一眼レフカメラを購入して最初に覚えると良いテクニック:三分割法

一眼レフカメラを購入して最初に覚えるといいテクニックが三分割法です。このテクニックは構図を作るときに使います。簡単にマスターできる上に、絵画制作や動画撮影などでも共通して使るので便利です。

被写体を真ん中に配置しない

被写体を真ん中に配置する構図を日の丸構図と言います。被写体は強調されるのはいいのですが、写真としては画面構成に面白味が無くなってしまいます。特に初心者の時は日の丸構図ばかりで撮影してしまいがちです。そこで被写体を真ん中に配置しない三分割法を使ってみましょう。

三分割法

この記事のトップに掲載した写真を見てください。画面の水平方向を等間隔に三分割するラインが引かれています。同じように垂直方法も等間隔に三分割するラインが引かれています。そうするとこれらのラインが交差する点が4つできます。この三分割するラインと交差点を目安に被写体や地平線などを配置するのが三分割法です。

地平線を三分割法で配置する

三分割法を使うだけで写真の印象がだいぶ変わります。例えば風景写真の場合は地平線の配置場所を変えるだけで印象が変わります。画面の上から三分の一にあるラインに地平線を配置すると地面の面積が増え、地面が強調されます。それとは逆に画面の上から三分の二にあたるラインに地平線を配置すると空の面積が増え、空が強調されます。

三分割法を崩す

三分割されたラインや交差点に被写体を完全に合わせなくても構いません。画面全体のバランスに合わせた感覚で配置するといいでしょう。また三分割法を崩し、自分なりに応用して撮影することもできます。

画像編集でも使える三分割法

撮影だけでなく画像編集で画面をトリミング(写真の一部を切りとる加工)する時にも三分割法が使えます。トリミングの仕方によっては元の写真とは全く異なるイメージに仕上がることもあるので、大胆にチャレンジしてみるといいかもしれません。