デザイン入門書の定番『ノンデザイナーズ・デザインブック』の第4版がついに出版

デザイナーでない人のために書かれたデザインの入門書『ノンデザイナーズ・デザインブック』の第4版がついに発売されました。

デザイン入門書の定番

ロビン・ウィリアムズさんの著書『ノンデザイナーズ・デザインブック』は長年出版され続けているデザイン入門書の定番です。全くデザインになじみがないビジネスマンでもすぐに理解し、実践できるように書かれています。またこれから本格的にデザインを勉強したいと考えている人もこの入門書からスタートすると理解しやすいと思います。

ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]

ビジネスマンにおすすめ

プレゼン資料を作ったものの「読みずらい資料になってしまった」、「意図したことが伝わらない」などの悩みがあるビジネスマンにおすすめです。デザインとは「装飾したり」、「好みでイラストを使うこと」ではありません。伝えたいことの優先順位を決め、その優先順位に沿って視覚的コントロールをすることが重要です。

このように言葉で説明すると難しそうに聞こえますが、ノンデザイナーズ・デザインブックは成功例と失敗例を載せているので視覚的にすぐに理解できます。またデザイン手法について論理的に解説されているので、デザインとは個人のセンスに任せたものではないことが分かると思います。クリエイティブの分野もスポーツや他の趣味同様に、やればやっただけ上手くなるので「自分にできるのかなぁー?」などと不安に思う必要はありません。

写真を趣味にしている人にもおすすめ

現在のデザインは素材として写真を使うことが多いので、写真を趣味にしている人は自分で撮った写真を元に名刺、チラシ、ポスターなどを作ってみてはどうでしょうか?すでにフォトショップもしくはAdobe Creative Cloudを使っていると思うので、デザイン手法をちょっと勉強するだけで趣味の写真ライフがさらに豊かになると思います。

クライアントのダメ出しからデザインを考える書籍『○×でわかる! デザインが良くなる5つのポイント』

Before After形式でグラフィック・デザインを解説する書籍はたくさんありますが、書籍『○×でわかる! デザインが良くなる5つのポイント』はクライアントのダメ出しからデザインを考えるユニークな形式でグラフィック・デザインを学習できます。

クライアントのダメ出しから考える

書籍『○×でわかる! デザインが良くなる5つのポイント』のユニークな点はクライアントのダメ出しから改良ポイントを考える形式を採用していることです。クライアントはデザインの専門家ではないケースが多いですから、デザイナーに何をどのように変更して欲しいのか伝えることが難しいと思います。「欲しいデザインはなんとなく違うんだよなー」と漠然と考えているクライアントの要望をくみ取る練習に最適だと思います。

○×でわかる! デザインが良くなる5つのポイント

パッと見ただけでわかる「お直しポイント」

Before After形式なのでデザインの「改良ポイント」がパッと見ただけでわかります。また技術的な「お直しポイント」を3点に絞って解説しているので、時間をかけずにグラフィック・デザインの考え方を学習できます。50点のケースが掲載されているので参考資料としても使えると思います。

キーワードによるレイアウトのアイディア

チャプター2は「タイトルを目立たせたい」、「見やすく整理したい」といったキーワードを元にしたレイアウトのアイディアが30点掲載されています。すぐに使えるアイディアが掲載されているので便利です。

ビジネスマンにも読んでもらいたい書籍

専門的な用語などは使われていないし、パッと見ただけで理解できる書籍になっているので、グラフィック・デザインの入門書としてよくできています。なのでデザイナーだけでなく、プレゼンテーション用の資料作成をするビジネスマンやデザインを発注するビジネスマンにもぜひ読んでもらいたい書籍になっていると思います。

『ロゴライフ 有名ロゴ100の変遷』を読みました

世界の有名企業100社のロゴの変遷を解説した書籍『ロゴライフ 有名ロゴ100の変遷』を読みました。日常でよく目にする企業ロゴの意味することやコンセプトを知ることができ、改めて企業ロゴの重要性を再認識しました。

