグレード版』よりも値段が少し高くなってしまいますが、インストール方法や機能などは同じです。


サイバーリンク PowerDVD 17 Ultra 通常版

インストールは簡単

PCの中に対象製品がインストールされていれば、問題なくアップグレードできると思います。アップグレード対象商品を確認するための設定や、古いバージョンのシリアルナンバーを入力する必要などは無いので、通常のインストール作業をすれば終了です。

プロダクトキーの入力

PowerDVD 16 ultraを起動するとプロダクトキーの入力画面が表示されますので、インストールCDの紙袋に張り付けられているプロダクトキーを入力します。

ユーザーとサイバーリンククラウドの登録

プロダクトキーの入力が終了すると、ユーザー登録やサイバーリンククラウドの入力画面が出てきます。入力必須な項目では無いので、入力しなくてもPowerDVD 16 ultraを使用することは可能です。またこれらの登録は後で設定することもできます。

ユーザー登録をするとプロダクトキーを紛失した時でもメンバーサイトで確認できるようになるので、登録しておいたほうがいいかもしれません。

サイバーリンククラウドは1年間無料で使うことができるのですが、使う必要性が無ければ登録する必要はありません。

追記:PowerDVD 17 ultraの発売

現在PowerDVDは17へアップグレードしました。HDR対応、VRヘッドセット対応、360度 映像対応などの新機能がついています。

乗換え・アップグレード版

パッケージの左上にピンクのシールが貼られているのが『乗換え・アップグレード版』です。


サイバーリンク PowerDVD 17 Ultra 乗換え・アップグレード版

通常版

アップグレード対象商品を持っていない場合は通常版をインストールします。


サイバーリンク PowerDVD 17 Ultra 通常版

東プレ Realforce104UB ブラック XF11T0 英語キーボードを使い続けてみた

購入してから4か月

東プレの Realforce104UB ブラック XF11T0 英語キーボードを4カ月ほど使ってみました。だいぶ手になじんできたころだと思うので使い込んでみた感想を書いておこうと思います。(東プレ Realforce104UB ブラック XF11T0 英語キーボードを購入した直後の感想はこちらのリンク

東プレ Realforce104UB 静電容量無接点方式 104キー英語配列 USBキーボード 変荷重タイプ 昇華印刷墨バージョン テンキー付きフルサイズ ブラック XF11T0
注意:上記のAmazonへのリンクは英語キーボードの商品です。日本語キーボードではありません。

指の疲れが軽減されました

Realforce104UBのキーが柔らかいので指の疲れがだいぶ軽減されました。以前は指をマッサージしても疲れが取れなことがありましたが、現在のところは以前のようなひどい疲れは感じなくなりました。また購入したばかりの頃は必要以上に力を入れてキーを押してましたが、今ではキーの柔らかさにも慣れて軽いタッチで入力できるようになりました。

腕の痛み(指の動きに連動する筋肉だとおもわれる箇所の痛み)についてはキーボードを購入した後に鍼治療で治してしまったので、キーボードがどのくらい影響を与えたのかわかりません。しかし腕の痛みが再発するようなことが無いので良い結果が出ていると思います。

キーに指を置いて考え事をする習慣をやめる

Realforce104UBのキーは柔らかいので(キーの押す重さは主要部45g、一部30g)、キーの上に指を置いて考え事をしていると指が触れて入力してしまうことがありました。特にSキーをssssssssssssssssssと長押ししてしまうことが何度もあったので、考え事をするときは意識的に手をキーボードから離すようにしています。手を離すことが習慣化してくると、いかに指、腕、肩の筋肉に負担がかかっているのか実感できるようになってきました。この問題はキーボードのせいではなく、自分の習慣が悪かったことなので、早く治せてよかったと思っています。

快適なキーボード操作のために

取扱い説明書と保証書の裏面に『快適なキーボード操作のために』と題された作業習慣の手引きが書かれています。Realforce104UBキーボードを使う前にぜひ読んでおくといいと思います。下記のことは知らなかったので為になりました。

