動画撮影時の手ブレをなくす方法

一眼レフカメラで動画を撮影した後で撮影した動画を確認してみると、まれに手ブレが気になってしまうことがあります。一眼レフを使用した動画撮影では、写真撮影のように安定した体制で撮影することができません。その原因は液晶モニターを確認しながら撮影しなければならないので、両手を前に出した不安定な体制で一眼レフカメラを持たなくてはならないからです。しかも長時間撮影をしていると疲れて手ブレはひどくなりがちです。そこで動画撮影時の手ブレをなくす方法、もしくは手ブレを軽減する方法をリストしてみました。

安定した場所に置く

手ブレをしない方法として一眼レフカメラを安定した場所に置くという方法です。カメラが落ちたり、動いたりすることがない場所を見つけ、希望する構図が作れるのならばこの方法が一番簡単でお金のかからない方法です。しかし問題は簡単にそのような場所を見つけることができないことです。

ストラップを使う

ストラップを引っ張る力を利用してカメラを安定させます。例えば首にストラップをかけた場合は両腕を前方に伸ばし、ストラップを張った状態にします。ようするに両腕と首にかけたストラップの引っ張り力の3点で支えるという考え方です。視点となる場所が首だと疲れてしまう場合は、肩や肘を視点にするといいでしょう。肘の場合はストラップを腕に巻いて長さを調節すると簡単です。ただしこの方法だと首や肩が疲れる上に、手ブレをおさえる効果は小さいと思います。

お腹の前で抱える

以前、混雑していた街角で通行人にインタビューしていた人(プロ?)を見かけました。その人は1人でインタビューと撮影を同時にしていたので、一眼レフカメラとICレコーダーをお腹の前で抱えるように持ち撮影していました。まるで赤ちゃんをかかえるようなスタイルなので安定性もあるし、短時間の撮影ならば疲れないと思われます。またバリアングル液晶を使えば画面の確認がちゃんとできるので、良い方法だと思います。このように三脚が使えないような混雑した現場では使える方法ではないでしょうか?

三脚を使う

手ブレをなくすためのベストな方法が三脚を使うことでしょう。まれにプロの人たちやチームで動画撮影している人たちが撮影している現場を目撃することがあります。撮影方法を観察してみると通常は三脚を使用しています。なので趣味としての動画撮影であっても三脚を常に使用するのがベストなのでしょう。ただし混雑している人ごみや三脚を使うと危険になるような場合は使用を控えた方がいいでしょう。

動画用の三脚

動画撮影用の三脚は雲台の作りが写真撮影用とは違います。パンやティルトをしたときの動きが非常に滑らかです。またハンドルも長いのでコントロールしやすいです。シッカリとした作りなので持ち運びなど大変そうですが、動画撮影にはベストな選択だとおもいます。

Manfrotto ビデオキット シングル3段 MPROカーボンファイバー MVK500C

写真用の三脚

パンやティルトはできませんが写真撮影用の三脚でもフィックスの撮影ならば使えます。以前NHKのスタッフが1人で撮影している現場を目撃したことがあります。撮影機材は本格的な動画専用のビデオカメラと三脚を使用していました。しかしNHKのスタッフは1人でインタビューと撮影をこなさなくてはならないうえに、その日の夕方には編集して放送するので、手際よくフィックスで撮影していました。なのでフィックスでも最低限の撮影には使えると思います。

ちなみに私は写真と動画兼用の三脚を使用しています(記事へリンク)。パンやティルトすることが可能なので便利ですが、写真用の雲台の機能をベースに設計されているので動画専用の雲台のように非常に滑らかな動きはできません。

SLIK 三脚 プロ 500 HD-LVN 3段 中型 108055

一脚を使う

1人で動画を撮影していると三脚は持ち運びが大変だし、セッティングも大変です。また混雑した観光地のようなところでは三脚をつかうことが難しかったりします。そのような時は一脚を使った方が便利です(記事へリンク)。三脚のような安定性はありませんが、一脚でもかなり安定します。また長時間撮影している時などは一脚を支えているだけでいいのでかなり楽です。さまざまな一脚が販売されていますので自分の撮影スタイルに合った一脚を選ぶといいです。動画専用の一脚も販売されています。

Manfrotto プロフルード ビデオ一脚 雲台付 MVM500A

液晶画面用ファインダーを使う

液晶画面に取り付けるファインダーを使用することも手ブレ防止には役に立ちます(記事へリンク)。ファインダーを使うことで写真撮影と同じスタイルで撮影できるので安定した姿勢で撮影ができます。また両腕と目の3点で支えることができるので手ブレの軽減効果もあります。