著者はロン・ファン・デル・フルールトさんというオランダのデザイナーです。

ロゴライフ 有名ロゴ100の変遷

掲載されている企業は主にアメリカ、ヨーロッパ、日本の企業です。コカ・コーラ、ペプシ、マクドナルド、メルセデスベンツ、BMW、シェル、IBMなど企業ロゴのお手本みたいなデザインが勢ぞろいしています。むしろ知らない企業の方が少ないと思います。日本企業はキャノン、ニコン、富士フイルム、日本航空、トヨタ自動車、マツダ、資生堂が掲載されていました。

この書籍は企業の歴史とともに時系列でロゴを解説しています。なので前のコンセプトをどのように継承してデザインしたのか理解しやすいです。コカ・コーラ、ラッキー・ストライク、シェル、ジョンディアなどのロゴが代表的だと思います。それとは反対にビジネスモデルの変化にともないロゴが大きく変化していることも理解しやすいです。

ちょっと悲しいのが失敗してしまったロゴ。従業員や顧客から不満の声が上がったことにより、すぐに変更したロゴや再利用されたロゴも紹介されています。これらのロゴをみていると継承と変化をどのようなバランスでデザインしたらいいのか悩むところですね。

業界別に観察してみるのも面白いです。近年はIT業界をはじめとしてフラットデザインがはやりですが、自動車業界は車のエンブレムのように立体化していることがわかります。

デザイナーの人だけでなく、ビジネスマンにも楽しく読めるロゴの入門となっているので、好きな企業のロゴをまねることや、カッコイイロゴを目指すことがゴールではなく、ロゴは企業のビジネスをコントロールするツールであることがよく理解できると思います。

デザイナーでなくてもグラフィック・デザインを理解できる入門書『ノンデザイナーズ・デザインブック』

まったくデザインのことなどわからなくても問題なく読めて、理解ができる入門書がロビン・ウィリアムズさんの著書『ノンデザイナーズ・デザインブック』です。この本を読めば「カッコイイから」「流行っているから」「好きだから」などの理由でデザインを決定するのではなく、論理的に考えてデザインできるようになると思います。アメリカでも長年売られている定番のテキストなので、これからグラフィック・デザインを勉強する最初のテキストとしておススメです。

ノンデザイナーズ・デザインブック [フルカラー新装増補版]

対象となる読者

書籍のタイトルが示すように『ノンデザイナーズ・デザインブック』はデザイナーでなくても、グラフィックデザインを理解できる入門書です。これからデザインを勉強したいと考えている人はもちろんのこと、まったくデザインなんて興味がないけど販促用のチラシやパンフレットなどを作りたいと考えているビジネスパーソンや、業務でデザインを発注しなくてはならない担当者などが読んでも役に立つ書籍となっています。

4つの要素に分解

デザインするための考え方を4つの要素に分解して解説することにより、基礎的なデザイン手法を論理的に解説しています。また「良いデザインの例」と「悪いデザインの例」を比較することで、そのチャプターで取り上げた考え方を視覚的に理解できるので、デザインの制作経験がない人でも納得しながら読めると思います。

本の構成

デザインの原則ごとにチャプターが構成されているので初めてデザインを勉強する人でも簡単に理解することができます。構成はチャプター1から8までがデザイン、チャプター9から11までが活字、チャプター12から14までがエクストラ情報となっています。

  • チャプター1:ジョシュアツリーの悟り
  • チャプター2:近接
  • チャプター3:整列
  • チャプター4:反復
  • チャプター5:コントラスト
  • チャプター6:復習
  • チャプター7:カラーを使う
  • チャプター8:おまけのチップス&トリック
  • チャプター9:活字(と人生)
  • チャプター10:活字のカテゴリー
  • チャプター11:活字のコントラスト
  • チャプター12:さて、わかりましたか?
  • チャプター13:クイズの答え
  • チャプター14:この本で使った書体

Webデザインについて

この書籍ではグラフィックデザインだけでなく、Webデザインについても掲載しています。残念ながらWebデザインの変化は速いので、現在は見かけない古いスタイルのサンプルになってしまいました。しかし、この書籍に書いてある内容はWebデザインにおいても、マスターしていなければいけない基本的な原則ですので、Webデザインを勉強する人にも十分に役に立つと思います。

追記:ノンデザイナーズ・デザインブック 第4版が出版されました

2016年6月30日に第4版が出版されました。WEBデザインについての章も新しくなっています。

ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]