入力に必要な書類はディスプレーの近くに置き、目の移動を最小限におさえましょう。

タイピング中は手首を浮かせて操作しましょう。

パームレストに手首を置きながらタイピングするのはやめましょう。

今後は手引きに書いてあるように作業休止時間(1時間以上連続作業しないこと)を設けることと、その休憩時間に身体の運動をすることを習慣にしたいと思っています。健康あっての快適なキーボード操作ですからねぇー。

ペンタブレットを使用する利点

前回はIntuos3からIntuos Proへの買い替えの利点について書きましたが、今回は初めてペンタブレットを購入する人向けにペンタブレット(Intuos Pro)の利点をまとめてみました。

wacom Intuos Pro large Lサイズ PTH-851/K1

(注意:上記のAmazon.co.jpへのリンクはLサイズの商品へリンクされています。Intuos Proを購入する時は自分の希望するサイズのボタンを選択してから購入してください。またワコムのサイトにサイズを選ぶ時のポイントが書いてあるので参考にするといいでしょう。)

ペンタブレットの利点

思ったように線をコントロールできる

マウスで絵を描こうとすると、思ったように線を引くことができません。ペンタブレットの操作は鉛筆で線を引くのと同じように使えるので、線をコントロールすることができます。ただしIntuos ProはPCのモニターを見ながら手元のタブレットで入力することになるので、使いはじめは違和感があると思います。しかし描き続けているうちに違和感も無くなり、思ったように線をコントロールできるようになると思います。

ペンの筆圧や傾きによるコントロール

ソフトの設定によっては筆圧レベルや角度によって線に変化を与えることができます。筆圧レベルはIntuos Proで2048となっています。傾き検出レベルはIntuos Proで±60レベルです。

長時間使用しても疲れにくい

マウスを使用すると左ボタンを押しながらマウスを動かし続けなければなりません。30分程の短い制作時間だとしても、マウスでの作業は腕にかなりの負担がかかります。ペンタブレットを使用すると鉛筆をつかって作業するのとあまり変わらないので、長時間の作業でも疲れにくいです。

ファンクションキーとタッチホイールが利用できる

8個のファンクションキーとタッチホイールが使いやすい場所に配置されています。最初のうちは無理して使う必要はありませんが、ファンクションキーを軽く触ると解説が画面に表示されるので慣れてくれば使いこなせるようになると思います。

ペンタブレットを使用すると効果的なソフト

絵を描くためのソフトは豊富に存在するので主なペイント系のソフトを例として挙げておきます。

ペイント系のソフト

Photoshop
Painter
SketchBook Pro
ペイントツールSAI

3Dスカルプティング機能をもったソフト

ZBrush
MudBox
CINEMA 4D

追記(2015年3月29日):Cintiqシリーズ

線を完全にコントロールしたい人やIntuos Proの操作性に不安を持っている人にはディスプレイへ直接ペン入力できるCintiqシリーズがおすすです。Intuos Proシリーズより満足できる商品ですが、値段が高いので、私のまわりではプロの人たちしか使ってません。モニターに直接描けるので、トレースをするときなどは確実にIntuos Proより便利だと思います。またCintiqと既存のモニターと併用して使えば、かなり便利に使えそうです。

Cintiq 27QHD

27型液晶なので大きなサイズで制作ができます。またファンクションキーがリモコン型になりました。Wacom製品の中でイチバン魅力的な商品なのですが・・・現在(2015年3月29日)Amazon.co.jpのコメントを見るとドライバーに問題があるようです。

ワコム 液晶ペンタブレット 27型QHD液晶 Cintiq 27QHD DTK-2700/K0

Cintiq 27QHD touch

上記の製品のマルチタッチができるタイプです。

ワコム 液晶ペンタブレット 27型QHD液晶 Cintiq 27QHD touch DTH-2700/K0

Cintiq 13HD

13.3フルHD液晶と小さいサイズのCintiqが発売されています。現在(2015年3月29日)のところ旧型番K0から新型番K1へ変更されました。WacomのFAQのページによると、急激な為替変動に伴い価格と型番が変更されたようです。

