昭和61年放送のNHK趣味講座:油絵入門 講師:小松崎邦雄

アメリカのブックオフでNHK趣味講座 油絵入門のテキストを発見しました。お値段はたったの1ドル。本の保存状態が良いので近年放送された番組かと思ったら、なんと昭和61年に放送されたテキスト。昭和61年というと1986年・・・27年前に出版されたテキストとは驚きました。どのようにしてアメリカのブックオフに流れ着いたのか考えると不思議です。

薄いテキストなのでテレビ放送の内容が全て書いてあるわけではないと思うのですが、スタンダードな油絵の使い方が少しでも理解できればと思いこのテキストを迷うことなく購入しました。なにせ価格1ドルの古本ですからね。

テキストを読んだ私の感想とメモ

2章:油絵の具と油(この章の最初の2ページ以外は画家の坂本一道さんが解説)

このテキストのなかで一番勉強になったのがこの章です。色の種類、特徴と使い方、混色上の注意、溶き油の種類と特徴などが書かれています。これから油絵を初める人への重要な注意点も書かれていました。 絵具には毒性を持っているものがあるので傷のある手で触れたり、粉末状で吸い込んだり、口に入れてはいけないと記述。

私の日本でのカルチャースクール経験とコミニティーカレッジでの経験から絵具に毒性があることを知らないビギナーが多くいました。例えば筆をくわえてしゃぶったり、パレット代わりに使っている小皿でご飯を食べたりする人を見かけたことがあります。上記のような変な習慣は止めた方がいいと思います。

3章:用具をそろえる

絵具箱、イーゼル、パレット、油壺、筆、ナイフ、筆洗のバケツ、いす、腕枕、クリップなどについて説明されていました。人によって必要な物は違うと思うのでこれからはじめる人は徐々に揃えていけばいいと思います。私の場合は絵具箱はDIY用の大きめの工具入れ、イーゼルは持ってないし、パレットはブッチャー用のパレットを使っています。

特に役に立ちそうな情報だったのが、筆洗のバケツを3つ用意して次々にバケツを変えて洗うと筆が石鹸で洗う必要が無いくらいにきれいに落ちるとのこと。これなら自宅でも楽に筆洗いができそうです。しかし問題は筆洗のバケツの値段が1つ50ドルすること。5ドルくらいのモノもあるのですがフタに汚れが付着すると閉まらなくなってしまいます。後日ちゃんとした筆洗いのバケツを追加購入してためしてみようと思います。

4章:形をつかむ

このテキストは油絵がメインなので形については深く追求していません。この章を超簡単にまとめてしまうと石膏デッサンで長い時間をかけて何度も見え方を確かめる訓練をして形と明暗の訓練をするのがいいとのこと。気軽に絵を描きはじめたい初心者としては耳が痛いところですね。しかし、すぐに実行できそうなことも書いてありました。形を正しくつかむためには常に正しい姿勢で描かないと垂直線と水平線が正しく認識できないし、描くことができないと書かれていました。単純な情報だけど習慣として身体にみについているかと言うと難しい。自分の作業中の姿勢の悪さを思い出して反省、これからは姿勢に注意したいと思います。

5章:色で描く

この章もメインの話ではないので深くは追求はしていません。印象派の作品を例にして色彩を重要視して描く方法があることを解説しています。

6章から25章:作例

静物、人物、風景などの様々な作品を作りながら油絵の使い方を解説しています。たぶん放送では講師が色をまぜるところや、油を使う映像が入ることにより、油絵の使い方が理解されやすく構成されていたのかもしれません。しかし書籍にしてしまうと油絵の使い方の解説は少なく、静物、人物、風景などを描く時の個別のアドバイスのようになっているのが残念です。その代わりに様々な絵の制作プロセスが書かれているでスタンダードな制作プロセスが理解できると思います。また様々な絵画の名作と共に各章の作例を解説しているので読み物としてもは面白いです。

最終章:油絵の歴史

この章は高階秀爾さんによる油絵の誕生、イタリアでの展開、バロックとロココ、近代絵画、印象派以降、日本の油絵について解説されています。この内容は放送してないのでテキスト購入者へのサービスでしょうか?楽しく読ませてもらいました。