Hoodman カメラ用アクセサリー カスタムファインダーキット キヤノン3.2インチLCD用 液晶モニターフード 042672

その他の撮影器具

上記の撮影器具以外にも様々な商品が販売されているので用途に応じで使用してみるといいかもしれません。撮影機材は安い商品も販売されていますが、ちゃんとした使いやすさと機能を考えて設計がされている商品はお値段が高いです。

Manfrotto SYMPLA ショルダーマウントKIT(Cウエイト付) MVA511WK-1

動画編集用ソフトを使う

撮影が終わってから手ブレがひどいことに気が付いてしまった場合は動画編集用ソフトを使って手ブレしてしまったシーンを修正する方法もあります。

まとめ:自分の撮影スタイルに適した方法を適宜採用する

手で一眼レフカメラを持った場合は手ブレを完全になくすことはできません。また長時間撮影すれば腕が疲れるので、さらに手ブレがひどくなってしまいます。そこで撮影のための備品を使用し、手ブレが気にならないレベルまでカメラを安定させる必要があります。正直「また備品を買うために出費するのかぁー」と嘆きたくなりますが、写真や動画の撮影はさまざまな備品に依存しているので「出費は仕方がないことだ・・・」と思うしかありません。決定的な撮影チャンスが訪れたのに必要な備品を持っていなくて撮影ができなかった・・・なんて悲劇は避けたいところですから(泣)。備品を購入する時は自分の撮影スタイルを理解し、必要だと思われる備品から購入するといいでしょう。一眼レフカメラは自分のお財布との戦いでもありますから・・・(泣)。

動画撮影に使用する本格的なファインダー『ZACUTO Z-ファインダー シリーズ』

ZACUTOから発売されている『Z-ファインダー シリーズ』はHoodmanの液晶モニターフードよりもさらに本格的なファインダーです。いい商品なので欲しかったのですが、さすがにお値段が高くて断念しました。

拡大率2.5倍と3倍のファインダー

この『Z-ファインダー シリーズ』はファインダーのレンズが拡大鏡になっており、拡大率2.5倍と3倍の商品が発売されています。ただし注意する事として、レンズが拡大鏡となっているので使用しない時は必ずキャップを付ける必要があります。


ZACUTO Z-ファインダー Pro2.5x


ZACUTO Z-ファインダー Pro3x

液晶サイズによって商品が違う

また3インチ液晶サイズ用と3.2インチワイド液晶サイズ用で商品が違うようです。株式会社ノビテックのサイトにZ-ファインダーシリーズとカメラの対応表がアップされているので確認してから購入したほうが良いでしょう。

日本でも取り扱っています

日本では株式会社ノビテック株式会社システムファイブの2社で販売されています。『Z-ファインダー シリーズ』だけでなく他のZACUTO製品も魅力的なのでチェックしてみるといいと思います。ただし本格的な製品ばかりなので、お値段も本格的です(笑)。

動画撮影に使用するための液晶モニターフード『Hoodman カメラ用アクセサリー カスタムファインダーキット』

Hoodmanから発売されている『Hoodman カメラ用アクセサリー カスタムファインダーキット』を使うと野外での動画撮影時に大変役にたちます。

キットの構成

『Hoodman カメラ用アクセサリー カスタムファインダーキット』は「フードルーペ」「フードマグ」「カスタムファインダープレート」をセットにした商品です。カメラの液晶モニターのサイズにより2種類のキットが販売されています。

Hoodman カメラ用アクセサリー カスタムファインダーキット キヤノン3.2インチLCD用 液晶モニターフード 042672

Hoodman カメラ用アクセサリー カスタムファインダーキット ニコン 3-3.2インチLCD用 液晶モニターフード 042689

液晶モニターフードを使う利点

野外で動画撮影をすると太陽からの直射日光と周辺からの反射光によって液晶モニターが見づらくなってしまいます。そこで野外での動画撮影では液晶モニターフードをつけて撮影すると便利です。特に動画の場合はマニュアルでフォーカスを設定することが多いので、ピント合わせをするときに大変役に立っています。

3点で支えるのでぶれにくい

両腕とファインダー部分の3点でカメラを支えるのでカメラがぶれにくくなります。写真撮影と同じようにカメラを構えることができるので、安定したポジションでの撮影が可能です。

モニターの近くで確認できる

液晶モニターフードを付けることでモニターから8㎝くらいの位置で確認できます。モニターから近い距離なので全体から細部まで確認しやすいです。(レンズ部分の商品名はフードルーペと呼ばれています。だからと言って虫眼鏡のように拡大するわけではありません)