ワコム 液晶ペンタブレット 13.3フルHD液晶 Cintiq 13HD DTK-1300/K1 【新型番】2015年1月モデル

Wacom Intuos Pro large Lサイズ を購入

Intuos 3からIntuos Proへ買い替え

Intuos 3が発売されてから10年・・・Intuos 3を長年使用してきましたが、新しいバージョンであるIntuos Pro購入しました。Intuos 3がまだまだ使えていたのでもったいないですけど、今までintuos 4や5の購入を我慢してきたのだから贅沢というわけでは無いでしょう。私は長年Lサイズを使用しているので、今回もLサイズです。追記:Amazonで¥41,032で購入しましたが、2015年1月12日で¥38,087・・・たった数ヶ月でこんなに安くなってしまうんですねwww

wacom Intuos Pro large Lサイズ PTH-851/K1

Intuos 3 ユーザーにはおすすめ・・・

あたりまえですけどIntuos 3よりIntuos Proの方が確実に良いですwww。そもそもIntuos 3からIntuos 4への移行が機能的に一番変化が大きかったので、いまさら現バージョンIntuosの性能を実感している状態です。だから自信をもってIntuos 3のユーザーにはこのIntuos Proの購入をおすすめできます(Intuos 3ユーザーがどのくらい残っているのかわかりませんけど・・・)しかし、Intuos 4と5をすでに使用している人はProをわざわざ買い替える必要性はないような気がします。大きく機能が変わったようには思えないので。

Intuos 3 ユーザーには感動のアップグレード・・・

Intuos 3 ユーザーにとっては感動のアップグレードだと思います。Intuos 4と5ユーザーにとってはあたりまえのことだと思いますが、あらためて注目の機能を書いておこうと思います。

筆圧レベル

Intuos 3 では筆圧が1024レベルでしたが、Intuos Proでは最高2048レベルにアップしています(Intuos 4で既に実現)。以前よりもスムーズに変化しているような気がします。

ファンクションキー

Intuos 3ではファンクションキーが使いにくかったので、ファンクションキーの機能をOFFにしてキーボードを使用していましたが、Intuos Proでは使いやすくなりました。小さく、無駄に左右に配置された設計から、片側に大きく配置された設計に代わりました(Intuos 4で既に実現)。我々Intuos 3ユーザーには見慣れない形状に進化していますが大丈夫。ファンクションキーを軽くさわるとボタンの説明が画面に表示されるので、すぐに機能を使いこなせます。

Wacom Intuos Pro ファンクションキー説明画面

タッチホイール

Intuos 3 ユーザーにとってあこがれだったタッチホイール機能です。ブラシサイズ、ブラシサイズ、スクロール/ズーム、レイヤー切り替えができます。

ラジアルメニュー

ファンクションキーのラジアルメニューボタンを押すと、円が8つに分割されたメニューが表示される。必要なメニューを選び、操作ができる。まだ使いこなせてないが、使いこなせれば便利かも?

タッチ入力

ON、OFFは手元のファンクションキーで簡単に切り替えられます。使わない時は機能をOffにしておかないと、うっかりタッチしたときに反応してしまいます。私の場合は基本OFFだと思いますが、タッチ入力はPhotoshopにてカンバスの回転、拡大、縮小に使えそうです。

ワイヤレス

最初は便利だと思いましたが、バッテリーの連続使用時間が12時間なので一日の終わりには充電が必要です。ケーブルを接続したり、外したりするのはめんどくさいので、結局ケーブルをつけたままで作業してます・・・。