感想

NHK趣味講座のテキストなので雑誌のように薄い本なのですが、情報量が豊富に掲載されています。特に材料に関する記述や基礎的な描き方などはよく解説されているので、通常書店で売っているような油絵の本よりよく書けているかもしれません。かなり勉強になったのでこのテキストには十分に満足しています。

ただし、少し気になる点としては学習のスピードが速いです。昭和61年放送を見ていないので確実なことは言えませんが、1週間ごとに描く題材が変わってしまうので、視聴者が自分の手を動かしながら学習するには難しいないようになっています。なので当時この番組を見て油絵をはじめようと思った人は6章の放送あたりから取り残されてしまった可能性があります?これだけいいテキストなのだからもう少しペースを落としてもよかった気がします。

もちろん昭和61年という時代では、油絵の情報を入手できるだけで十分価値ある放送だったと思われます。なので情報量を優先する必要があったのかもしれません。テレビや書籍のように情報量の提供に限界があるメディアでは、「情報量を優先してテキストをつくるのか?」それとも「初心者が実行可能なレベルで情報を抑えるのか?」で制作側は悩まれたと思います。

最近のNHK趣味講座

NHKでは適期的に油絵入門の入門講座を放送しているようで、その後も様々な講師によって放送され続けています。最近では『趣味Do楽 城戸真亜子の油絵って楽しい!』 という番組が放送されていたようです。

テキストのサンプルを見ると初心者が手を動かして学習しやすいテキストになっているようです。目次を確認すると27年前よりもトピックの数がしぼられ、制作しやすい内容になっているようです。この講座ならば、まったく絵を描いたことがない人でも楽しんでやりとげられたのではないでしょうか?

絶版で入手困難となってしまった絵の描き方の入門書『脳の右側で描け』が第四版となって発売予定

これから趣味として絵やイラストを描くことをはじめたい人に朗報です。カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で教鞭をとっていたベティ・エドワーズさんの入門書『脳の右側で描け』の第四版が発売されます。


決定版 脳の右側で描け

絶版になっていた入門書『脳の右側で描け』

『脳の右側で描け』の第三版が絶版となってしまったので、書店での入手が困難な状況になっていました。しかもAmazon.co.jpでは、中古価格が上昇してしまったので、購入をためらってしまった人も多かったと思います。しかし、もう大丈夫です。ついに第四版が発売されることが発表されました。

誰でも絵が描けるようになる入門書『脳の右側で描け』

絵を描くことは誰でもできる技術であり、しかも数学や英語のように「学習でき、教えることができる技術」であることを証明した本が『脳の右側で描け』です。脳科学のようなタイトルがついているので「自己啓発本」のようなイメージを持たれる方もいるかもしれませんが、内容はちゃんとした美術の入門書です(笑)。

美術の知識がゼロの人ほど重宝する入門書

「なぜ絵が描けないのか?」を脳の機能から解説することで、絵を描くための脳の使い方を学べます。またこの入門書は古典的な技法やトレーニング方法を効果的な学習順に組み立てたことでも有名です。他の入門書では切り捨てられてしまうような基礎的な技法やトレーニングが掲載されているので、美術の知識がゼロの人ほど重宝する入門書です。


決定版 脳の右側で描け
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ

「30枚きっちり描くこと」で自分の絵が上達したことがわかる

やみくもに絵を描いても「自分が上達したのか」わかりません。特に絵を描いたり、モノを作ったりするような趣味では、上手くできることもあれば、下手になっていることもあります。また上達したことにより、制作作業が楽になってしまうと、『十分な達成感』を感じなくなります。そのような時にこそ注意が必要で、根拠なく「自分は下手だぁー」と落ち込んでしまうことがあります(笑)。

上達度を客観的に計測することの重要性

絵を描いたり、モノを作ったりする趣味は上達したことを実感できなくなると、挫折する確率が高くなりがちです。なので自分の上達度を客観的に計測できる方法を身に着けておく必要があります。

30枚きっちり描く事のすすめ

カルチャースクールの人気講師でもあり、画家の永沢まことさんは著書『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』の中で「30枚きっちり描くこと」をアドバイスしています。


永沢まことのとっておきスケッチ上達術
出版社: 草思社
著者: 永沢 まこと

悩むのは30枚描いてから

永沢まことさんは「30枚もの枚数を描くとハッキリと『上達している』、もしくは『何かが変わった』と言える」とアドバイスしています。なので初心者のうちは「なかなか上達しないなぁ」と考えるより、割り切って「30枚きっちり描く」ことだけを考える方が精神的に良いです。特に初心者のうちは30枚も描くと確実に実力がついているので、不安に思う必要はありません。