視度補正機構

±3.0の視度補正機構がついています。レンズ部分を回すことでレンズ部分が前後に移動し、視度を補正できます。

必要に応じて取り外し可能

カメラとフードは必要に応じで取り外しが可能です。取り外したフードにはストラップがついているので首から下げておくことができるので撮影のじゃまになりません。

お値段

何と言ってもうれしいのは以前よりも値段が下がったことです。半年くらい前はAmazon.co.jpで3万5千円くらいだったと思います。

液晶画面の確認作業のみならば『フードルーペ』

写真撮影した画像を液晶画面で確認するために使いたいならHoodmanの『フードルーペ』だけを購入すれば問題ないです。撮影時は『フードルーペ』を首から下げておき、撮影後に『フードルーペ』を液晶画面の上にかぶせて画像を確認できます。後から他のパーツを購入することで『Hoodman カメラ用アクセサリー カスタムファインダーキット』と同じセッティングにすることも可能です。

Kenko ルーペ フードルーペ H32 3.2型モニタ用

『デジカメ&ビデオカメラで動画を上手く撮る本』を読みました

せっかくCanon 70Dを購入したからにはビデオ撮影もチャレンジしたいと思い、森脇孝さんの著『デジカメ&ビデオカメラで動画を上手く撮る本』を読みました。子供の運動会や結婚式など記録しておきたい大切なイベントなのに、カメラをブンブン振ってしまって、後で映像を確認してみると船酔いしそうな映像になってしまったぁー!なんて経験をしたことがある人におすすめのテキストです。

読みやすいうえに、簡単に基本的なテクニックを覚えることができるので、この書籍を読んだ人は物足りないように感じるかもしれません。しかしビデオの撮影はスポーツみたいに体で覚えていく必要があるので、実際に練習してみるとボリュームのある内容になっていると思います。

デジカメ&ビデオカメラで動画を上手く撮る本

チャプター1
ファイル形式、画角、カメラの種類、自分だけでは撮影できない動画、動画制作の流れが簡素に書かれています。ここはサラッと読み進めて問題ないと思います。それよりも次のチャプターから書かれているテクニックを実践していく方が重要だと思います。

チャプター2、3
書いてある内容はビデオを撮影の基本中の基本しか書いてありません。フィックス、パン、ズームイン、ズームアウト、ドリー、ヒキ、ヨリ、ナメなどの撮影テクニックから構図や光などについても解説されています。またチャプター3の最後には三脚の選び方が丁寧に説明されていたので、これから三脚の購入を考えていた私にはとても参考になりました。

ここに書かれていることは簡単に理解できるのですが、実際にカメラをもって撮影してみるとフィックスですら練習しないときれいに撮るのは難しいですね・・・パンやズームインなどはさらに難しいと感じました。どうやら何度も撮影して体で覚えるしかないようです。

チャプター4
シーン別に撮影のコツを紹介しています。前のチャプターで学習したヒキ画、全体、ヨリなどのショットを適切に組み合わせることで、伝えたいことを正確に表現する方法を学びます。観光名所、海、山、人物、インタビューなどを例にどのように構成したらいいのか解説してあります。運動会、発表会、ウェディングなどのコツも書いてあるので役に立ちそうです。

このチャプターも頭では理解できるのですが、いざ撮影してみるとなかなか難しい。動く被写体や周囲の変化に気をとられるし、あれもこれも撮影したいと欲をかいてしまうので、カメラをふりまわしてしまいます。そんな時はこの章に書かれていることを思い出し、ひとつひとつのショットを分けて撮影するように心がけています。

チャプター5
Windows用のMovie Makerを使って動画編集をしていきます。Windows8を使用している人はマイクロソフトのサイトからソフトをダウンロード(無料)してから使用します。書籍でソフトの使用方法を理解するのは読みなれてないと難しく感じるかもしれません。しかし難しいソフトではないので実際に自分で使用していくうちに慣れてくると思います。WEBサイトからサンプルデータがダウンロードできるので編集の練習に使用したり、参考にするといいでしょう。

お金に余裕のある人は有料の動画編集ソフトを使用する方がいいでしょう。使いやすいですし、たくさんの機能があるので満足できると思います。さまざまなソフトがあるので迷ってしまいますが、この書籍で紹介しているAdobe Premiere Elementsで問題ないと思います。ちなみに2014年10月3日に最新のバージョンの13が発売されたばかりです。

Adobe Premiere Elements 13 Windows/Macintosh版

チャプター6
作成した動画をDVDにする方法とYouTubeにアップする方法が簡単に書かれています。もっとこだわりたい人は他の書籍やインターネットで深く追求してみるといいと思います。

チャプター7
動画の活用方法と便利な素材サイトの紹介が書かれています。このチャプターはおまけみたいな感じですけど、QRコードの作成方法や無料素材のサイト情報はすぐにでも役に立ちそうです。