デザイン

奥行きが15mmくらい短くなり、横幅が50mmくらい広くなったので以前よりも大きくなっている。私のようにLサイズを買うような人は気にならないと思います。

3Dconnexion SpacePilot Proを使用する利点

3Dconnexion SpacePilot Proを使用する利点についてまとめてみました。


3Dconnexion SpacePilot Pro

操作が簡単

SpacePilot Proを使用するとさまざまなCADや3D-CGのビュー操作方法が統一されるので便利です。また操作方法が感覚的なのですぐに使いこなせます。押すとズーム、引くとズームアウト、上下左右で移動、ひねると回転します。最初のうちは移動と回転の違いが感覚的につかめないかもしれません。そのような時は移動キーや回転キーを押すことで機能をON/OFFにすることができます。

細かいところまで視点をコントロール

マウスではコントロールできない細かいところまで視点をコントロールできます。例えばポリゴンが複雑に密集しているような場所でも楽に視点をコントロールできます。特にマウスを使って何度もズームし続けてから視点を回転すると、視点が大きく回転してしまい、狙った場所にフォーカスでません。SpacePilot Proを使うとこのようなケースでもスムーズに回転するので、視点移動を完全にコントロールできます。

さまざまなナビゲーションキー

Shift、ESC、CTRL、ALTボタンはもちろん、さまざまなナビゲーションキーがついています。クイックビュー・ナビゲーションキーはワンタッチでビューを切り替えられるので、サッと画面を切り替えて次の作業に移れます。またインテリジェントファンクションキーにコマンドやショートカットを割り当てて使用できます。CATIA、SolidWorks、Pro/ENGINEER、Maya、3ds Maxのような主要なソフトはデフォルトで機能が設定されているので、すぐに使うことができます。

幅広いソフトに対応

さまざまなCADや3D-CGソフトに対応しています。こちらが対応ソフトウェア一覧のリンクです。

SpacePilot Proの注意点

ZBeushは非対応

非対応なので仕方がないですが・・・今やZBeushでの作業が多いので、使えるようになったら非常にうれしいです。

プラグインのトラブル

CADや3D-CGのプラグインとして機能しているので、下記のようなトラブルが発生したことがあります。正常にドライバーがインストールされれば、突然トラブルになることは無いと思うので問題なく使用できます。ただ下記ように設定や環境が変わった時にトラブルが起こることがあるようです。いずれも簡単に解決できているのであまり心配する必要はないと思います。

3Dconnexion SpacePilot Pro win用のドライバー10.1.4をインストールしたら不具合が解消された

3D-CGやCADでの制作で大変重宝している周辺機器が3Dconnexionの3DマウスSpacePilot Proです。3次元の空間を手元のコントローラで感覚的に視点をコントロールできるので便利です(記事:3Dconnexion SpacePilot Proを使用する利点へリンク)。しかし3D-CGやCADでのプラグインとして機能するので、まれにトラブルがおこる可能性があります(あまり心配するようなトラブルでは無いです)。今回はWindows7のPCからWindows8のPCに買い替えたのでドライバーがうまくインストールされてなかったようです。


3Dconnexion SpacePilot Pro

画面が勝手に回転し続けしまう不具合

Windows7のPCからWindows8のPCに買い替え3Dconnexion SpacePilot Proのwin用ドライバーをインストールしました。SpacePilot Proを使用しようとすると、触っていないのにMayaの画面が勝手に回転し続けしまう不具合が発生。3Ds Maxで確認しても同じように回転してしまいました。

3D Mouse HomeのTrainerやPuzzleでは正常に機能

確認のためにSpacePilotに付属していた3D Mouse HomeのTrainerやPuzzleで確認してみると・・・なんと正常に機能していました。どうやらハードウェアの故障では無く、Mayaや3Ds Maxのプラグインとして使用するときに勝手に回転してしまう問題が発生したようです。

ドライバーを再インストールで問題解決

そこでドライバーを再インストールしてみることにしました。今回は08/13/2014に新しいバージョン10.1.4がリリースされていたので、こちらをインストール。Mayaと3Ds Maxで確認してみると、問題は解決されていました。ドライバーのバージョンに不具合があったのか?たまたまインストールがうまくいかなかったのか?理由はわかりませんでしたが、不具合が発生した時はドライバーを再インストールすることで問題が解決することもあようです。