夢中で描いている時は客観的に分析できない

絵を描いている時や、描き終わった直後は、描くことに夢中になっているので、客観的に分析することは難しいです。描くのに行き詰まったり、これで完成と思った時点で描くのを止めておきましょう。無理に描こうとすると今まで描いた絵を壊してしまう可能性があります。

客観的に自分の絵を分析する

30枚描き上げてから自分の絵を見直すと、描いたときから時間が経っているので、客観的に絵を評価できるようになります。自分の好きな表現やテクニックが明確になったり、知らず知らずのうちに新しいことにチャレンジしていたことにも気がつくと思います。上達しているところは褒め、失敗しているところは次の課題としておきましょう。

気に入らなかった絵も保存しておく

描いたときには気に入らなかった絵でも、時間が経つと愛着がわくことがあり、今後の作品のテーマになることもあります。なので描いたときに「この絵は失敗」なんて思わず、きちんと保存しておくといいでしょう。

どうしても分析できない時

「この絵は何かがおかしい!だけどハッキリした答えがわからない・・・」このような時は、あまり頭を悩ませる必要はありません。部屋の片すみにでも放置しておいてください(笑)。そして時折その絵を眺めるといいでしょう。漠然と絵を見つめているうちに、何が論理的におかしいのか理解できる時が必ず来ます。それまでは他の作品に取り組みながら、気長に待ちましょう。

追記:他のテキストでも問題ありません

残念ながら上記におすすめした『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』は絶版となって入手が困難です。しかし永沢まことさんの書籍はたくさん出版されているので、入手しやすいモノから読んでみることをお薦めします。他のテキストでも基本的なアドバイスは同じです。


永沢まことの街歩きスケッチ入門 (玄光社ムック)
出版社: 玄光社
著者: 永沢 まこと


永沢まことの絵の描き方7日間
出版社: 草思社
著者: 永沢 まこと


永沢まことの花スケッチレッスン―ペンと水彩で描く (さぁ、始めよう!)
出版社: 小学館
著者: 永沢 まこと

絵を描きはじめたい人におすすめのテキスト『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』

絵を描いたことが無い人でも楽しみながら学習できるテキストが『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』です。テクニックの解説だけではなく、画材選びからモチベーションの維持まで、知っておくべき重要なことが書かれています。


永沢まことのとっておきスケッチ上達術
出版社: 草思社
著者: 永沢 まこと

レベルにあったテキストを選ぶ

本屋さんの美術書コーナーに行くとさまざまなテキストが販売されています。しかしこれから絵を描きはじめたい人は、どの本を購入したらいいのか悩んでしまうと思います。リンゴやレモンなど簡単そうなモチーフから説明しているテキストがありますが、それらのテキストは少し絵を描くことに慣れた人が本格的に勉強するための専門書です。はじめて絵を描く人がこのようなテキストを手に取ってしまうと、絵を描くことが修行のようになってしまい、挫折してしまうことがあります。

絵を描いたことが無いでも大丈夫!

そこで趣味として絵を描きはじめたい人におすすめするテキストが『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』です。永沢まことさんは画家であると同時にカルチャースクールの人気講師です。永沢まことさんの授業を元に作られたテキストなので、絵を描いたことがない人でもスムーズに学習できるように書かれています。

理解しやすい制作過程

このテキストでは制作過程のステップが分かるようにたくさん写真が掲載されています。また文章も簡潔に書かれているので理解しやすいです。テキストを読んだらすぐに画材を購入し、チャレンジしてみるといいでしょう。

ペンと水彩絵の具を使用

永沢まことさんの描き方は、ペンで輪郭線を描いてから水彩絵の具で色を塗る手法です。ペンを使用すると難しそうですが、手順通りに制作を進めれば初心者であっても問題なく完成させることができます。アドバイスとしてはペンを使うことを恐れずに、大胆に線を引いてみることです。

ちなみに鉛筆は頻繁に削る習慣を身に着け、適切な使用方法を知らないときれいに仕上げられません。なのでペンは初心者に丁度いい画材だと思います。

まずは成功体験をする!

