書籍『Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー』を読む

北田栄二さんの著書、『Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー』を読みました。情報が整理され、丁寧に解説されているので理解しやすかったです。また情報量が多いので満足できる内容でした。私のように個人の趣味としてCG制作をしている人にとっては、プロの制作現場の情報を知る機会はなかなかないので貴重な書籍だと思いました。

Maya実践ハードサーフェスモデリング:プロップと背景から学ぶワークフロー (CG Pro Insights)

対象となる読者層

著者の北田栄二さんは中、上級者を対象にしていると本書の「はじめに」に書いていますが、基礎知識にも力を入れて解説してあるので初級者でも十分に読む価値がある書籍だと思いました。

「モデリング、UV、テクスチャの制作」がとりあえずできるレベルの人ならば、全てを理解できなくても役に立つ情報がたくさんあると思います。専門知識が必要となるので難しく感じるかもしれませんが、モデリング作業の流れを理解し、わからないことは後で調べたり読み直すことで少しずつ理解できると思います。また特に重要なポイントは赤線のアンダーラインが引いてあるのでわかりやすいです。それ以上のレベルの読者ならば問題なく理解できる内容だと思われます。

ワークフローに特化した内容

ロボットと背景用SF都市を例にハードサーフェスモデリングのワークフローを解説しています。コンセプトアートを読み解くことから、モデリング、UV、データ整理、テクスチャ、レンダリングについて順に書かれています。ワークフローを読み解くことで、プロの手順と考え方を学べます。

重要な情報がたくさん掲載されています

モデリング、UV、テクスチャ、シェーダなどの基本的な情報も掲載されていますが、CG制作を学習していく過程で悩むような問題点も数多く掲載されています。特に「効率化」と「テータの正確さ」に関わる事項は重要なので少しずつ自分のワークフローに取り入れるといいでしょう。正直、「数年前にこの本が出版されていたら、こんなに悩まなくてよかったのに・・・(笑)」とこの本を読みながら何度も思ってしまいました(笑)。

デザインの勉強にもなる

コンセプトアートからイメージを具現化する方法、モデルのシルエットを確認しながらデザインを修正する方法、キャッチシャドウとリフレクションハイライトを使ったデザイン手法など、デザインのクオリティーを上げる内容もたくさん解説されています。Webサイトからデータのダウンロードもできますので、じっくりデータを見ながら学習できるので大変有難いです。

UDIM

MARIで使用されているUV座標のオフセットシステムUDIMの解説がされています。最初は「新しいシステムを覚えるのは面倒くさいし、コストがかかるのでイヤだなぁー」と思ってしまいましたが、ワークフローを通して解説を読んでいくと便利そうなシステムです。コストの問題がクリアできるならば積極的に導入したいと思いました。私の場合は趣味でCG制作をしているのでコストの問題がなかなか解決できませんが・・・(笑)

リニアワークフローとフィジカルベース

リニアワークフローとフィジカルベースについて丁寧に解説されています。個人の感覚に頼ってテクスチャを描くのではなく、実写とCGの基準を統一して制作するので合理的に合成することができるとのことです。私の場合は実写との合成をすることはあまりないと思うのですが、テクスチャを制作する時に何らかの基準が必要だと感じていたのでリニアワークフローを積極的に取り入れてたいと思いました。共通した品質でテクスチャを制作することで、さまざまなモデルを効率的に使いまわしたいと考えています。

マネジメントについて

ワークフローについての書籍なので、組織のマネジメントについての解説がコラムに書いてあります。「プロップ編 まとめ」のコラムでは今回の制作に要した時間を分析し、マネジメントの重要性を説いています。また「効率とクオリティへのこだわり」のコラムでは効率化の目的によって管理するべきことが違うこと、「どこでやめるのか?」を意識すること(プロジェクトにあった成果物をマネジメントすること)の重要性を説いています。巻末の「背景編 まとめ」のコラムではかなり厳しい現状について書かれています。このことは決してCG業界だけの傾向では無いので気を落とさずに頑張っていきましょう。ポジティブに考えるならば新しいテクノロジーによる効率化は個人での作業においても大きく貢献してくれるということです。そのように考えるとCGの世界に新しい希望が出てくるのではないでしょうか?

書籍『デジタル・ライティング&レンダリング』 第1版を読む

10年間くらい本棚で忘れ去られていた書籍『デジタル・ライティング&レンダリング 第1版』を今さらながら読みました(笑)。この書籍を買った時は「暇な時に読めばいかな?」と軽い気持ちで購入したのですが、案の定この書籍の存在をスッカリ忘れていました。

現在は『デジタル・ライティング&レンダリング』の第2版が出版されており、どうやら新しい内容もプラスされているようです。(注:第2版の英語版を本屋でパラパラとながめたレベルでしかチェックしてません)

[digital] LIGHTING & RENDERING 第2版

CGを使いはじめたばかりの人にはオススメの内容だと思います。ライティング、3点照明、影、光、色、露出、構成と演出、マテリアルとレンダリング、合成と基本をおさえています。ただし光、色、露出などの章について写真の知識がない人にはイメージしにくいかもしれません。下記のような写真の基礎マニュアルも併用して勉強するとより理解しやすいと思います。