3Dconnexion 3D Mouseドライバーのダウンロードサイトへリンク

東プレ Realforce104UB ブラック XF11T0 英語キーボードを購入

PCを購入した時におまけて付いてきた日本語キーボードを数ヶ月使用していましたが、指だけでなく腕の筋肉も痛くなってしまいました。どうやらタイピングするとキーが硬いのでキーを押し込む必要があり、長時間作業する私にとっては指にかかる負担が大きかったようです。
そこで本格的なタイピング専用のキーボード『東プレ Realforce104UB ブラック XF11T0 英語キーボード』を購入してみました。


東プレ Realforce104UB 静電容量無接点方式 104キー英語配列 USBキーボード 変荷重タイプ 昇華印刷墨バージョン テンキー付きフルサイズ ブラック XF11T0

東プレ Realforce104UB 英語キーボードを購入した理由

最初は1万円くらいのゲームキーボードでも購入しようかと考えていたのですが、さまざまなキーボードを試し打ちしているうちに東プレのキーボードを発見してしまいました。このキーボードを触った瞬間に「やっと出会えたね」と叫びたくなるくらいキータッチが柔らかく、心地よかったのでそのまま家電量販店のレジに直行してしまいました(笑)。

高級キーボードなので予算オーバー

レジで支払いする時に気が付きましたが、お値段は2万円くらい・・・かなり予算オーバーです。しかしキーボードなんて頻繁に買い替えるモノではないし、毎日使用する道具ですからこのくらいの贅沢は許されるでしょう。しかも指や腕への負担が軽減され、痛みがなくなるならば安い買い物だと思いました。腱鞘炎になってから治療費にお金をかけるよりもいいですから・・・。

キーボードと印字されている文字がブラック

Realforce104UBの色はブラックです。キーだけでなく印字されている文字もブラックなので見た目がカッコイイです。ミニマルアートが好きな私としては自分の部屋のなかにあるインテリアのなかで一番カッコイイ存在として輝いています(笑)。しかしキーと印字されている文字がブラックなので何が書いてあるか読みにくいです。蛍光灯の光やモニターからの光がキーの表面で反射する場合はさらに読みにくくなる可能性があります。キーを確認しながらタイピングしなくてはならない人にはブラックは不向きです。

ホワイトも販売されています

キーを確認しながらタイピングする人はホワイトが発売されているのでそちらを購入するといいでしょう。キーに印字された文字は見やすいと思います。


東プレ キーボード REALFORCE104U 英語配列 USB 有線接続 静電容量無接点方式 昇華印刷 変荷重 ホワイト XF01T0

英語キーボードを購入した理由

英語キーボードを使う利点をあげるならば、外国製のソフトを使う時にデフォルトで設定されているショートショートカットが使いやすいことです。それほど大きいメリットではありませんが、長年英語キーボードを使用していると日本語キーボードにもどるのは面倒です。

日本語キーボードも販売しています

もちろん東プレから日本語キーボードも発売されてますので、日本語キーボードに慣れている人は『東プレ Realforce108UDK ブラック』もしくは『東プレ Realforce108US ホワイト』のような日本語キーボードも購入できます。


東プレ Realforce108UDK 静電容量無接点USBキーボード 日本語108キーかななし 昇華印刷 墨モデル Nキーロールオーバー キー荷重ALL30g ブラック SJ38C0


東プレ キーボード REALFORCE108US 日本語配列 USB 有線接続 静電容量無接点方式 昇華印刷 ALL30g ホワイト SJ38D0

東プレ Realforce104UB 英語キーボードを使ってみた感想

キーが柔らかいので指が疲れにくい

キーがかなり柔らかいのでキーを押し込んでいる感覚がなく、指の負担がかなり軽減されました。このキータッチの感覚は初めて触った時の第一印象と変わらずに気に入っています。購入したての時はキー入力に力が入りすぎてしまい、なにかぎこちない動きになってしまいましたが、慣れてくるうちに余分な力が抜けて快適にタイピングできるようになりました。なので長時間キーボードでの入力業務をする人やキーボード入力で指、腕、肩などに痛みや疲れを感じている人にはおススメだと思います。