永沢まことさんはカルチャースクールの講師としての経験があるので、初心者であっても失敗しないように制作手順が作られています。このことは初心者にとって非常に重要です。初心者が独学で絵を描こうとしてもなかなか上手くいきません。特に絵をはじめたばかりの時は、上手く描けないと絵を描くことをやめてしまうケースが多いです。なのでこのテキストを使って成功体験を積むことは、趣味を続けるうえで重要な体験となります。

重要なことはテクニックだけではない!

これから絵を描きたいと思っている人にとって、重要なことはテクニックだけではありません。永沢まことさんのテキストには絵を楽しんで描くことや、モチベーションを持続させて描くためのアドバイスが書いてあります。特に他人に自分の絵を見せた時には、つめたい反応が返ってきますので、永沢まことさんのアドバイスをぜひ頭の中に叩き込んでおいてください(笑)。事前に知っていれば大きなショックを受けずにすみます・・・残念ながら小さいショックは受けますよ(笑)。

画材をそろえる

初心者向けの入門書のなかには画材の解説がないことがあります・・・これでは画材がそろえられず挫折です(笑)。永沢まことさんのテキストでは、おすすめの画材が書いてあるので同じものを画材屋さんでそろえてください。掲載されている画材は絵を描く人にとっては一般的なものが多いので、ちゃんとした画材屋さんならば入手できると思います。

子供の画材は材質が違います

ちなみに「趣味として絵を描くための画材」と「子供が使う画材」は材質が違います。初心者のうちは掲載されている道具をそろえてからトレーニングにチャレンジしてください。なぜなら「子供が使う画材」や「質の悪い画材」は使いにくかったり、仕上がりに差がでたりします。ちゃんとした道具を使わないと失敗する確率が上がり、挫折する確率が上がります。まずは成功体験をすることが重要です。

追記:新しいテキストでも問題ありません

残念ながら上記におすすめした『永沢まことのとっておきスケッチ上達術』は絶版となって入手しずらい状態になっています。どうやら趣味関係の入門書は再販されることが少ないようです。

幸運なことに永沢まことさんのテキストは新しいものが出版され続けています。新しい本でも掲載されているテクニックは同じなので、どの本を読んでも問題ありません。入手しやすい本から読んでみてはいかがでしょうか?


永沢まことの街歩きスケッチ入門 (玄光社ムック)
出版社: 玄光社
著者: 永沢 まこと


永沢まことの絵の描き方7日間
出版社: 草思社
著者: 永沢 まこと


永沢まことの自分発見スケッチ術
出版社: 草思社
著者: 永沢 まこと

誰でも絵が描けるようになる入門書『脳の右側で描け』の対象読者について

趣味として絵を描いたり、イラストを描いたりしたいと思っているけど・・・実は「絵が全く描けない!」という人におすすめの入門書が『脳の右側で描け』です。特に一番最初に読むテキストとして最適です。


決定版 脳の右側で描け

テキスト『脳の右側で描け』の対象者

このテキストは「まったく絵が描けないレベル」の読者を対象にしています。「まったく絵が描けないレベル」とは、幼稚園生や小学校低学年の子供たちの描く絵に近い状態のことを指します。

例えば子供が描いた富士山、家、家族の似顔絵を思い浮かべてください。これらの絵は子供たちが目で見たものを描いていません。実は子供たちの頭の中にあるイメージを描いているのです。

なのでこの子供の状態に近い人は『脳の右側で描け』の対象読者です・・・と言ってもショックを受けないでください(笑)。現在の義務教育では絵の描き方をまったく教えていませんし、美術の授業では頓珍漢なことを教えているので・・・(笑)。

注意:本来は絵を描くのに写実的に絵が描けなくても問題ありません。ただ世間一般的に「絵がうまい人」と呼ばれる人が写実的に絵が描ける人のことを言うことが多いので、今は便宜的に「絵がまったく描けない人 = 写実的に絵が描けない人」としています。

対象読者ではない人

少しでも写実的に描くことができる人や、漫画のキャラクターなどを見てある程度模写できる人には、『脳の右側で描け』をおすすめしていません。そのような人たちはこの本で紹介されているトレーニングを自然とマスターしている可能性が高いからです。なのでこのテキストに書いているような「右脳と左脳の切り替え」を強く感じることはできないかもしれません。

ただし「なぜ世の中には絵が描けない人がいるのか?」ということを論理的に知りたいと思っている人や、初歩的なトレーニングとテクニックを知りたい人にはおすすめです。十分に役に立つテキストになると思います。

脳トレに使う?

