カメラ撮影のトレーニングに使える50mmの単焦点レンズ

一眼レフカメラを購入したけど「オートモードのみを使用している為にスキルが上がらない」と相談されることがあります。そのような人には50mmの単焦点レンズを使用することをおススメしています。

単焦点レンズとは

単焦点レンズとはズーム機能のついていないレンズです。「ズームができないなんて不便なだけじゃないか?」と思うかもしれませんが、単焦点レンズならではの良さがあります。例えば今年発売されたCanon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STMは解放値がF1.8まで使用できるので明るく(光を多く取り込める)撮影することができます。またお値段が1万円くらいなので最初に購入するレンズとしては最適です。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STMを使用してトレーニングに使う

単焦点レンズを使用すると下記のようなトレーニングがしやすくなると思います。よかったら試してみてください。

動いて撮影することで最適な構図を探す

単焦点レンズはズーム機能がありませんから撮影者が動いて構図を決める必要があります。「面倒くさい」などと思わずに被写体に近づいたり、離れたりしながら何枚も撮影してみるといいでしょう。頭の中だけで「この場所から撮影したらこんなイメージかな?」と考えても、いざファインダーを覗くと頭の中で考えていたイメージとは全く違うことが多いです。なので自ら動いて撮影しながら最適な構図を探す練習になると思います。

ボケを楽しみながら絞り優先モードを使う

絞り優先モード(Av)にして絞りをF1.8からF4.0あたりに設定してみましょう。その設定で近くの被写体を撮影すると背景がボケて一眼レフならではの表現になると思います。コツがつかめたら絞りを変化させて撮影したり、被写体と背景の距離を変化させて撮影してみるとボケの感覚がつかめてくると思います。

レンズを交換する練習

50mmの単焦点レンズでレンズを交換することに慣れておくと良いでしょう。特に野外でのレンズ交換は安全な場所で落ち着いて作業する必要があります。簡単な作業だと思って雑に取り扱うと痛い思いをすることになりますので、絶対に落とさないように練習をしておくといいでしょう。万が一にもレンズを落として壊してしまっても損失は1万円くらいなので金銭的ダメージは少ない方です。

EF50mmを購入した後にもう少しこだわるならば・・・

「肉眼で視認できる視野に一番近い」と言われるレンズが50mmです。しかしCanon 7D 70D 60D 8000D KissシリーズなどのAPS-Cサイズの一眼レフではEF50mmを使用すると35mm判換算で約80mmとなってしまいます。なのでファインダーをのぞいたときに肉眼で見た時とはイメージが違うと思います。そこで35mm判換算で50mmに近づけるためにCanon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STMを使用する方法もあります。EF40mmならばAPS-Cサイズの一眼レフでは35mm判換算で約64mmとなり、EF50mmよりも少し広い画角で撮影することができます。金銭的に余裕がある方や40mmの方が感覚的にあっていると思う方にはいいかも?

Canon 単焦点レンズ EF40mm F2.8 STM フルサイズ対応

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8iが発売

新しいCanonのデジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8iが発売されました。初めて一眼レフカメラを購入するような初心者におすすめの機種です。

3タイプの説明

『EOS Kiss X8i ボディのみ』、『EOS Kiss X8i レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 付属』、『EOS Kiss X8i ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属』の3タイプが販売されています。初めて一眼レフカメラを購入する人はダブルズームキットがおススメです。

EOS Kiss X8i ボディのみ

この商品はレンズが付属していないのでボディーのみとなります。ボディーのみでは撮影できないので、初めててCanonのデジタル一眼レフカメラを購入する人は注意してください。この商品はすでにEOS Kissシリーズを持っている人が、ボディーのみを買い替えるための商品です。もしくは一眼レフカメラの知識を持っている人がボディーのみを購入し、自分の好みのレンズを別途購入するための商品です。