詳しい性能については東プレ キーボード(REALFORCE)特長のサイトに書いてあるので興味がある方はチェックしてみるといいと思います。

キーの上に指を置いて考え事をするクセを止める

キーの上に指を置いて考え事をしていると、自分では気が付かないうちに指が触れて入力してしまうことがあります。よくある例としては薬指がいつの間にかキーを押してssssssssssssssssssssssssssssssssssと入力している時があります。考え事をしている為に薬指でキーを押している感覚がなく、画面が大変なことになっていることで気が付くことが多いです(笑)。なので考え事をするときは、手をキーボードから離すようにした方がよいでしょう。面倒くさいように聞こえますが、腕の筋肉を休ませるためにもキーボードから手を離してあげることは大切なので、この悪いクセは止めるた方がいいでしょう。一度手をキーボードから離して机の上に置いてみると、いかに腕の筋肉や肩に力が入っているのか実感できると思います。

追記:東プレ キーボード(REALFORCE)特長のサイトにSキーを押す重さについて下記のような解説が書いてありました。

主要部が45gで小指入力するキーの一部は30gになっています。(Sは全キー30gです。)

高級キーボードだけあって、よく考えて設計されてますね。

タイピング専用なのでゲームには向かない(笑)

このキーボードはタイピングに特化しているので、ゲームにはあまり向かもしれません。World of WarcraftやDiablo3をする時などは、上記に書いたように左手をキーボードの上で待機させているので、うっかりキーを押してしまいます。特にDiablo3では一番強力必殺技を放つ4キーをどうでもいいところで押してしまうことがあります(泣)。なのでゲームはゲーム専用のキーボードでするか、ゲーミングキーパッドでプレイした方がいいでしょう。


Razer Tartarus ゲーミング キーパッド 【正規保証品】 RZ07-01030100-R3M1

MayaにGoZをインストールしたら3Dマウスが動かなくなった

3D-CGやCADでの制作作業に大変役に立つ3DconnexionのSpacePilot Proですが、3D-CGやCADのプラグインとして機能するシステムなので極まれにトラブルが発生することがあるようです。今回はMayaにZBrushのプラグインGoZをインストールしたら3Dconnexionの3Dマウス(SpacePilot PRO)が動かなくなってしまいました。3Dマウスの問題ではないので落ち着いて対処すれば問題ないと思います。


3Dconnexion SpacePilot Pro

3Dconnexionのフォーラム

3Dconnexionのサイトを調べてみるとフォーラムに解決方法が書いてありました。

解決方法 その1

Script EditorのMELタプにMagellanStartup;と打ち込むと使えるとのこと。 さっそくトライしてみるとコントロールキャップとFITボタンが使用可能になりました。

しかし! クイックビュー ナビゲーションキーとインテリジェント機能キーが動きません。 3Dconnexion Button Mapping Editorの設定を調べてみると、 デフォルトの設定が表示されていませんでした。 さらにこの方法の問題点は毎回Mayaを起動するたびにMagellanStartup;と打ち込まなくてはなりません。 これは面倒ですよね。

解決方法 その2

そこでもうひとつ紹介されていたusersetup.melの最後の行にMagellanStartup;を書込み、保存する方法にチャレンジしてみました。

私の場合はWindows7 64bit版のMaya2011なので下記のパスにusersetup.melがありました。
C:\Program Files\Autodesk\Maya2011\scripts

注意:usersetup.melファイルのアクセス許可で書込み可能にしてから上記の方法を実行しないと保存できませんでした。

この方法でMayaを起動してみると3Dマウスを自動的に認識し、Button Mapping Editorもデフォルトの設定が表示されて問題なく使用可能になりました。 これで問題解決です!