絵には興味が無いけど、脳トレに使いたい人にもおすすめです。絵を描くことで、今まで日常生活で使われていなかった脳の機能が活性化されると思います・・・ただし何に役立つのかわかりませんけど(笑)。

個人的な思いこみレベルに過ぎませんが、空間認識にいい影響がでると思っています。特に日常生活で図形や絵に関わる機会がなかった人にはいい刺激になるでしょう。


決定版 脳の右側で描け
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ

ワークブックもおすすめ!


決定版 脳の右側で描けワークブック[第2版]
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ


絵を右脳で描く―「描く能力」が劇的に向上 (朝日カルチャーセンター講座シリーズ)
出版社: 旬報社
著者: クリスティン ニュートン、古賀 良子

全く絵が描けなくても大丈夫!これから絵を描きはじめたい人むけの入門書『脳の右側で描け』

「絵を描きたいけど自分には全く絵の才能がない」と思っている人にぜひ読んで頂きたい本が『脳の右側で描け』です。私はこの本と出合ったことで、やっと絵を描くことを趣味とすることができました。


決定版 脳の右側で描け

全く絵が描けないので、何度も挫折

私は何度も「絵を描けるようになりたい!」と思い立っては、絵を描くことにチャレンジしてきました。しかし・・・自分の下手な絵にショックを受け、そのつど挫折していました(笑)。

『デッサンの入門書』は専門書

またデッサンの入門書を購入してみたものの、最初の課題からついていけず、「才能がないんだ・・・」とショックを受けては挫折していました(笑)。しかし今思えば、その当時購入したデッサンの入門書は「全く絵を描いたことがない人」を対象読者としていなかったのです。デッサンの入門書と書いてあっても、それらの本は『専門書』だったのです・・・理解できなくて当然ですね(笑)。

書籍『脳の右側で描け』との出会い

「自分には絵を描く才能がないんだ」と思っていたときに、科学雑誌『ニュートン』の小さなコラムに書籍『脳の右側で描け』が紹介されていました。さっそく購入してみると「自分には絵を描く才能がないんだ」と思っていたことが、単純な「脳の処理の問題」だったということに気がつかされました(笑)。

絵が描けない原理を理解する

カリフォルニア州立大学ロングビーチ校で教鞭をとっていたベティ エドワーズさんによって書かれた『脳の右側で描け』は「なぜ絵が描けないのか?」という原理を理解することからスタートします。特に掲載されている最初の課題を実践すると「自分の脳をコントロールできなかったこと」に驚かされると思います(笑)。

「右脳と左脳のトレーニング」とは?

「右脳と左脳のトレーニング」と聞くとかなり怪しい感じがすると思います。しかしこのテキストで使用するトレーニングは決して怪しいモノではないので安心してください(笑)。掲載されているトレーニングは全て一般的なトレーニングとテクニックです。

この本の革新的なところ

著者であるベティ エドワーズさんの功績は、今までバラバラに存在していたトレーニングやテクニックを集め、効果的で包括的なトレーニング方法を作ったことです。さらに各トレーニングの意味するところを脳の仕組みから解説しているので、他の入門書とは違う『論理的な入門書』になっています。

あとはトレーニングするのみ!

絵を描く原理がわかってしまえば何も恐れることはありません!あとは掲載されているトレーニングを経験することで絵が描けるようになります。この本に出合ったおかげで私は絵を描いたり、ものを作ったりすることが趣味として定着しました。なので「自分には絵が描けない」と思っている人にぜひ読んで頂きたい本です。

ちなみにこのサイトでは書籍『脳の右側で描け』についての注意点や、その後の学習方法などについても書く予定です。こちらのリンクをクリックすることで他の記事も読めるようにしておきます。よろしくお願いいたします。


決定版 脳の右側で描け
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ

ワークブックもおすすめ!

トレーニングを実践し、本当に効果があるのか実感してみたい人には下記のワークブックがおすすめです。最後までやれば効果があるはずです。


決定版 脳の右側で描けワークブック[第2版]
出版社: 河出書房新社
著者: ベティ エドワーズ


絵を右脳で描く―「描く能力」が劇的に向上 (朝日カルチャーセンター講座シリーズ)
出版社: 旬報社
著者: クリスティン ニュートン、古賀 良子