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i ボディ 2420万画素 EOSKISSX8I

EOS Kiss X8i レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 付属

初めてCanonのデジタル一眼レフカメラを購入する人のためのレンズ付きキットです。標準ズームレンズなので18mmから55mmまでズームできます。普通に使うには問題ありませんがこのレンズ一本だと遠くのモノをズームできません。子供の運動会を撮影したい場合などは望遠レンズが必要になるので、通常は下記のダブルズームキットの購入をおススメします。


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i レンズキット EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM 付属 KISSX8I-1855ISSTMLK

EOS Kiss X8i ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属

初めて一眼レフカメラを購入する人はダブルズームキットの購入をおススメします。 標準ズームレンズEF-S18-55mmと望遠ズームレンズEF-S55-250mmの2本のレンズがあることで広角から望遠まで幅広いズーム領域を楽しめます。レンズ交換する必要がありますが、レンズ交換できることがデジタル一眼レフカメラを使う利点です。値段が高いレンズではないのでレンズ交換の練習するつもりで気軽に交換してみてください。


Canon デジタル一眼レフカメラ EOS Kiss X8i ダブルズームキット EF-S18-55mm/EF-S55-250mm 付属 EOSKISSX8I-WKIT

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 IIを使ってみた

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 IIを購入してみました。ダブルズームキットを購入したばかりの一眼レフ入門者が次に購入するレンズとして最適です。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 II フルサイズ対応

Canon EF50mm F1.8 IIは値段が安い

Canon EF50mm F1.8 IIは値段が1万円を切る価格で販売されているので、最初に購入したい交換レンズです。

ボディーはプラスチック製

値段が安い理由のひとつとしてボディーがプラスチック製です。見ていただいても、触っていただいても安そうなボディーをしています(笑)。しかしφ68.2mm×41mmという小さいサイズ。重さは130gなのでコンパクトです。このサイズならば外での撮影でも気軽に持ち運びできます。

オートフォーカス機能も付き

あまりに値段が安いので「オートフォーカス機能がついてないのか?」と思ってしまいましたが、オートフォーカス機能もバッチリ付いています(笑)。ボディーの側面にオートフォーカス、もしくはマニュアルフォーカスを選択するスイッチがついています。

イメージスタビライザー機能は無い

ISレンズではないので手ぶれ補正はできません。正しい姿勢での撮影を心がける必要があります。

ズームはできません

単焦点レンズなのでズームはできません。しかし標準レンズなので普通の画角で撮影できます。ただし私のようにAPS-Cサイズのセンサーを使っている人(EOS kiss、7D、60D、70Dユーザー)は35mm判換算で80mm相当の画角になります。被写体に近づいたり、離れたりしながら撮影するしかないので、上達するトレーニングになると思います。

F1.8なので明るい

F1.8なので明るく、ボケをうまく活用することができます。

Matt GrangerさんがCanonの50mmレンズ(EF50mm F1.8 II、EF50mm F1.4 USM、EF50mm F1.2L USM)の比較を解説してくれています。イチバン性能がいいレンズはEF50mm F1.2L USMであることは明白ですが、EF50mm F1.8 IIもなかなかいいレンズだということがわかります。Mattさん Thank you!

まとめ:入門者のトレーニングには最適なレンズ

上記の記述を読まれた方は「EF50mm F1.8 IIは安いだけで使いにくいレンズなのでは?」と思われた方もいるかと思います。しかし、そのシンプルな機能だからこそ、このEF50mm F1.8 IIは入門者のトレーニングに最適なレンズになると思います。確かに入門者がEF50mm F1.8 IIを使いこなせるようになるには時間がかかるでしょう。でも、ここで悩んだ経験は必ず活きてきます。ある日とつぜん感覚的に絞りやシャッタースピードなどの基本機能を使いこなせるようになっていると思います。気長に遊ぶつもりでEF50mm F1.8 IIを使い続けてみてください。

52mmのレンズ保護フィルターも購入

HAKUBAのレンズ保護フィルター XC-PRO エクストリームレンズガード 52mmを購入し、装着しています。安いレンズなので保護フィルターの必要性は低いかもしれませんが、万が一にもレンズを壊してしまったら悲しいですからね。