内容はいいのですが、この書籍の第1版には問題がありました。英文を直訳レベルで日本語に訳しているので読みにくいです。私は第2版の日本語訳は見たことがないので翻訳レベルが上がっているのかわかりませんが、これから購入を考えている人は書店などで手にとってチェックしてから購入したほうがいいと思います。なんせ定価7000円と高い価格なので・・・。

古い3D-CGの書籍『3Dフォトリアリズム・ツールキット』を今さら読む

長い年月、本棚にしまい込んでいた書籍『3Dフォトリアリズム・ツールキット』を読んでみました。さすがに内容が古いです(笑)。

リアルな3D-CGが掲載された表紙

書籍『3Dフォトリアリズム・ツールキット』は1998年に出版された書籍です。その当時としてはかなりリアルなCGが掲載されていました。特に表紙に掲載しているロボットはかっこよく、フォトリアリズムな表現として憧れた人も多いと思います。

しかし月日が経過した今、これらの3D-CGを見ると全然フォトリアリズムではありませんね(笑)。ずいぶん3D-CGは進化しましたね。

今とは違う制作方法

現在のようにモデリングテクニックが進化し、情報も公開されている時代ではなかったので制作方法が全く違います。例えばブーリアンを多用したモデリング方法や、UVマップが搭載される以前のテクスチャー作成方法などが解説されています。

現在の3D-CGシステムではこのような制作方法は使われないので、この書籍を読む価値はありません。しかし当時のクリエーターたちが試行錯誤しながらスタンダードな制作工程を作ろうとしていたことがうかがえます。

変わらない基礎知識

フォトリアリズム表現をするための観察方法や表現方法は、時代が経過した今でも変わっていないことがこの書籍を読むと理解できます。フォトリアリズムな表現とは古典的な絵画や彫刻と同じ基礎知識に基づいています。また写真や動画などの知識も必要となってくるので、さまざまな知識と表現方法を学ぶことが重要であると改めて痛感させられる書籍です。

翻訳が良くできている

3D-CGの書籍は専門用語が多く、文章が難しくなりがちですが翻訳が良くできているので大変読みやすかったです。特に著者の小話が随所に書かれているので堅苦しくありません。ただし人によっては多少うっとうしく感じるかもしれませんね(笑)。

今さら読む本ではありませんが・・・

今となっては情報が古くなってしまったので、古本屋で探してまで手に入れる書籍ではありません。 しかし私のように12年間も本棚の肥やしとなっている境遇であれば、 古本屋に売りに行く前にこの本をパラパラと眺めてみるといいでしょう。3D-CGソフトの発達と時代の流れをひしひしと感じることができると思います・・・そもそもこんなにこの本を放ったらかしにしていた人って他にもいるのでしょうか?(笑)

Siggraph2010にて発表されたLightWave 10、そしてウィリアム・シャトナーとディック・ヴァン・ダイクの対談

Siggraph2010にてLightWave 10の発表がありました。

LightWave 10の新機能

NewTekのYouTubeチャンネルに、Siggraph2010で公開されたLightWave 10のデモンストレーションがアップされています。

新機能を紹介した動画の内容は『簡単にRiggingできるデモ』、『鳴門の渦潮のようなデモ』、『高機能になったシェーダーのデモ』、『ポタン1つで3D映像をつくるデモ』の4つです。どれもすごい機能なんだけどLgiht Wave 9.6だって使いこなせてないのに・・・私につかいこなせるのか疑問です(笑)

ウィリアム・シャトナーとディック・ヴァン・ダイクの対談

LightWaveユーザーでなくてもNewTekのYouTubeチャンネルにアップされたSiggraph2010の動画は必見です。今回のイベントではお硬いLgiht Wave 10の機能紹介だけでなく、ウィリアム・シャトナーさんとディック・ヴァン・ダイクさんの対談もアップされてます。

話題はスタートレック、アバター、ユニバーサル・スタジオのキング・コング、 そしてメリー・ポピンズと盛りだくさんです。お互いにジョークを飛ばしながら話すので、非常に面白い対談になっています。こんな有名人も来るならSiggraphに行きたくなってしまいますね。

ウィリアム・シャトナーさんとは

TVドラマ『スタートレック』で主人公ジェームズ・T・カークを演じたことで有名な俳優です。

ディック・ヴァン・ダイクさんとは

映画『メリー・ポピンズ』でバート役を演じたことで有名な俳優です。またコモドール社のアミーガを購入し、3D-CGを制作しているLightWaveユーザーでもあります。

追記:動画が削除されてしまいました

その当時NewTekが使用していたYouTubeチャンネルが無くなってしまったので、デモンストレーションや対談の映像が無くなってしまいました。なので動画へのリンクを削除しました。

特に対談は貴重な話が伺えたので削除してしまったのはもったいない気がします。残念!