HAKUBA フィルター XC-PRO 高透過率 撥水 レンズガード 52mm CF-XCPRLG52

追記:Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM 発売

新しいモデル Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STMが発売されています。ステッピングモーターが採用され、7枚羽根に変更されています。ちなみにフィルター径は49mmです。

Canon 単焦点レンズ EF50mm F1.8 STM フルサイズ対応 EF5018STM

書籍『デジタル一眼交換レンズをはじめて使う本』を読む

石田徳幸さん、サカシタヤマトさん、須田卓馬さん、野村奈緒子さん、前田徳彦さんによる著書、『デジタル一眼交換レンズをはじめて使う本』を読みました。この書籍は以前紹介した『デジカメ&ビデオカメラで動画を上手く撮る本』と同じシリーズです。このシリーズのいい点は一冊ごとにトピックを絞って解説されているので理解しやすく、短い時間で読める文章量になっています。素早く読んでカメラ撮影を実践しながらマスターしたい人には向いている書籍だと思います。

デジタル一眼 交換レンズをはじめて使う本

内容

この書籍は3つのチャプターに分かれて構成されています。チャプター1でレンズの基本的な知識が学べます。チャプター2では交換レンズごとに解説がなされ、チャプター3ではテーマごとの写真撮影方法を解説することで交換レンズの使い方を学習できる内容になっています。

チャプター1:知っておきたい!レンズの基本

サンプル写真とイラストを使用しながらレンズの基本知識について解説しています。文章もわかりやすく解説されているのでカメラの基本知識を理解していれば問題なく読めると思います。この章で学べることは「価格の差とレンズ解像度」「被写界深度」「遠近感」「ボケ」「圧縮効果」「最短撮影距離」「35mm判換算」「パンフォーカス写真」「画角と焦点距離」「最大撮影倍率」です。またQ&A形式で交換レンズを購入する際に必要となる周辺知識が書かれていますので、初心者には役に立つ情報だと思います。

チャプター2:この1本でランクアップ!交換レンズの特徴

交換レンズごとにレンズの特徴と基本的な使い方などを解説しています。解説されている交換レンズの種類は「超広角17-20mm」「超広角24-28mm」「広角35-45mm」「標準50-60mm」「中望遠80-100mm」「望遠200mm」「望遠300mm」「標準マクロ」「フィッシュアイ」です。サンプルとなる写真が豊富に掲載されているので各交換レンズの特徴を理解できると思います。

チャプター3:実例でわかる!撮影シーンと交換レンズ作例集

実例となる写真を元に、使用した交換レンズの解説と必要となるテクニックが解説されています。実例となる写真は「旅」、「日常」、「ポートレート」、「子供」「星景」などのテーマごとに解説されているので、興味のあるテーマを中心に必要となる交換レンズをそろえていけばいいと思います。

感想

この書籍は交換レンズのカタログや商品比較のような書籍ではないので、読んだ後に「○○メーカーの××レンズが欲しい」というような物欲を刺激するようなことはないと思います。確かにこの書籍を読み終わった後には新しい交換レンズが欲しくなってしまいます(笑)。しかし、それは単純に物欲を刺激されたわけでは無く、交換レンズの理解が深まると共に自分の作品の方向性が明確になり、覚えたテクニックを使用して自分の写真を次のレベルに上げたいという明確な理由により欲しくなると思います。明確な目標があってこそ交換レンズを使いこなせるようになると思うので、「いつか交換レンズを購入してみたい」と考えているデジカメ初心者は読んでみるといい書籍だと思います。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 70D ダブルズームキット 購入

念願のデジタル一眼レフカメラを購入しました。 購入したのはCanon デジタル一眼レフカメラ EOS 70D ダブルズームキットです。

Canon デジタル一眼レフカメラ EOS 70D ダブルズームキット EF-S18-55 IS STM/EF-S55-250 IS STM付属 EOS70D-WKIT

Canonを選択した理由

初めての一眼レフ購入なので、NikonにするかCanonにするかかなり悩みましたが、最終的にはCanonを選択しました。正直に言うと明確な理由があってCanonを選んだわけではありません。強いて理由をあげるならば、私が通っていたカレッジの写真学科ではCanon製品で統一していたので、またカレッジに戻るようなことがあればCanonの機材が好きなだけ使用できるので便利かと考えました・・・残念ながらそのようなチャンスは無いと思いますけど。カレッジがそのような環境だったのでクラスメイトやOBはCanonユーザーが多かったので、最終的にCanonを選択しました。残念ながら日本ではカメラを趣味にしている友達がいないのであまり意味がないかもしれません(笑)。

70Dを選択した理由

単純に予算の問題です。さすがに5Dや6Dは値段が高いので購入できませんでした。またデジタル一眼レフ初心者なので壊してしまう可能性があるので、やめておきました。実はこれまでにコンデジを3台破壊しています。コンデジよりも大きくて重い一眼レフを壊さないという保証はどこにもないので、70Dで一眼レフの取り扱いに慣れようと思っています。もちろん70Dを破壊してしまったら買いなおすお金は無いですけどね(汗)。

EOS Kissシリーズの購入も考えましたが、70Dよりも操作性が劣ってしまうのであきらめました(上部の表示パネルが無いこと、サブ電子ダイヤルが無いこと、操作ボタンの数が少ないことが理由)。初めて一眼レフ操作する人はそこまで気にする必要はないのでEOS Kissシリーズはで問題はありません。しかし撮影状況によって各種設定を操作できる人はEOS Kissシリーズよりも上の機種を購入したほうが便利です。

追記:70Dを購入してからしばらくして、7D Mark2の情報がガンガンアナウンスされるようになってきました・・・。どうやらCanonは3年ごとにモデルチェンジを繰り返すそうです。「購入するタイミングが悪かったかも?」と考えましたが、冷静に考えると7D Mark2を購入する予算はなかったと思います。やはり7D Mark2は値段が高いです。

ダブルズームキットを選択した理由

本当はレンズの選択が一番重要な問題なのですが、どのレンズを購入したらいいのかわからなかったので、ダブルズームキットを購入しました。

EF-S18-55mm F3.5-5.6 IS STM
EF-S55-250mm F4-5.6 IS STM

もしかするとよく探せば、同じような値段、もしくはもう少しお金をだすことによってもっといい選択ができたかもしれません。例えば、70Dボディー + EF-S18-200mm F3.5-5.6 ISという選択もあったかもしれませんね?しかし私のように初のデジタル一眼レフ購入の場合はどの選択が正しいというわけでは無いので、予算に無理がないように選択すればいいと思います。今回の選択はあくまでスタート地点の機材であって、最終的に使用する機材ではないと思うので・・・もちろんお金があればの話ですけどねぇー(T_T)。

ダブルズームキットの話を戻すと現状は満足しています。一番の理由はセットなので価格が安いこと。初心者なのでレンズ交換時に破損してしまう可能性があるので、このキットだと安心して使えます。またレンズの交換が必要ですが18mmから250mmまで撮影できるので十分にデジタル一眼レフの撮影を楽しめると思います。初心者のうちはレンズ交換も練習だと思ってトライした方がいいと思います。意外とこんな作業でも楽しいですし、難しいですよ。

まとめ:初めてのデジタル一眼レフ購入は予算に縛られた感じ・・・

初めてのデジタル一眼レフの購入はワクワクして楽しい作イベントですが、後になってふりかえってみると自分で機材を選択したというより、予算に縛られた選択だった感じがします(笑)。しかも予算で頭を悩ますのはこれで終わりではなく、備品購入へと続くので、ある程度は備品購入の予算配分も考えてデジタル一眼レフを購入する必要があるでしょう。そこで必要だと思う備品リストを作ってみました。(私の欲しいモノリストと言ったほうがいいかも?)

とりあえずカメラの購入と同時、メモリカード、レンズ保護フィルター、クリーニングセットは最低限必要だと思います。(ダブルズームキットにはレンズフードが付いてこないので、レンズを保護する観点からレンズに合う専用のレンズフードを早めに購入するのもいいと思います)